スポンサードリンク


血液の流れを調整する働きがあると言われている「お灸」は、東洋医学の中のひとつです。
温熱刺激を身体のツボに与える「お灸」は、血液の流れを促進し、本来、人間に備わっている自然治癒力を高める治療方法で、肩こりの解消などに、非常に効果があります。
「お灸」を肩こりの解消のために行うと、身体が温まり、それによって血行が促進されます。
血行が促進されて、老廃物を運ぶ血液の動きが活発になると、肩こりの大きな原因の一つである疲労物質が、筋肉に溜まりにくくなり、肩こりが解消されます。
また、白血球を増加させ、免疫力をアップさせる効果も「お灸」にはあるので、身体の内側から健康になることができます。
身体のツボの上で、モグサを燃やして行う治療方法の「お灸」は、肩こりのツボを覚えておく必要が、肩こり解消のために「お灸」を使用する際にはあります。
治療の跡が、残るタイプのものと残らないタイプのものが「お灸」にはありますが、どちらも効果的には変わりはないので、肩こり解消の為に「お灸」を使用する際には、自分の好きなタイプを選べることができます。
「お灸」を肩こり解消の為に行うには、専門の治療院でしてもらったり、詳しい方に教えてもらっても良いですし、最近、よく薬局などで市販されているものなどでも、その効果は十分にあります。
ただ注意したいのは、「お灸」を肩こり解消のために使用する時、感染症や出血性の病気にかかっている方や、皮膚が化膿している方などは、使用することができません。
また、かなり疲れがたまっている方や、ひどい冷え性の方などは、熱さをなかなか感じにくくなっているので、火傷をしないよう、十分に注意して下さい。

人間の身体に、様々な効果をもたらすお茶には、とても多くの成分が含まれています。
肩こりの原因には、体内の老廃物が、ストレスや冷え、長時間同じ姿勢をとり続けたりなどによって、血液やリンパの流れが悪くなる事で溜まり、その結果、肩こりが引き起こされるのです。
緑茶や花茶などの中国茶の中には、肩こり解消に効果的な、血液の循環を良くする成分が多く含まれています。
様々な健康パワーを持っているお茶は、それを飲むことでリラックスでき、気分を落ち着かせてくれる効果もあるので、肩の疲れもとれて、肩こりが解消されます。
オレガノのように、ハーブ茶に使用されている成分には、肩こりを解消させる働きがあります。
リラックス効果が高いことで知られているハーブティーは、ストレスを軽減させる、という大きな効果があるので、肩こり解消には、是非ともオススメしたいお茶の一つです。
また、お茶の実を使用した枕も、肩こり解消には効き目があります。
マイナスイオンが、竹炭の4倍以上も発生すると言われているお茶の実は、それを枕に使用するとことで、お茶の実のマイナスイオン効果が働き、リラックスさせ、心地良い睡眠を取ることができます。
ストレスを解消して、身体の疲れを取る質の良い睡眠は、肩こりを解消してくれます。
更に、枕の中にお茶の実を入れていると、お茶の実が寝ている間に、首や肩をちょうど良く刺激して、歪みなどの肩こりの原因となる大きな要因を、血液の流れを良くしながら、ゆっくりと矯正してくれるので、肩こりの解消には、非常に効果的です。
このように、枕に使用したり飲んだりと、お茶は、身体をいろいろな形で健康へと導いてくれる、とてもすばらしいものなのです。

肩こりを解消するには、まず、肩の筋肉を十分に休めてあげることが重要となります。
ほとんどの場合、肩や肩周辺の筋肉のコリが、肩こりの原因となっています。
肩の筋肉を緊張させてしまう猫背や、ずっと同じ姿勢を続けることは、肩や首などに痛みを引き起こす大きな要因となります。
ストレッチは、疲れた肩の筋肉を休め、肩こりを解消する為に、とても効果的です。
緊張している筋肉のスイッチを切る働きが、ストレッチにはあります。
よくこのストレッチは、運動などをした後に行われますが、これは筋肉を休めるために行っているのです。
1日2~3回ほど、肩こり解消にストレッチを行うと良いでしょう。
はじめに、ゆっくりと力一杯、両肩を上に持ち上げます。
そのまま、5秒間姿勢を保ち、それから、ゆっくりと両肩の力を抜いていきます。
次も同様に、ゆっくりと力一杯、両肩を上に持ち上げたら、今度は後ろに首を反らします。
そのまま、5秒間姿勢を保ってから元に戻り、同様に首を前にも反らして行います。
ゆっくりと行うことで、これらのストレッチは、筋肉のスイッチを切りやすくします。
また、深く深呼吸しながらストレッチを行うことで、肩こり解消効果が、一段と高くなります。
鎖骨やろっ骨を、大きく動かすことができる深呼吸は、その周辺の筋肉もリラックスさせることができます。
ストレッチは、深い深呼吸とともに、身体をリラックスさせて、あくまでもゆっくり行うことが重要なポイントです。
また、深呼吸をするだけでも肩こりを予防する効果がありますので、これら肩こり解消ストレッチを行う時間が無い時は、深く深呼吸するだけでも行ってみましょう。

肩こりを解消する為に、肩こり解消グッズや体操など、いろいろな方法を試したことがあると思います。
疲れが肩にたまり、血液の循環が悪くなることで、肩こりは起こります。
そこで肩こり解消法として、ビタミン剤を使用して、血流を良くし、肩の疲れを解消してみてはどうでしょうか?
肩の筋肉は、使い過ぎて疲労が溜まると、血流やリンパの流れが悪くなり、筋肉が固まってしまい、肩こりの原因にとなります。
ビタミンB1、B6、B12などが、肩の筋肉の疲れを取るにはオススメです。
スムーズに糖質をエネルギーに変える働きがあるビタミンB1には、肩に疲労物質が溜まるのを防ぐ働きがあります。
同様の働きを、ビタミンB1以外のビタミンB群は持っているので、サプリメントやビタミン剤などでこれらのビタミンを十分に補給して、肩こりを予防するためにも、ビタミン不足にならないようにしましょう。
ビタミンEは、肩の血行を良くするのに効果的で、毛細血管を広げて血液の循環を良くする働きが、このビタミンEにはあります。
十分にビタミンEを摂取することで、スムーズに酸素や栄養素や体内に運ばれて、それに伴って、老廃物質も排出されやすくなるので、溜まった肩の疲れを和らげ、肩こりの解消に繋がります。
これらビタミンBとEを、十分に摂取することが肩こり解消には重要ですので、サプリメントやビタミン剤などを利用して、ビタミンが不足しがちな場合は、補給するようにすると良いでしょう。

肩こりを解消するために、いろいろなストレッチや体操などがありますが、「ヨガ」のポーズの中にも、非常に肩こり解消に効くものがあります。
古くからインドに伝わるエクササイズである「ヨガ」は、よくダイエットをする目的としても行われている運動です。
直接的に、肩こり解消に効果がある「ヨガ」のポーズは、「猫のポーズ」です。
両手を前に伸ばした状態で四つんばいになり、下半身を地面に近づけるポーズの「猫のポーズ」は、肩と肩周り全体の筋肉が、ぐんと伸びていることを実感できます。
しばらく「猫のポーズ」のまま、静止状態を続けることで、しっかりと肩の筋肉が伸びて、新鮮な酸素が血液に入りこみ、肩の筋肉の代謝が上がることで、肩こりが解消されます。
「ヨガ」のこの「猫のポーズ」は、よく寝起きに猫が大きな背のびをするのと同様に、ピンと前足を前に伸ばして、地面に下半身をぐっと近づける動作が、とても肩こり解消に効果的なのです。
他に、肩こりの解消に効果がある「ヨガ」のポーズには、「すきのポーズ」というものもあります。
「すきのポーズ」は、あおむけになって、床に両掌をつけて、ゆっくりと両足をのばしてながら腰をあげていき、頭の上の床に足をつけて、そのまま約10秒間、腹式呼吸をします。
そしてゆっくりと、お尻、足の順番に降ろしていき、あおむけの元の状態に戻るようにします。
ゆっくりと、呼吸に合わせて行う「ヨガ」のポーズは、血流の循環を良くなり、しっかりと筋肉が伸びることで、肩こりを解消することができるのです。

肩こりに悩む人が近年では大変多くなり、そのため、いろいろな肩こりを解消するためのグッズが販売されるようになりました。
仕事などで同じ姿勢をずっと続けたりしていると、肩の筋肉が固まってしまい、肩こりが起こります。
そのような方は、まめにストレッチやマッサージなどを行って、肩の筋肉を休めることが肩こり解消には必要ですが、睡眠時に使用する枕と肩こりは、非常に関係が深く、自分に合った正しい枕を使用していないと、身体を休めるための睡眠が、肩こりの原因になってしまうこともあるのです。
本来、体液の流れを正常にすることで、身体の疲れを回復させる睡眠は、自分に合った枕を使用しないと、肩に負担が掛かったり、疲れが十分に回復できなかったりして、肩こりを引き起こしてしまいます。
高さや硬さなど、きちんと自分に合った枕を使用して睡眠を取ると、スッキリと朝も目覚めることができて、一日を肩こりも無く、スタートさせることができるので、手軽な肩こり解消グッズとして、枕は重要なアイテムの一つです。
最近では、この枕に関心を持つ人も増えてきているようで、専門の外来もできているようですから、枕に興味のある方は、是非一度、受診してみて下さい。
また、快眠のための多くの枕を、デパートや百貨店などでも扱っているので、そちらでも自分の身体にピッタリと合った枕を購入することができます。
肩こり解消には、良い眠りで身体を休めることも、生活習慣の改善とともに、とても重要ですので、自分に合った良い枕を選んで、一日の疲れをしっかりリセットしていくことが、肩こり解消や健康のためになるのです。

肩こりの原因には、様々なことが挙げられますが、体操やマッサージなどを行ってみても、なかなか肩こりが解消されない場合は、身体の内側から、改善を試みてはどうでしょうか?
例えば、体質改善の一つとして、漢方を取り入れて、肩こりを身体の内側から無くす、という方法があります。
数千年の歴史を持っている漢方薬は、最近では、医師による処方にも取り入れられており、科学的な研究もどんどん進められていています。
漢方専門薬局や病院で処方してもらうことはもちろんのこと、市販薬として手軽に購入することも可能です。
まず、自分の体質をよく知ることが、漢方薬で肩こり解消するためには必要です。
自分がどのような体質であるか、疲れやすさや身体付き、肌の血色などを基準にして、十分に理解しましょう
自然の生薬からできている漢方薬は、肩こりだけでなく、様々な症状の改善に対して効力を発揮しますが、中には、漢方薬が体質に合わない方もいますので、使用には十分注意して下さい。
特に、持病のある方や妊婦の方が、漢方薬を肩こり解消のために取り入れる場合、必ず専門の医師に相談してから取り入れるようにして下さい。
また、体調が優れない場合などは、すでに漢方薬を肩こり解消のために取り入れている方でも、一旦使用を中止して、専門の医師に相談することをお勧めします。
素人の判断でむやみに使用すると、漢方薬も言えども「薬」ですから、肩こりが解消するどころか、逆に身体を悪くしてしまう恐れもありますので、気を付けて下さい。

慢性化した肩こりは、肩こりによっていつもだるさを感じたり、仕事や家事に集中できなくなったりと、日々を憂鬱な気分で過ごす事が多くなります。
いろいろなものが肩こりの解消方法にはありますが、ほとんどの場合、一時的に肩こりは改善されるものの、またすぐに肩こりに悩まされる場合が多いと思います。
良い枕を使用すると良い、と言うのが肩こり解消法の中にはありますが、最近、首や肩の疲れやコリなどを、1日たった5分頭を乗せるだけで癒してくれる枕に、話題が集中しています。
この画期的な商品は、「肩と首のすっきりピロー」といい、1日5分使用するだけという特殊形状の枕です。
この「肩と首のすっきりピロー」は、クッションに頭を乗せると頭の重みで沈み、特殊な凸凹の形状により、まるで指圧されているかのような心地良さがあるという、肩こりの人のために作られた枕なのです。
肩こり専門の治療院で肩こり治療を受けたかのような効果を味わうことができる「肩と首のすっきりピロー」は、たった5分使用するだけで、スッキリ感を得ることができ、肩のコリが改善されるのです。
「長年の肩こりが改善された」、「肩がすごく軽くなった」など、「肩と首のすっきりピロー」を使用した多くの人達から喜びの声が聞かれていて、この枕の肩こり解消効果が非常に高いことがうかがえます。
ひどい肩こりでお悩みの方は、1日5分の「肩と首のすっきりピロー」を使用して、肩こりを解消してみてはいかがでしょうか?

アルミ箔健康法や、アルミニュウムを使った1円玉療法などが、肩こり解消方法にはありますが、アルミニュウムは、肩こり解消をはじめ、頭痛や腰痛などに、非常に効果があると言われています。
生体磁気のバランスを整えてくれる働きがアルミニュウムにはありますので、このような数々の健康方法が実践されているのです。
中でも「アイリング」は、アルミニュウムの働きを使用した肩こり解消グッズとして、人気が高い商品です。
肩こりや頭痛の解消のために、アルミニュウムをリング状にしたものが「アイリング」です。
普通の指輪にしか、一見、見えませんが、この「アイリング」は、肩こりを解消してくれるグッズとして、非常に優れものです。
体の中に流れている生体電流の流れを正常に戻してくれる働きが、この「アイリング」にはあり、痛みを伴うようなひどい肩こりや、血行不良、頭痛の解消などに、非常に良い効果を発揮します。
イオン化傾向が高いアルミニュウムは、この「アイリング」や1円玉などに使用されていて、肩こりの解消はもちろんのこと、頭痛や腰痛などを緩和する働きがあります。
ただし、あくまでも医療器具ではないので、この「アイリング」は、使用した全ての人に、必ず効果があるとは言えません。
しかし多くの人達が、肩こりが解消されたり、頭痛や腰痛が少なくなったりと、なんらかの効果を「アイリング」を使用したことにより、実感しているようです。
肩こり解消には左手の薬指に、腰痛解消には右手の薬指に、この「アイリング」をはめると、より高い効果が得られると言われています。
価格も、大変お手ごろなお値段なので、肩こりにお悩みの方は、是非一度試してみてはいかがでしょうか?

肩に疲労が溜まり、血行が悪くなることが、肩こりの大きな原因の一つですが、身体の老化にも、肩こりは関係しています。
ウォーキングや運動をすると、肩こり解消には効果的のようです。
有機酸素運動が、肩こり解消のための運動として最適と言われていて、例えば、水泳やウォーキング、ジョギングなどは、もっとも適した肩こり解消運動です。
有機酸素運動は、楽しみながら行うことができ、酸素をいつもよりも大量に身体に取り入れることによって、血行促進の効果が高めることが出来ます。
水泳は、有機酸素運動の中でも、特に肩こり解消に効果があると言われていて、肩を回して泳ぐクロールや背泳ぎは、肩周辺の筋肉がほぐれるので、肩こりに非常に効果があります。
また、水の浮力を利用して行うことができる、というのも、水泳が肩こり解消に効果的な理由の一つで、全身運動を体重に関係なく、無理なく行うことが出来ます。
加えて肩の関節を、痛みを感じることなく動かすことができ、無理せず自分のペースで行うことができるので、肩こりの解消に効果的なのです。
全身を使う有機酸素運動である水泳は、身体全体の血流の改善が期待できるので、疲労物質などの、肩こりの原因となっている物質を排出しやすくなり、肩こりの解消に繋がるのです。
水泳を肩こり解消のために行う場合は、平泳ぎやバタフライなど、肩に負担がかかりやすい泳ぎ方は控えるようにして下さい。
自分のペースで楽しんで行う有機酸素運動は、肩こり解消のためにも長く続けるのが、コツになるのです。