スポンサードリンク


いびき予防に有効な寝姿勢は、「横向き寝」です。
「仰向け寝」では、舌がのどに落ち込んでしまい、上気道を狭めてしまいやすいのですが、「横向き寝」は、睡眠時の気道確保がしやすいので、「仰向け寝」よりも、いびきの予防・解消に役立つ寝姿勢なのです。

ですが、就寝中は無意識のうちに、寝返りを打ちますから、朝までずっと横向き寝でいることは、難しいかもしれません。
そこで、横向き寝を少しでもラクにする為に、横向き寝用に作られた枕を紹介しましょう。

まずは、「ロフテー いびき対策枕」。 正式には、“横向き寝促進枕”と、言うそうです。
これは、太田睡眠科学センターと快眠を追及し提供するロフテー株式会社の共同開発により誕生しました。
見た目には、なんともおかしな形ですが、自然と横向き寝が可能となる様に作られていて、寝返りも妨げない作りになっています。
抱き枕のように、枕と身体を密着させることができるので、仰向けになりにくいという特性を持っています。
価格は26,250円(税込)と少し高めなのですが、仰向けに寝ると呼吸が苦しくなる方や、仰向けで寝るクセがついている方にお勧めです。

次に、「グースリーパー」。
これは、布団の西川で有名な東京西川の、西川産業と久留米大学睡眠研究チームが、1年半かけて開発しました。
形はピーナッツ型という感じでしょうか。左右の大きさが違っているので、自分に合う大きさを選ぶことができます。
また、中身の量も調節が可能となっています。長さが66cmあるので、抱き枕にもなりますね。価格は8,400円(税込)です。

どちらも、「横向きで寝る」ことで、気道が確保されるため、いびきの回数が減ったり、音が小さくなるという効果がありますので、熟睡感は得られるでしょう。ですが、『睡眠時無呼吸症候群(SAS)』の治療器具ではないので、『睡眠時無呼吸症候群(SAS)』そのものを治すことは出来ません。

『いびきをなんとかしたい。』 『いびき治療を行う診療科は?』 そんな時は、睡眠時無呼吸症候群(SAS)を治療している科に、行ってみるといいでしょう。いびきと、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療は全く同じ診療科で行っています。

いびきの診断は、睡眠障害を専門にしている医療機関を受診するのが、診断から治療までが最もスムーズに行えます。
ですが、近くに専門の機関ががない場合には、耳鼻咽喉科・呼吸器科・歯科・精神科・メンタルクリニックなどを受診してみましょう。

鼻や喉に原因があるようなら、耳鼻咽喉科や、簡易的なスリープスプリント(マウスピース)治療を行える歯科、普段から、強いストレスを感じているのなら精神化やメンタルクリニックで相談してみると良いでしょう。
自分のいびきの原因がよく分からない場合や、これらの診療科が近くになかったり、いびき治療が受けられない時には、内科を受診します。

内科での診断により、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の症状が判断され、比較的症状が軽いのならば、簡単で効果のある歯科での、スリープスプリント(マウスピース)治療になるでしょう。
マウスピースを着けることで、下あごが数ミリ引き出されるので、気道が広がり、いびきを軽減します。
ですが、症状が重い場合は、内科や耳鼻咽喉科での「CPAP治療」という治療を行うことになります。
「CPAP治療」とは、睡眠時無呼吸症候群(SAS)に対する、本格的治療法で、睡眠中の呼吸障害を改善させるために、「鼻マスク」を装着し、圧力のかかった空気を呼吸することで、気道を広げるというものです。
これらの治療でも効果がない場合や、鼻やのどの疾患が原因の場合は、耳鼻科での手術となります。

以上が、病院での治療になりますが、病院に行く前に生活習慣を見直してみましょう。
鼻炎などの疾患がある場合は、鼻炎の治療をすることで、いびきはなくなりますし、寝具(特に枕の高さ)を変えるだけでも、いびきを防ぐことは可能です。
また、自分でできる“ダイエット” “横向き睡眠” “アルコール・タバコの制限” “睡眠薬の使用制限” “いびき解消グッズ”など、自宅療法を試してみるといいでしょう。

「キャベツ ダイエット」というのを、聞いたことがあるでしょう。
これは、「なるべく重量と体積のある食品を摂る事により、お腹を一杯にして、カロリーを抑えよう」という、考えのダイエット法です。

以前、テレビ番組の企画で、太らない夜食という特集を見たことがあります。
夜食ですから、カロリーも体重増加も抑え、消化の良い食品でなければなりません。この条件は、ダイエットにも必要な条件です。
そこでトップになったのが、“キャベツ”でした。

ですから、「キャベツ ダイエット」は、肥満が原因で毎日いびきをかいている、というような人に、ぜひ知って欲しいダイエット法なのです。
実際、食事制限が難しくなければ、肥満の人もダイエットに成功して、いびきに悩む人もいなくなるのです。

「キャベツ ダイエット」は、ザク切りにした、生のキャベツ 250g 程度を、食事の前に食べるという非常にシンプルなもの。
もちろん、カロリーの低いノンオイルのドレッシングならば、かけても大丈夫です。
250g 程度ならば、カロリーも 60kcal しかありません。その後、いつも通りに食事を取ります。
ですが、キャベツでお腹が膨れている分、メインの食事の量は、いつもに比べれば減ることになるでしょう。
それが、ダイエットに繋がるのです。
また、キャベツそのものも、胃腸の調子を整える効果のある食材ですから、お腹の中も整えてくれます。

さらに、キャベツの消化の良さは抜群で、先に話したテレビ番組では、1個分の千切りキャベツを食べたのですが、翌朝には、体重が戻っていたという、驚くほどの消化の良さです。
『食べても肥満になりにくい』というのが、一番良いダイエット法なので、それを叶えるのが、「キャベツ ダイエット」なのです。
この方法ならば、いびきや肥満予防のダイエットとしても、理想的と言えるのではないでしょうか。

現在、ダイエットが最も有効ないびき解消法と言われています。
いびきは周りに迷惑をかけるだけでなく、自分の寿命も縮めますから、今日からでも「キャベツ ダイエット」始めませんか。

いびきを改善するためには、食事にも気を付けると良いといいます。
では、いびきを改善するためには、どのようなことに注意をすれば良いのでしょう。

いびきと食事の関係というのは、食事によって、肥満にならないようにする。あるいは、食事をコントロールして、肥満を改善し、いびきも解消する、ということですので、肥満を改善するための食事習慣と同じで良いでしょう。

基本は、「身体が必要とする以上のカロリーを摂取しない」ということです。
つまり、1日の「摂取カロリー」が「消費カロリー」を超えないようにすることが、いびきの食事療法のポイントです。
では、いびき改善のための食事療法について、具体的なポイントを、いくつか紹介しましょう。

1) 1日3食とされている食事を、2食にすることは良くないと言われています。
なぜなら、体が危機感を感じ、カロリー吸収率を自動的に高めてしまうからです。
逆に、3食で摂る量を、5食とか6食というように、小分けにして食べる方がよいと言われます。
ですから、どうしても食事が摂れない時などには、栄養価の高い“きな粉ドリンク”などを活用すると良いでしょう。

2) 人間はお腹がすいている時ほど、多くの食品、カロリーの高い食品を買いたくなる習性があります。
皆さんにも、経験ありませんか?ですから、いびき改善の食事習慣としても、肥満改善のためにも、お腹のすいている時に、食品の買い出しはしないことです。お腹が満たされていると、必要なもの以外は買わないようになります。

3) 人間の胃袋は無限ではありません。満腹という言葉があるくらいですから、胃袋の容積にも限界はあります。
ですから、低カロリーでありながら、カサの大きい食品を活用しましょう。とりわけ、キャベツはこの条件にピッタリの食品です。
食事の前菜にキャベツを食べることで肥満予防に効果がありますし、いびきの解消にも役立ちます。
(キャベツといびきの関係は、別のところで説明します。)

これらは、非常に地味な方法ではありますが、いびきにも、ジワリ ジワリと効いていきます。

様々なメディアで生活習慣病は、話題になっています。
日々の生活習慣の悪化が原因で、発症するのが生活習慣病なのですが、“いびき”もその、生活習慣病の1つであるということを、ご存知でしょうか。
いびきの中でも特に、睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、他の生活習慣病を誘発し、発症させる確率を高めてしまうというので、要注意なのです。
睡眠時無呼吸症候群(SAS)を含む、いびきがなぜ、要注意とされるものなのかというと、無呼吸状態になることで、酸素の吸入不足という状態になるからです。そして、炭酸ガスの排出も上手くできなくなるために、「血中酸素濃度」が低下します。

それにより、血中のブトウ糖の量を調節する、インスリンの分泌にも影響がでるために、糖尿病を引き起こします。
また、この、血液中の酸素濃度が低下することにより、循環器や呼吸器にもかなりの負担がかかります。
睡眠時に、無意識のうちに呼吸を停止しているのですから、心臓肥大・心不全・高血圧・不整脈・脳血管障害など、他の生活習慣病をを引き起こす危険性はかなり大きいのです。最悪の場合には、突然死を招きます。

いびきは、鼻やのどに疾患があり、そのために起こる場合と、ストレスや飲酒・肥満など、生活習慣の悪化でも起こります。
ですから、いびきが気になる人は、自分の生活習慣を見直してみることも大切でしょう。
もし、鼻やのどの疾患が原因なら、それらの治療を行い、ストレスや肥満といった、生活習慣が原因しているようならば、解消する努力をしなければなりません。
いびきは、ただうるさいだけのものではなく、“首を絞めながら寝ている”のと同じなのだということを、忘れてはいけません。
世間一般のイメージよりも、いびきは面倒な病気なのです。

いびきは、アルコール(飲酒)が原因で、起こることがあります。
ふだんは、いびきをかかないのに、お酒を飲んだ日に限って、いびきをかいたり、いびきがひどかったりすることがあります。

では、いびきとアルコールには、どんな関係があるのでしょうか。
いびきの有無は別として、“お酒を飲むと鼻がつまる”という、経験をしたことありませんか?
これは、アルコールが、鼻の粘膜を充血させるために起こります。
これと同じようなことが、上気道でも起こり、いびきを引き起こします。

お酒を飲みすぎた翌日、顔がむくんで困ったことはありませんか。
実は、アルコールには水分を体に貯めこむ、という働きがあるのです。
ですから、お酒を飲んで眠っている間に、のどもむくんできて、上気道を塞いでしまい、いびきを引き起こしてしまうのです。
また、お酒を飲むことによって、リラックスした筋肉が緩み、のどの奥にいつも以上に落ち込みやすくなるということもあります。
ですから、いびきをかかないようにするためには、禁酒をするのが一番のようです。

とは言っても、いびきが多いのは、中年以降の男性といわれていますし、仕事の付き合いなどもあり、禁酒は難しいかもしれませんね。ですが、この年頃の男性には、肥満という要素を持っていることが多く、のどに付いている脂肪によって、アルコールの摂取がたいした量でなくても、上気道を狭めてしまい、いびきをかいてしまうのです。

ですから、いびきを解消するためには、飲酒をひかえるようにする必要があるのです。
特に、飲酒といびきが習慣化している場合は、禁酒も考えた方が良いでしょう。
いびきは、自分自身に悪影響を与えるだけでなく、周りの人にも、迷惑をかけますから、禁酒が無理なら、せめて、お酒の量を減らしましょう。それも無理だと言うのなら、いびきをかかない程度に飲む方法を、考えるべきでしょう。

いびきを防止するグッズにはさまざまな物がありますが、中でも「アヴェオTSD」は、見た目にもユーモア感のある商品でしょう。

「アヴェオTSD」は、ニュージーランドの“ロバートソン博士”によって開発されました。
歯科医師で、睡眠障害の専門家でもある“ロバートソン博士”は、父親を心臓病で亡くしています。
その起因となったのが、『閉塞性睡眠時無呼吸』でした。
そのことがきっかけとなり、スリープスプリント・マウスピースよりも簡単で、歯に負担をかけず、使い易い、いびき防止グッズの研究をしました。

そして、この「アヴェオTSD」が開発されたのです。
医療用シリコンラバー(13g)で作られた「アヴェオTSD」は、コンパクトな商品ですが、口にくわえることで、上気道を広げ、空気の流れをスムーズにし、いびきを解消します。

「アヴェオTSD」は、おしゃぶりのような形をしていますが、筒状になっていて、その筒に舌を入れて、口にくわえるというものです。
つまり、舌全体を前方の位置で保つことができるので、舌の付け根がのどに落ち込んで、上気道を塞ぐという心配がないのです。
ですから、入れ歯の人や歯の無い人でも使用することができます。

日本でも、「アヴェオTSD」は、いびき治療器具として承認され、確かな効果もある商品なのですが、見た目はおしゃぶりをしているのと同じ状態になるので、抵抗がある人もいるでしょう。通販サイトで、「アヴェオTSD」の画像や、使用している時の画像を確認することをお勧めします。

とてもコンパクトでありながら、どんな人にも使用可能で、電池などの必要もなく、使用方法もくわえるだけという、他のいびき予防用品には無い手軽さが魅力の「アヴェオTSD」です。
耐用期間は1年間で、熱湯消毒も可能ですが、価格は税込 15,750円と、ちょっと高めなのが、気になります。
ですが、通販サイトなどでは、税込10,000円程度で販売している店舗もありますから、チェックしてみてはいかがでしょうか。

「ノゾヴェント(NOZOVENT)」は、スウェーデンの耳鼻咽喉科医学博士が開発した、いびき治療用品です。

材質は、医療用プラスチックで、非常にコンパクトな指先サイズです。
「ノゾヴェント(NOZOVENT)」の重さは、わずか 1g 。簡単に鼻に挿入できるうえに、ほとんど違和感がありません。
それでも、鼻腔を広げて空気の流れを50%もアップさせると言うスグレモノなのです。

日本では、あまり馴染みがありませんが、欧米では10年間ベストセラーと言う、実績のある商品なのです。
そんな、「ノゾヴェント(NOZOVENT)」が、ようやく日本にも、登場しました。

「ノゾヴェント(NOZOVENT)」は、優しく鼻腔を広げて、体内への酸素供給量を自然と増加させます。
ですから、いびきに悩む人だけでなく、スポーツをする人が、練習中や大会中に使うこともあるほどで、過去には、オリンピックの金メダリストも競技中に使っていたと言われています。
体内への酸素供給量が増えるということは、当然、いびきの軽減にも役に立つということになります。

鼻が原因でいびきをかく人たち10人に「ノゾヴェント(NOZOVENT)」を試してみたところ、8人は何らかの効果を得られたということです。残念ながら、残る2人は、効果が得られなかったと言うことですが、いびきの解消とならなかったとしても、体内への酸素供給量を増加させる効果は確かなので、生活習慣病や、健康対策には役に立つでしょう。
また、「ノゾヴェント(NOZOVENT)」を使用することで、無呼吸の状態が減ったという報告もあります。

「ノゾヴェント(NOZOVENT)」は、消耗品なので、3ヶ月を目安に交換が必要になります。
価格は1個入りが 2,100円(税込)で、2個入り 3,780円(税込)があります。
通販サイトを利用すれば、さらに安く手に入れることもできるでしょう。

ただし、「ノゾヴェント(NOZOVENT)」は、鼻が原因のいびきには、効果がありますが、のどに原因がある場合のいびきには、あまり効果は期待できません。

ニュージーランド製のいびき予防アイテムで、「スノアゴン」というものがあります。
これはニュージーランドの外科医が開発したものです。

いびきは、口呼吸だったり、下顎が下がることで、上気道が狭くなることが原因で起こります。
また、下顎は、筋肉がリラックスすると、口を閉じて寝ていても下がってしまうことがあります。
そういった、原因がのどにある場合のいびきに対して効果があるのが、「スノアゴン」です。

就寝時に「スノアゴン」を首に巻いて寝ることで、睡眠中にさがりがちになる下顎を支えて、上気道をできるだけ水平に保ってくれるので、気道が確保され、いびきを軽減させることができます。

「スノアゴン」は、見た目は首を痛めた時につける“プロテクター”のようですが、素材や形状、角度にかなりのこだわりを持っているので、意外と違和感がありません。首筋に沿って巻いて、後ろでマジックテープで留めるだけなので、とても簡単です。
以前、日本テレビの『ラジかるッ』で、西川女医が「スノアゴン」を紹介したこともあります。

「スノアゴン」の価格は税込 4,410円で、洗濯は、もみ洗い。毎日使って1年間は大丈夫とのことです。

また、「マイナスイオン・スノアゴン」というのも開発されています。
マイナスイオンと遠赤外線の働きを取り入れた「マイナスイオン・スノアゴン」は、「血流改善」 「新陳代謝アップ」 「免疫力向上」 「ストレス解消」といった、生活習慣病の予防にも効果があります。

「マイナスイオン・スノアゴン」の価格は、普通の「スノアゴン」よりも少し高めの 5,775円(税込)です。
どちらのタイプも1日あたり約12円~16円程度という、最低コストで実践できるいびき治療法と言えるでしょう。

もし、どちらのタイプにするか迷っているならば、さらに効果的である、「マイナスイオン・スノアゴン」をお勧めします。
通販サイトなどでは、さらに安く手に入れることができるでしょう。

ただし、鼻づまりなどによる、鼻が原因のいびきには、「スノアゴン」も「マイナスイオン・スノアゴン」も、あまり効果は望めません。

いびき防止のアイテムには腕時計型の「スノアストッパー」というのがあります。

「スノアストッパー」は、腕時計型の器具を就寝時に腕にはめて使用します。
就寝中、いびきが3回以上連続した場合、軽い電気が自動的に5秒間、体内を流れます。
この振動が脳を刺激し、寝返りを促してくれるのです。
無意識のうちに寝る姿勢が変わることで、いびきを軽減させるという装置です。

「スノアストッパー」は、生体リズムを自動的に整える働きがあり、使用による副作用や痛みもありません。
電源を切り忘れても、8時間後に自動で消えるよう、オートオフタイマー機能がついています。
少し大きめの腕時計をしているような感じですが、マウスピースのような、煩わしさや違和感がありません。

「スノアストッパー」は、電源に単4電池と、「スノアストッパー専用ステッカー」という電極パッドが必要になります。
電極パッドは、11枚入り 税込 2,200円という価格帯が多いようで、1枚で1ヶ月使用可能なようです。
電極パッドは、消耗品ということもあってか、商品紹介などでもあまり触れられていないのですが、使い続けるにあたっては、多少の維持費がかかるのは確かです。それでも、いびきの治療費としては、安くすむのではないでしょうか。

「スノアストッパー」本体の価格は、通常で、税込 10,290円ですが、通販サイトの中には、この半額くらいで販売しているところもあるようです。何をやっても3日坊主になる人や病院へ行く勇気のない人などには、お勧めの「スノアストッパー」。
使い忘れが気になる人は、使用後は枕の上に置いておくといいでしょう。

ただし、効果には個人差があります。また、心臓ペースメーカーEKG・ECGを使っている方、呼吸停止症のある方、かなり重い皮膚病や過敏性皮膚の方などは、「スノアストッパー」を使用することはできません。