スポンサードリンク


ニキビは“跡が残ってしまう”と思い込んでいませんか。
ニキビは、きちんとケアをすれば、ほとんどの場合、跡形もなく治すことが出来るのです。
それには、ニキビが出来て初期の段階で、適切なケアを行うことが大切です。

しかし、ニキビの種類や症状によっては、なかなか治りにくく、ニキビ跡が残ってしまう場合もあります。
ニキビが出来て、きちんとケアをしていても、悪化してしまったり、同じところに何度も繰り返し出来るニキビはやっかいなもので、跡形もなく治すことは難しいでしょう。

悪化してしまったニキビや、同じところに何度も繰り返し出来るようなニキビの場合は、皮膚科で専門的な治療を行うとことを、おすすめします。

皮膚科でニキビ治療をする場合、ニキビの症状によりさまざまな方法があります。

皮膚科で行うニキビ治療の基本は、生活習慣の改善がベースになって行われます。
生活習慣の改善ということなので、食事についての指導や洗顔の指導などもあります。
正しい洗顔方法の指導を受けることが出来るのです。

また内服薬や外用薬も処方されるので、指示に従って、自宅でも治療をするようになります。
内服薬は、ビタミン剤(ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンC・ビタミンA など)や抗生物質・亜鉛などが中心になります。
特に、ニキビが悪化している場合は“亜鉛”が不足していることが多いので、亜鉛を内服することで改善されます。

外用薬は、ニキビ菌に対する殺菌効果の高い『ダラシンゲル』が、処方されることが多いようです。

処方された内服薬で肌の回復を体の内側から助け、外用薬で毛穴に詰まった汚れを排出させやすくします。
また、抗菌作用があるため肌の回復を助ける作用もあります。

皮膚科でニキビ治療を受ける場合は、ニキビの症状に合った内服薬や外用薬などの薬剤の処方と食事指導、洗顔指導を丁寧に受けることが出来ます。ですから、悪化してしまったニキビには効果的と言えるでしょう。

他には、最近良く耳にする“ケミカルピーリング”というニキビの治療法があります。
ケミカルピーリングは、普段のお手入れでは、取り除くことが出来ない角質を薬剤を使って溶かし、はがして、取り除きます。
それによって皮膚の再生を行うという治療法です。
ニキビやニキビ跡をきれいに治すことが出来る治療方法として“ケミカルピーリング”は、注目されています。

ニキビの治療方法も、ニキビの症状によって、いろいろあります。そのひとつに、“レーザー治療”があります。
“レーザー治療”は、主にニキビ跡の治療として行われています。
ニキビのレーザー治療にも、“co2(炭酸)レーザー治療”・“クールタッチレーザー治療”・“クリアタッチレーザー治療”・“Vビームレーザー治療”などがあり、ニキビ跡の状態によって使い分けます。

ニキビ跡の治療の代表的なもののひとつである、“co2(炭酸)レーザー治療”は、膿を持って化膿したニキビの治療に使われることが多く、水分に反応する赤外線をあて熱エネルギーを使って皮膚を焼いていきます。
ニキビの直上にレーザー光線をあて、針穴の10分の1 程の細い穴を皮膚にあけます。レーザー光は、この小さな穴を通って毛穴の中で詰まった膿・脂質をレーザー光の熱エネルギーで溶かします。
レーザー光には殺菌作用もあので、毛穴の中から膿や皮脂が排出されると、炎症がとれニキビの再発しにくい肌へと変わっていきますが、ニキビ跡の改善には治療を継続するのが効果的と言われています。
また、co2(炭酸)レーザー治療を受けた後は、1~2ヵ月程度、ほてりや赤みが残ります。
レーザーメスは普通のメスよりも出血が少ないと言われています。

“クールタッチレーザー治療”は、ハンドピースの先に、“サーモセンサー”“冷却スプレー”“レーザー照射”の3つの機能がついています。レーザーを照射するのと同時に-30℃の冷却ガスが出るため、皮膚表面が熱による損傷を受けないので、誰にも知られることなく、治療を行うことが出来ます。また、真皮の細胞を刺激してコラーゲンの生成を促します。
ニキビ跡の凹みを改善する効果があります。
クールタッチレーザー治療は、他のレーザー治療より、治療費は安値ですみますが、治療の回数は多くなります。

“クリアタッチレーザー治療”は、ニキビの原因であるアクネ菌を殺菌し、皮脂腺を破壊することで、ニキビの発生・再発を防ぎます。皮脂の分泌を抑えるので、テカリの解消や美白効果、ニキビ跡の赤みにも効果があります。クールタッチレーザーと同じように皮膚の表面を傷つけない治療ができるので、背中などの広範囲のニキビ治療にも向いています。

“Vビームレーザー治療”は、特殊な冷却装置付きで該当箇所を冷やしながら、ニキビ跡の赤みの原因となっている、毛細血管を破壊します。やけどなど皮膚へのダメージを最小限に抑えます。 また、ニキビ跡の凸凹の改善にも効果がありますが、治療には多少の痛みを伴います。

ニキビは早期に適切なケアすれば、治るものなのです。
ですが、早期のケアを怠ると炎症を起こして、膿を持った化膿性ニキビになってしまったり、広範囲に広がって繰り返し出るようになったりします。
最終的には皮膚の真皮が傷ついてしまい、デコボコのニキビ跡が残ることもあります。

ニキビが悪化して膿を持ってしまったり、広範囲に広がって繰り返し出るようになってしまった場合、一番の解決方法は、皮膚科などの専門医に治療してもらうことです。

一般的に皮膚科では、内服薬や抗生物質の入った外用薬などが用いられて、ニキビ治療は行われますが、最近は“ケミカルピーリング”という治療を行っている所も増えてきているようです。

“ケミカルピーリング”というのは、あまり聞きませんが、その歴史は古く、古代エジプトの時代にクレオパトラが、肌の滑らかさを保つために、乳酸のお湯に入浴したと伝えられています。
このように“ケミカルピーリング”は、皮膚を再生させるという治療法なので、ニキビ跡の治療にはとても効果的だと、いわれています。

“ケミカルピーリング”は、ニキビやニキビ跡が残ってしまった部分の皮膚を薬剤を使って溶かし、剥がして取り除きます。
新しい皮膚の再生を促していくので、やがては、健康で美しい肌を取り戻すことが出来ます。

“ケミカルピーリング”ではフルーツ酸の一種である、グリコール酸とトリクロール酢酸や乳酸などの“酸”が主に使われます。
酸を使用して、毛穴に詰まった角質や酸化した皮脂を溶かして、剥がし、取り除きます。
毛穴の汚れを取り除くことで毛穴のつまりがなくなり、炎症性ニキビの膿も排膿されやすくなり、改善されていきます。
また、“酸”が、厚くなってしまった角質層を薄くすることができるので、毛穴の開きや顔色のくすみなどが良くなるため、肌が明るくなります。つまり、“ケミカルピーリング”を行うと、美白効果も期待出来るのです。

“ケミカルピーリング”は、薬剤を使って、無理に角質を剥がすため、保湿力はいつも以上に低下します。
そのため、肌が乾燥しないように、保湿には十分気をつける必要があります。
また紫外線に対しても、弱くなっていますから、十分気を付けなければいけません。

皮膚の弱い方には、薬剤を使用して行う“ケミカルピーリング”は、あまりおすすめすることが出来ません。

ニキビは年齢や性別を問わず出来ます。ですから、誰もが一度は、経験したことがあるでしょう。
ニキビケアには正しいスキンケアが大切なことも、ご存知でしょう。
ニキビ用スキンケア用品もたくさんの商品が発売されていますから、自分の症状にあったものを選ぶようにしましょう。

ブログの女王と呼ばれた、真鍋かをりさんが、テレビや雑誌などで紹介している“プロアクティブ”。
名前は聞いたことがあるという人も多いでしょう。
“プロアクティブ”は、通信販売が基本ですが、ニキビ用スキンケア用品の口コミでも、かなり人気が高く、ニキビの改善効果も、男女問わず効果があるという声をよく聞きます。
真鍋さん自身もこの“プロアクティブ”を、使われていたとか・・・。

“プロアクティブ”は、使い続けることで、ニキビを予防し健康的な素肌になっていきます。

顔にニキビが出来ると気になりますね。それがストレスとなって悪循環を招いてしまうこともあります。
ニキビは、そういった精神的な影響を受けやすいので、悪循環を招く前に“プロアクティブ”を試してみてはいかがでしょうか。

“プロアクティブ”は、全米アクネスキンケア市場で“7 年間売上No.1”を達成した実績を持っています。
その実績を元に日本人の肌に合わせて改良された“プロアクティブ”は、多くの注目をあび、日本での発売1年で“売上NO.1”を達成しています。

“プロアクティブ”のクリアスキンセットは、リニューイングクレンザー(スクラブ状の粒子の働きで余分な皮脂や汚れを取り除くことが出来る洗顔料)・リバイタルライジングトナー(ニキビ予防のための拭き取り薬用化粧水)・リペアリングデイクリーム(肌のきめを整えてニキビを予防します)の3つのスキンケア用品がセットになっています。
初回のみ限定でナイトクリーム(オイルフリー)がついてくるなど、プロアクティブを初めて使用する人にとって、お得なセットになってます。

どんなに確かな効果がある“プロアクティブ”でも、全ての人の肌に合うとは限りません。
使ってみて、もしも肌に合わなかったり、症状に変化がなかった(悪化した)場合には、60日間返金保証もあるので安心です。
ニキビで悩んでいる人や、どのスキンケア用品が良いのか悩んでいる人は、この機会に“プロアクティブ”の効果のほどを実感してみましょう。

ニキビについて良く知ることが、ニキビの治療では大切なことです。
ニキビには、“思春期のニキビ”や“大人のニキビ”のように、出来る時期が違えば、出来る原因も違ってきます。
また、ニキビの症状によってもいくつかの種類に分けられ、それによってケアの仕方も少しずつ違いが出てきます。

しかし、ニキビケアという点で共通していることは、“ニキビが出にくい肌を作る”ということです。
そのためには、正しいスキンケア方法と食生活や生活習慣の見直しをすることで体質を改善していきましょう。

ニキビができると、ニキビ跡も残ってしまうと思いがちですが、ニキビは初期の段階できちんとケアをすれば、ニキビ跡が残る心配はありません。ですが、ニキビケアを怠ってしまい、ニキビが悪化してしまうと、ニキビ跡が残ってしまう場合もあります。

ニキビ跡のケアに大切なことは、スキンケアを工夫しながら地道に継続することで、時間もかかります。
ニキビ跡の治療は、皮膚科や美容外科でも行われていて、その多くは『ケミカルピーリング』という、ニキビ跡に効果的な治療方法を取り入れています。

『ケミカルピーリング』は、新しい健康な皮膚を作るために、薬剤を使用して“皮膚のアンチエイジング”をする治療法です。

ケミカルピーリングは、日本では1994年頃より広まりましたが、その歴史は、古代エジプトにまで、さかのぼり、クレオパトラは、乳酸のサワーミルクのお湯に入浴して、皮膚を滑らかにしていたといわれています。

ケミカルピーリングでは、傷ついた皮膚を溶かすために、AHA(アルファヒドロキシ酸:フルーツ酸とも言われます)の一種である、グリコール酸とTCA(トリクロール酢酸)や乳酸などの“酸”が主に使われます。
薬剤である“酸”をニキビに塗ることで、表皮の古くなった角質を化学的に融かし、剥がし、それを取り除くことで、毛穴を詰まらせている角質が排出されたり、炎症性にきびの膿も排膿されやすくなります。
さらに、新しい皮膚が再生されるよう促していくことで、肌を生まれ変わらせ、美しい肌を取り戻します。

しかし、薬剤を使用するので、肌の弱い方には、あまり おすすめできない方法です。

肌を活性化させることが、ニキビ跡を治すには重要なことなので、コラーゲンを生成し肌の生まれ変わりを早くするために、バランスの良い食事と適度な睡眠を心がけましょう。
ニキビ跡を治すには、薬や治療だけに頼るのではなく、身体の中からも治してあげることが大切なのです。

ニキビは一度出来てしまうと、繰り返しできる可能性があるので、治すのがとても大変です。
出来てしまったニキビの中の、ひとつでも悪化してしまうと、精神的にも滅入ってしまい、治すのに一苦労です。

ニキビを予防するのに大切なことは、しっかり皮脂を落とす正しい洗顔と、バランスの良い食生活を心がけるように、気をつけることです。
体質や皮脂線が活発な人ほどニキビは出来やすい傾向にあるようです。
また、ニキビは皮脂線の多いところに出来やすいと言う特徴があり、そのため、皮脂線が多い顔は、一番ニキビが出来やすい場所と言えるでしょう。

ですから、正しいスキンケアと洗顔が、ニキビ予防には重要になるのです。
ニキビは、毛穴が詰まることで、出来てしまいます。
つまり、毛穴に詰まった皮脂などを除去することが、ニキビを作らないために大切なことなのです。
正しい洗顔方法で、古い角質や毛穴の皮脂や汚れをきれいに洗い流しましょう。
また食生活や生活習慣を見直すことも、ニキビ予防につながります。

大人のニキビの原因は、“偏った食事”や“ストレス”・“疲れ”などの場合が多く、また、ストレスや、疲れからくる“ホルモンバランスの乱れ”や“体調不良”も肌にダメージを与えるため、ニキビが出来る大きな原因となります。

肉料理の多い洋食よりも、ビタミンやミネラルの多く摂れる和食中心の食生活に変えていくように心がけて、甘い食べ物や揚げ物などは、なるべく控えるようにすることも、ニキビ予防のためには大切なことです。

また十分な睡眠をとることは、肌のターンオーバーを良くするために、大切なことです。睡眠不足では、健康な肌は作れません。

ストレスもニキビが出来る大きな原因のひとつになります。
運動や趣味を楽しむ時間を作って、自分なりのストレス解消法を見つけることも大切です。
ニキビが出来てしまったことやなかなか治らないことなどが、ストレスとなり、ニキビをさらに悪化されてしまうこともあります。
ストレスを溜めてしまわないよう、気分転換をして、悪循環に陥らないようにすることが、ニキビ予防にはとても重要です。

ニキビが出来てしまったら、早い時期にきちんと治療することが大切です。
市販薬でも、ニキビに効果的な薬はいろいろ種類があります。

ニキビに効く薬の中でも、抗生物質が入った“テラコートリル軟膏”などの薬は、ニキビに効果的です。
しかし“テラコートリル軟膏”は、使い過ぎると身体にあまりよくない、副腎皮質ホルモンが配合されているので、使用する時には、注意が必要です。

市販されている薬には、医薬品と医薬部外品があります。

ニキビ治療の目的で市販されている医薬品は、基本的に“殺菌”“皮脂除去”“炎症を和らげる”という、効果があります。
薬局などで一般に市販されているニキビ治療用の医薬品は、即効性はないものの、続けて使用することでニキビは治ります。
ニキビ治療の目的の医薬品は市販されていますが、自分の症状にあった薬を選ぶようにしましょう。

また、医薬部外品の薬で、ニキビを直接治す効果を持った薬はないようです。

このように、ニキビに効果的な薬を使うことで、ニキビを治すことは出来ます。
ですが、ニキビの原因がなくなるわけではないので、薬によって、一時的にニキビは治っても、何度も繰りかえしニキビが出来る可能性もあります。

また、病院で治療を受けて処方されるニキビの薬は、一般的に抗生物質とニキビの炎症を和らげるクリームが出されます。
市販薬と同じように、殺菌作用がある抗生物質によって、ニキビの炎症や赤みは治りますが、ニキビの原因までは、治すことはできません。

ニキビを治すには、正しい洗顔やバランスのとれた食事を心がけるようにして、ニキビの出来る原因を無くすことも大切です。


病院でニキビの治療をした場合、洗顔方法や食生活についても指導してくれるので、薬の使用法を守り、指導されたことを根気強く続ける自分自身の努力も必要になります。

ニキビは早期に治療することで、ニキビ跡を残さずきれいに治すことが出来ます。
ニキビのない肌を目指して、諦めずに頑張りしょう。

“ニキビ”は、誰でも一度は経験したことがある、皮膚疾患のひとつです。
多くの人が経験しているニキビでも、その種類やニキビが出る部位は人によってさまざまです。

人によっては、ニキビが広範囲に広がってなかなか治らない人もいれば、ニキビができても、すぐに治る人もいるでしょう。

ニキビは、肌質や生活環境によっても違いが出てきますが、基本的に大切なことは、『ニキビが出来たら、早期に適切な治療をする』ことでしょう。

ニキビが出来てしまったら、まず、洗顔、スキンケア、生活習慣の見直しなどが自分で出来る治療です。
正しい洗顔とスキンケアを行うことで、初期のニキビであれば、きちんと治すことも出来ます。

また、ニキビの原因となる“アクネ菌”の繁殖を抑えるために、毎日、正しい洗顔できちんと汚れを洗い流しましょう。
そして、ニキビ用のスキンケアをしっかりすることで、ニキビが出来にくい肌を作ることが出来ます。

ですが、“ホルモンバランスの乱れ”によって出来る、あごから首にかけてのニキビは、生活習慣の見直しも必要になります。
食生活の乱れや睡眠不足などきちんと見直しましょう。

また、ニキビの症状によっては、皮膚科弥美容外科での治療が必要になる場合もあります。
例えば、広範囲に“赤ニキビ”や“黄ニキビ”や“黒ニキビ”が広がってしまった場合は、自己治療を続けるのでなく、早めに皮膚科を受診するようにしましょう。

他にも、ニキビが繰り返し出来てしまい、“クレーター”と呼ばれるニキビ跡で、肌がデコボコな状態になってしまった場合は、皮膚科や美容外科での治療が必要になります。

ニキビは早期に正しいケアを行うことが大切です。早期に適切な治療を、きちんと行っていれば、ほとんどの場合は良くなります。
ですが、ニキビ治療を怠ってしまうと、病院で長期間、治療しなければならなくなったり、ニキビ跡を直すために美容外科に通わなければならないので、気を付けましょう。

ニキビは思春期だけでなく、大人になってからもニキビに悩まされている方は多くいます。
そして、ニキビにはさまざまな種類があります。

ニキビは同じ所に繰り返し出来たり、ニキビ跡が残ってしまうなど、悩みはつきません。
ですが、ニキビが出来て早いうちに適切な治療を行うことで、ニキビに対しての悩みも少なくなります。

ニキビができないのが一番なのですが、肌質や体質、環境などに左右されやすいものなので、ニキビが出来にくい肌を作ることが、ニキビの悩みを改善する最も有効な方法でしょう。

“思春期のニキビ”は、皮脂が過剰に分泌されて、毛穴が汚れたり詰まったりすることが、大きな原因です。
皮脂の過剰分泌によって、汚れたり詰まったりした毛穴で、アクネ菌が繁殖するためにニキビが出来ます。

皮脂が過剰に分泌されていても、毛穴が詰まっていなければニキビは出来ないので、きちんと洗顔を行って、肌を清潔に保つことが、一番の改善方法です。

また、“思春期のニキビ”は、肌を清潔に保つだけでも効果的なので、特別な治療をしなくても、時期がくるば良くなることが多いニキビです。

しかし、ニキビは皮膚疾患の中でも精神的な影響を特に受けやすい疾患なので、ストレスや疲れ、ホルモンバランスの乱れなどが原因となって出来る“大人のニキビ”は、なかなか治らず、治らないことがまたストレスとなって悪循環を招く場合も多くあります。

“大人のニキビ”の場合は、生活環境を整えることが一番の改善方法となります。
ですから、規則正しい生活や食生活を送るように心がけましょう。

また、ストレスを溜めないようにすることも大切です。
しっかりと睡眠をとり、適度な運動をして、ストレスや便秘を解消しましょう。

ニキビ予防やニキビを悪化させないためには、自分に合ったスキンケア用品を選び、正しい方法で洗顔し、肌を清潔に保つようにしましょう。

自己治療を行っても改善が見られない場合や、広範囲にニキビが広がってしまった場合などは、早めに皮膚科などを受診するようにしましょう。

ニキビは、食生活にも影響されます。バランスの良い食事を摂る事が、ニキビを予防するには大事なことです。
ニキビのない健康な肌を保つためには、肌に良いとされるビタミンを、バランス良く摂取するようにしましょう。

ニキビを予防するには、まず、しっかりとした、丈夫な肌を作りたいですね。
そのためには、“ビタミン A ”を多く摂るようにしましょう。
“ビタミン A ”は、皮膚の粘膜を丈夫にし免疫力を高めてくれます。
ニキビの原因となっているアクネ菌の繁殖も、皮膚の免疫力が高まることで抑制されるので、ニキビの予防になります。
また、にきび跡の修復してくれます。
“ビタミン A ”は、レバーやにんじん、かぼちゃなどの、緑黄色野菜に多く含まれています。

免疫力を高めたら、新陳代謝も高めたいですね。それには、“ビタミン B2 ”です。
“ビタミン B2 ”は、脂質の代謝を促す効果がありますので、ニキビ予防の他にダイエットにも効果的です。
“ビタミン B2 ”は、主に納豆や卵、チーズに多く含まれています。

“ビタミン C ”は活性酸素を除去する働きがありますので、ニキビの炎症を抑える効果があります。
また、ストレスも和らげる効果があるので、ストレスによって出来るニキビにも効果があります。
ブロッコリーや柑橘類、イチゴ、ホウレンソウなどに多く含まれている“ビタミン C ”は、コラーゲンの生成に、かかすことの出来ないビタミンですが、これらを単独で摂るよりも、潤い成分の“ビタミン E ”と一緒に摂取することでコラーゲン生成の効果が、より高まります。

“ビタミン E ”はナッツ類やすじこ、たらこ、モロヘイヤなどに多く含まれています。
ですが、意外とお茶にも含まれているので、1日1回、食事の後やおやつの時などに、飲むと良いでしょう。

血行を促進する効果もあり冷えや肌のくすみ改善にも良いとされる“ビタミン E ”は強い抗酸化作用があり、活性酸素から体を守る働きがありますので、ニキビにも効果的です。
“ビタミン E ”も“ビタミン C ”と一緒に摂取することで相乗効果が高まります。

しかし、“ビタミン E ”は脂溶性ビタミンなので、水溶性のビタミンと違って身体に溜まりやすいという難点があります。
ですから“ビタミン E ”の摂りすぎには注意する必要があります。