スポンサードリンク


冷え性は体内の余分な水分が原因で起こることもあるといわれます。水は人が生きるためには欠かせないものですが、水分を過剰に摂取することによってさまざまな体のトラブルを招くこともあるのです。

体内にたまった余分な水分が原因で体がしだいに冷えていき、冷え性を起こすことがあります。
また、水分の取りすぎは胃液が薄まる要因にもなります。胃液が薄いと消化が不十分になって体に必要な栄養分を補給できない状態を引き起こし、栄養不足から体にさまざまな問題を抱えることになります。水分の過剰によって新陳代謝も衰え、これも冷え性の原因になります。

体内の水分の過剰からは「むくみ」も起こります。むくみは冷え性の原因でもありますが、逆に冷え性からむくみが生じることもあります。
また水分の摂りすぎがもたらすのは冷え性ばかりではなく、短時間で大量の水分を取ると、血中のナトリウム濃度の低下で重症なら死の危険さえあり、そうでなくても疲労感など体の不調が出ます。

飲み物が手放せない夏のシーズンには特に、エアコンが利いた部屋で冷たい飲み物を飲みすぎたりすることがないよう、冷え性の方はくれぐれもご注意を。そうは言ってもつい飲みすぎてしまう、という方は、冷たい飲料ではなく熱い飲み物にすると、ゆっくりと時間をかけて飲むことになるため、水分過剰になるのを防ぐことができます。
ふだんから水分を上手に摂ることを心がけるのも、大切な冷え性対策のひとつです。

冷え性の人は入浴で体を温めると症状がぐっと緩和されます。
しかし、最近ではバスタブを使わず手軽なシャワーだけで済ます人や、バスタブを使ったとしても、逆に体を冷やしてしまうまちがった入浴法でお風呂に入っている人も多いようです。本気で冷え性対策を考えている方は、冷え性に効果的な入浴法を学んで毎日の習慣にすることが必要です。

体を温めるには熱いお風呂に入るのが一番、と考えている人も多いでしょう。しかし実は熱いお湯に入るとお湯から上がった後に湯冷めをしやすいのです。
熱すぎるお湯に入ると皮膚には、急激な体温上昇を避けるために血管を収縮させ、体の奥に熱が伝わらないようにブロックする働きがあります。このため体の表面は熱せられても体の内部は冷たいまま。時間が経つと体全体が急速に冷えてしまいます。

冷え性の方は熱いお風呂に入るのは避けて、少しぬるめかなと感じる40℃前後のお湯で、20分くらいの時間をかけてゆっくり温まるのが一番いいやり方でしょう。この入浴法なら、体の冷えで縮んでしまった血管を拡張して血流を回復させ、冷え性を改善させることができます。
入浴しながら手足のマッサージも行うとよりいっそうの効果が期待できます。

また、冷え性に効き目のある成分を含んだ入浴剤を使うのも手軽で効果的です。
市販の入浴剤でももちろんかまいませんし、伝統的な入浴剤である柚子(ゆず)や、乾燥させたみかんの皮、お酒などをお風呂のお湯に直接入れるというやり方もあります。
また、音楽を聞きながらの入浴や、バスルームに漂うアロマの香りに癒されながらの入浴も、心も体もリラックスすることで入浴効果が高まりますから、冷え性の方にはぴったりです。

冷え性にはいくつかの原因があります。
自分の冷え性の原因を見つけることはとても重要です。原因が分かればそれに応じて対策を取り、冷え性を改善することができます。
冷え性は大きく分けると4つの原因に分かれます。

冷え性の原因その1 自律神経が乱れているケース
冷え性の中で最も多いのがこのタイプだといわれています。自律神経がバランスを崩すことによって、内臓や循環器などの体内のバランスが失われ、それに伴う様々な症状が現れることになります。

冷え性の原因その2 ホルモンバランスが崩れているケース
ホルモンは体調に少なからぬ影響を与えます。特に冷え性とホルモンには密接な関係があり、加齢やストレスでホルモンのバランスが崩れると、冷え性も悪化することがあります。

冷え性の原因その3 血流を送り出すポンプの力が落ちているケース
心臓から全身に血液を送り出す力が低下してくると血行が悪くなり、冷え性になりやすくなります。
冷え性の解消には、適度の運動を欠かさずに行うことで、このポンプ機能を維持し強化することが求められます。

冷え性の原因その4 血液に問題があるケース(貧血)
血液が貧血状態だと全身に酸素が十分行き渡らないため、体内の栄養素のエネルギーへの変換がスムーズに行かなくなり、その結果手足が冷えや、疲労が回復しにくいといった症状が現れます。

あなたの冷え性の原因は何ですか? 冷え性の原因を知って早めに対応することは、健康な暮らしに向けてきちんと舵を取ることです。

冷え性に悩む人は男性にもいますが、生理や妊娠、出産などを通じてホルモンのバランスが崩れることがままある女性たちに、冷え性が圧倒的に多いことはよく知られています。
そこで女性たちの食事を調べると興味深い事実が分かります。女性はなぜか冷え性を招きやすい食物を好んで食べている傾向にあるのです。

サラダには欠かせないきゅうり、レタス、トマト。デザートやスイーツを彩るメロンやバナナ。どれも、おいしいことに加えて血液サラサラ効果もうたわれ、女性には特に人気が有ります。
しかし、これらの食材は体を冷やしてしまうものばかりで、実は冷え性の人が食べる食べ物としてはあまり好ましくありません。
そして、ダイエットに利用される大豆や豆乳にも体を冷やす作用があり、冷え性の人にはお勧めできない食材です。
女性の好きな砂糖やチョコレートも体を冷やします。

上で紹介した食べ物はすべて、東洋医学では、身体を冷やす「陰性」の食べ物とされているものばかりです。東洋医学では、きゅうり、レタス、トマトなどの野菜は、暖かい地方が産地だったり、夏に採れるものなので、身体を冷やし、冷え性には向かないとされており、加熱して食べるなどの工夫が必要とされます。

女性は、大好きな「陰性」の食べ物をしばらくがまんして、体を温める効果があるショウガやネギ、ごぼうなどの陽性の食材を使ったメニューに替えると、冷え性対策はぐんと進展するでしょう。

冷え性を和らげるためには、ツボを刺激するのも効果的な方法です。
冷え性にピッタリな、体の冷えを解消してくれるツボを紹介しましょう。
このツボを刺激すると自律神経に作用して血液の流れがスムースになるばかりでなく、手や足の冷えが気になる部分がぽかぽかと温まります。

手は手軽にツボを刺激できる場所です。
手ならば服を脱いだりする必要もなく、すぐにツボを押すことが可能で、しかもそのツボの位置は比較的分かりやすのです。これはぜひ試してみたいですね。

冷え性に良いといわれる手のツボには「指間穴(しかんけつ)」と「虎口(ここう)」があります。
指間穴は手の人差し指と中指、中指と薬指、薬指と小指の間にあります。親指と人差し指ではさんで押すように揉みながら、引っぱって刺激します。
虎口は親指と人差し指の間にあります。こちらのツボも指間穴と同じように刺激を行います。
これらのツボを両手で交互に押し続ければ、冷え性が徐々に緩和されること間違いなしです。

手には冷え性に効くツボが他にもあります。
まず、「陽池(ようち)」という、手首を反らせた時に出来るしわの真ん中あるツボです。更に陽池から6センチほど肩の方に上がった位置にある「外関(がいかん)」も冷え性に有効とされています。
押す前にツボを温めておくといっそう効果が高まるといわれています。

つらい冷え性の解消に、ツボ刺激を試してみませんか?。

冷え性には入浴療法がとても効果的です。
40℃くらいのぬるめのお湯にゆっくりと入るのが、冷え性に効くオーソドックスな入浴法です。このように入浴することで血行が改善し、代謝も上がって体の冷えは取り除かれます。
しかし、中にはお風呂に長く入っているのが苦手だという人もいるはずですから、ここでは、冷え性に効力を発揮するちがったタイプの入浴法をいくつかご紹介しましょう。

▲半身浴
ダイエットにも利用される半身浴。冷え性にも効果を発揮します。
半身浴は上半身をお湯から出して入浴する方法です。全身浴よりも長くお湯に入っていることが可能で、血行が良くなるのはもちろんのこと、体の老廃物の排出させるデトックス(解毒)入浴法としても評判です。
半身浴は全身浴に比べて心臓にかかる負担が少なく、高齢者や心臓に持病がある人からは、体に優しい冷え性治療として支持されています。

▲サウナ、岩盤浴
血行が良くなるサウナや岩盤浴も冷え性に効果有りとされます。
何といっても、汗をたくさんかくことで身体機能が強化され、それにつれて冷え性も次第に良くなっていくようです。

▲足湯
足湯は最近ブームになっていますが、冷え性にはたいへん効果があります。入浴の時間がない時や寝る前に、ぜひやってみて下さい。
足湯には42℃前後の少し熱めのお湯を使います。足を温める事で熱が全身に行き渡って体が温まり、むくみや疲労にも効果バツグンです。
足と同時に手も温めるといっそう効果が高くなります。また、足湯にはリラックスの効果もあり、冷えによる不眠症も癒してくれるようです。

自分に合った効果的な入浴を試してみて、冷え性改善に役立ててはいかがでしょうか。

冷え性を癒してくれる食べ物にはどんなものがあるのでしょう?
冷えから体を守る食材を使ったメニューで毎日食事をすることは、最高の冷え性対策効果をもたらすでしょう。献立作りでは、体を冷やす物ははずし、体を温める作用を持つ物だけを選んで組み合わせれば、いっそうの効果が期待できます。
そして冷え性の人は、体を冷やす夏に出来る野菜、南の地方の野菜などを避け、体を温める冬の野菜、寒い地方の野菜を選びたいものです。

おすすめの食材は、次のようなものです。
魚肉類:かつお、うなぎ、鳥肉。
野菜:ショウガ、ニラ、ネギ、カブ。
果物:プルーン、モモ。
チーズも体を温めるとされています。
ダイエット効果を高めるカルニチンが含まれていることから最近人気が急上昇している羊肉にも、体を温める効果があります。

食材以外の食品で冷え性に良いとされるものには、紅茶、ウーロン茶、ジャスミン茶などがあげられます。冷え性の人は、体を冷やすといわれるコーヒーよりも、普段はこういったものを飲むようにしたほうがよさそうです。
ショウガと蜂蜜のジンジャーティーは、ショウガの効果で体が温まることに加えて、リラクゼーション効果もあり、冷え性患者には嬉しい飲み物です。

調味料では、味噌、醤油、胡椒が冷え性には有効だといわれています。
そして甘味料ですが、白砂糖は体を冷やすといわれます。冷え性の人は白砂糖を黒砂糖やきび砂糖などに交換しておくといいでしょう。

冷え性のみなさん。食べ物にも楽しくこだわって生活することで、体の内側から冷え性を退治しましょう。

冷え性に負けない服装、冷え性を克服する服装を考えてみましょう。
衣料による身体の保温こそ、冷えから体を守る最も基本的で効果的な方法です。
形状や素材などに気を配った服装をすることで、冷え性を緩和したり、予防することができます。

▲暖かいこと、体を締め付けないこと
体を冷やさないように、暖かい、保温性の高い服装をする事が最も重要ですが、かといって何枚も重ね着をしたのでは動きにくく、血流を妨げるので冷えの改善には適しません。
冷え性対策にはゆったりと体を包み込むような服装を選び、ベルトや体を締め付けるタイプの下着は着用を避けるほうがいいでしょう。

▲肌を覆う、首を覆う
体を冷やさないためには肌をできるだけ覆うのがポイントです。できるだけ長袖を着るようにし、上着の用意もあると安心です。
シャツやブラウスなどはハイネックなどの首の周りをカバーするタイプが適当です。マフラーやストールで首の部分を覆ってもいいでしょう。首には頚動脈という大きな動脈があり、この頚動脈の部分を温めると体温の低下を防ぐことができ、冷え性も起こりにくくなります。

▲下半身と足の対策
冷え性対策にはボトムはパンツスタイルにしたほうが効果的ですが、スカートを履くなら下にスパッツやタイツを履くことで下半身の保温を確保するのがいいでしょう。
ひじやひざに付ける保温用サポーターや腹巻なども上手に使いこなしましょう。。
冷え性では特に足先の冷えに悩まされている人がたくさんいますが、足先の冷えには靴下を重ねて履くと意外に暖かいものです。

▲新素材の活用も
冷え性対策衣料の素材は、吸湿性や放湿性に優れた絹や綿、保温効果が高いウールなどの天然素材を選びましょう。
また最近では、たいへん薄いのに暖かく保温性に優れた新素材も開発されており、冷え性の人にも適した肌着として販売され人気商品となっています。

冷え性対策といえばどんなことが頭に浮かびますか?
日常生活では体が冷えないように注意する、冷え性に効果のあるな食事をする、正しい入浴法を知って実践する、などでしょうか。
正しい知識に基づいた冷え性対策によって、つらい冷え性もいつか必ず癒されていくはずです。

▲冷え性対策その1 服装
冷え性対策のカナメとして、まずは服装から整えましょう。
露出度の高い服装はまちがいなく体を冷やしてしまいます。腹部や腰は必ず覆うようにして、手や足が冷たい場合は、手袋をはめたり靴下を履くようにしましょう。
また、締め付けの強い服装も血流を妨げて冷え性を悪化させますから、適度にゆったりした服を選びたいものです。
また、夏場はクーラーでの冷えすぎの予防に、上着を用意しておきましょう。
マフラーやひざ掛け、腹巻などの冷え性対策グッズも、普段から準備しておくと、急に寒くなったり体が冷えそうな時にすぐに対応することができます。

▲冷え性対策その2 食事
冷え性改善に効く食材を使った食事を積極的に取りましょう。血行を良くするビタミンEを含む食材や、体を温めるショウガ、唐辛子、ネギ、根菜などを献立に加えましょう。

▲冷え性対策その3 入浴
冷え性の即効性のある解消法は、ぬるめのお風呂に時間をかけて入ることです。入浴剤を加えれば体の保温や血行促進の効果もいっそう高まります。
そして冷え性のフットケアに欠かせないのは、何といっても足湯です。

▲冷え性対策その4 運動
冷え性は体の基礎代謝が低下した状態や、体の筋肉量が少ない場合にかかりやすくなるので、定期的に適度の運動するのが効果的です。特に足を鍛えることが大切で、心臓のポンプ機能が強化され、血行も良くなります。

これらの対策を毎日の習慣にすることで冷え性を克服し、すっきりと健康な生活を取り戻しましょう。

冷え性対策にはリンパマッサージ(リンパ・ドレナージュ)もまた広く支持されている方法です。
リンパ液が流れ込み濾過されるリンパ節は免疫を司る器官であり、ゆっくりと体を巡っているリンパ液の循環がスムースであるということは健康の証でもあります。
冷え性をはじめ体に何らかのトラブルを抱えている人は、リンパ液の流れが停滞していることが多く、リンパマッサージによってリンパ液の流れを回復させることは、冷え性を改善するにはとても効果的な療法です。

リンパマッサージは、まず丁寧に足を揉みほぐす事からスタートします。
足首の周りを手のひらで包み込み、回すようにさすってリンパ節の緊張を解きほぐし、足先から太ももに向けて軽く揉んでいきます。
冷え性であれば下半身のケアはことのほか重要です。足からお尻、お腹までの部分をリンパマッサージのメソッドで揉んで、リンパ液がスムースな流れを取り戻すのを助けてあげましょう
リンパマッサージは力を入れず、さする程度で十分。ゆっくり丁寧に行います。

リンパマッサージを行えば、冷え性の改善だけでなく、肌の新陳代謝が向上し、美肌効果も得られます。リンパマッサージにオイルやクリームを使えばいっそうフレッシュなお肌に。
入浴中や入浴後にリンパマッサージを行うと、より効果的です。

冷え性のみなさんは、冷え性対策として今日からリンパマッサージを取り入れてみましょう。そしていつか、冷え性の治療効果と美容効果を同時に手に入れるというのはいかがでしょう。