スポンサードリンク


月経前症候群を緩和させる手軽な方法として効果的なのが、サプリメンです。
月経前症候群の症状を和らげる作用を持つとされる、カルシウムやマグネシウムなどのサプリメントを用いると、月経前症候群の改善に効果的です。
栄養不足なども、月経前症候群の原因として考えられていますので、自分に足りない栄養素を検査や食事内容、体質などから調べ、足りない分をサプリメントで補給するようにすると良いと思います。
血液検査などで、不足している栄養素を調べることができるので、婦人科やPMS外来などに行くと、血液検査や尿検査などを行い、体内に足りない栄養分を調べます。
病院に月経前症候群の治療で行った際は、検査内容を医師に説明してもらい、それに伴った栄養指導を受けると確実でしょう。
サプリメントの中でも「カルシウム」は、月経前症候群の方にとって、おすすめのサプリメントです。
カルシウム豊富な食事をすると、月経前症候群の症状が軽くなる、といった報告もされおり、また「ガンマリノレン酸」や「亜鉛」の欠乏なども、月経前症候群の要因とされているので、サプリメントとしては、これらが複合されているものが一番適しているでしょう。
「マルチビタミン」や、フランス海岸松を利用した、強力な坑酸化作用を持った物なども、効果が高いと言われています。
セント・ジョーンズ・ワートというサプリメントは、月経前症候群に非常に有効で、PMS対策にも効果的であると知られているので、一度試してみると良いでしょう。
このように、月経前症候群を改善するために、様々なサプリメントを効果的に摂ってみるようにしましょう。

月経前症候群の原因については、黄体ホルモンと呼ばれるプロゲステロンが黄体期に過剰分泌されることで、下腹部の痛みや肩こり、冷え性、意欲低下、イライラなどが起こる、という説が有力ですが、はっきりとした原因は解明されていません。
薬物治療は、月経前症候群の治療の中でも高い成果を得られており、特に「ピル」は、使用される薬物の中でも、最も安定した効果があるとされています。
「ピル」は、経口避妊薬として多くの薬効を持っており、避妊の効果はもちろんのこと、生理不順や子宮外妊娠の対策にも使用され、月経前症候群の症状緩和に役立っているようです。
「ピル」は、身体を妊娠したような状態(擬似妊娠状態)にするので、その為、月経前症候群による不快な症状が出にくくなります。
「低用量ピル」と「中用量ピル」の2種類の「ピル」があって、副作用が少ない「低用量ピル」が、月経前症候群には使用されることが多いようです。
しかしながら、必ずしも「ピル」を飲めは月経前症候群の症状が改善される、というわけではありません。
とは言え、「ピル」は、その安全性の高さからも、月経前症候群に最も適した薬物であることは確かで、医師も月経前症候群の治療法として患者に勧めることが多くなっていますので、一度試してみると良いでしょう。
「ピル」は婦人科などで処方してもらえますが、同時に身体の様々な健康チェックや検査を受けたり、月経前症候群以外の身体の悩みなども相談しておくとより安心でしょう。

月経前症候群には様々な症状があるので、薬剤は、その人の症状の程度や体質、医師の治療方針によって選ばれます。
このように、個々のケースに応じた薬剤が、薬物療法では適切に選択されていますが、ここでは、その代表的な薬剤についてご紹介しましょう。
経口避妊薬である「ピル」は、月経前症候群では非常によく処方されており、月経前症候群の、特に身体的な症状を、排卵抑制作用によって抑えてくれます。
多くの女性が、この「ピル」によって、月経前症候群の症状が緩和されており、月経前症候群に効果的に働く薬剤として、注目されています。
「抗うつ薬」は、不安感を取り除いたり、抑うつ状態などの精神的な症状を抑えてるために、使用されます。
中でも「アルプラゾラム」(日本では商品名・コンスタン、ソラナックスなど)という抗不安薬には、月経前症候群の改善に非常に高い効果が得られたという報告があります。
セロトニンの活性低下などが、月経前症候群の原因であった場合は、副作用も少ないとされる、SSRI(商品名・デプロメール、パキシルなど)という、選択的セロトニン再取り込み阻害薬などがお勧めです。
ドーパミン作動薬を投与する乳房痛には、プロモクリプチン(ただし、妊娠希望者には向かないとされます)などが、脳にある下垂体のプロラクチンが過剰に分泌するのをコントロールしてくれるので、有効であると言われています。
日本ではまだ、充分に月経前症候群に対する研究が進んでいるとは言えませんので、これから、もっと効果が高く、安全で副作用が少ない薬剤が開発されていくことが望まれます。

月経前症候群にとって、薬物治療は最も高い効果が期待できる治療法の1つです。
月経前症候群は、個人差が大変大きく、その症状も、人によってかなり違ってきます。
重度の月経前症候群で、日常生活にも支障をきたすような方は、きちんと医師の診察を受けた上で、薬物治療を行うことが大切です。
黄体ホルモン療法が取られるケースが、月経前症候群の治療では多くみられ、それに精神安定剤や坑うつ剤を組み合わせて、不安感が強くなる症状や抑うつになる方には処方されているようです。
ピルは、月経前症候群で処方される薬として有名です。
経口避妊薬であるピルは、黄体ホルモンの分泌を抑制する働きがあるので、月経前症候群の症状改善にも良く使用されます。
ピルを服用すると、月経前症候群で見られる下腹部の痛みや腰痛などの症状が、排卵がストップされることによって、かなり減少すると言われます。
また、「セロトニン」の減少も、月経前症候群の原因の1つとして挙げられ、これには「セロトニン」の活性化を働きかける作用を持つ「坑うつ薬」によって対応します。
また、男性ホルモン製剤などを、月経前症候群の症状によっては投与したり、乳房の張りを和らげる為に、抗プロラクチン作用のある薬剤を投与する場合もあります。
食生活の乱れなども、月経前症候群には深く関わっているので、手軽な治療法として、様々な種類のサプリメントなども、症状緩和の為にたくさん発売されています。
即効性も期待できて、効果も高い薬物治療は、月経前症候群の症状が重い方などには、特にお勧めです。

月経前症候群は、気分が落ち込んだり、イライラしたりと、身体的にも精神的にも大変辛い症状がたくさんあります。
できるだけ早く、重い月経前症候群の症状を抱えている方は、治療をしたほうが良いのはあたりまえですが、生活習慣によっては、月経前症候群の症状が軽い方でも、いつその症状が重症化するか判りません。
月経前症候群の症状が出ないように、生活習慣など、改善できる点を見つけていくことが肝心です。
それぞれ個人の月経前症候群の症状の程度によって、いくつかある月経前症候群の治療法の中から、最適な治療法を探すと良いでしょう。
治療法の1つとして、薬物療法が月経前症候群には効果的とされています。
特に、月経前症候群の原因が、ホルモンバランスの乱れによる人には大変有効で、適切なホルモン製剤を処方すると、身体的症状が、かなり緩和されるようです。
また、漢方療法なども、漢方薬が生理不順に良いとされているものが多いためか、月経前症候群の治療法として選ぶ方もいます。
その他に、食事療法なども、食生活の乱れが月経前症候群の要因の1つであるとされているので、行われています。
月経前症候群の症状改善には、栄養バランスの良い食事で、身体の中からは取り組んでいく事は大変効果的で、身体全体の健康保持にも良いことです。
月経前症候群の症状改善には、ある程度、身体を動かすことも効果があるので、ストレッチをしたり、ヨガのような体のバランスを整える方法も、最近では人気があるようです。
他にも、ハーブやアロマテラピーなどで、月経前症候群のイライラの改善をはかるなど、多種多様の治療法がありますから、いろいろ試してみて、自分の体質に一番ピッタリな方法を選んでいきましょう。

ここでは、月経前症候群(PMS)と睡眠との関係について述べていきます。
黄体期と呼ばれる、排卵開始から生理が始まるまで期間や生理中は、特に眠くなりやすく、睡眠不足などを感じる女性も多いようです。
眠り自体が浅くて、睡眠時間をしっかり取っていてもボンヤリする、何度も夜中に目が覚めてしまうなど、やたらと眠くなる月経前症候群の症状は、健康にも悪影響を与えてしまいます。
「QOL(Quality Of Life)」を高めて快適な生活を送るには、精神が緊張して眠りの質が悪くなってしまうと、大きな問題が生じます。
特に、月経前症候群に陥ると、夜中に何度もおきてしまう、寝つきが悪くなる、などの症例が多く、身体の疲労感が抜けずに、次第に体力が落ちていってしまう、というケースもあるようです。
しっかりとした睡眠は、PMS対策にはとても重要で、睡眠に関する月経前症候群の症状が重い場合は、睡眠導入剤などの薬物治療も行う必要があります。
薬物治療の他にも、適度な運動や入浴も、睡眠不足には効果的です。
睡眠前に軽いストレッチをするのも、身体が疲れて寝付きを良くしてくれるので、おススメの方法です。
また、心も体もリラックス出来る入浴も、月経前症候群の改善には効果的で、湯船に月経前症候群に効くとされるエッセンシャルオイルを加えたり、好きな音楽を聴きながら入浴するのも、非常に有効です。
眠れないのを過剰に悩むのも、月経前症候群に陥ると神経が過敏になっていますので、避けてください。
質の良い睡眠が取れる環境を整えて、月経前症候群の改善を図るようにしましょう。

月経前症候群は、生理がある女性ならば、大多数の人に発症するもので、セロトニンなどの脳内物質の分泌減少や、ホルモンバランスの乱れ、生活習慣や食生活の乱れ、などといったことが原因と考えられていますが、はっきりとした原因は解明されていません。
月経前症候群を改善するには、婦人科やPMS外来などの専門医で検診・治療を受けたり、健康的で規則正しい生活を送るなど、それぞれ個人の体質に合った方法で、月経前症候群対策を行うことが重要です。
最近では、「ヨガ」が月経前症候群対策に有効な運動療法として、注目を集めているようです。
「ヨガ」は古代インド発祥の修行法で、自然と調和しながら呼吸や身体を動かし、心身の健康を保って、悟りへと導く方法です。
心身を美しくする効果があるとして、美容法としても「ヨガ」は非常に人気が高く、フィットネス運動としても評判が高いものです。
この「ヨガ」によって、身体を動かして腰やお腹周りに筋肉をつけたり、ホルモンのバランスを整えたりすることで、月経前症候群の体的症状である腰痛や肩こりを防止する、と言われています。
また、精神的な面でも、「ヨガ」はリラックスできるというメリットがあるので、イライラなどの月経前症候群の症状でお悩みの方は、一度試してみてはいかがでしょうか?
更に「ヨガ」には、生理不順や生理痛に有効な「太陽礼拝のポーズ」というものがあり、これを行うと骨盤が矯正されて、月経前症候群で腰痛が酷い方は、その症状が改善されるだけでなく、姿勢も良くなります。
是非、「ヨガ」を、月経前症候群の改善のために取り入れてみませんか?

月経前症候群の治療には、身体的な症状の緩和に役立つのはもちろんのこと、身体の緊張を取り除くリラックス効果も期待できるマッサージは、その効果も人気も高いようです。
月経前症候群になると、腰周りが重くなったり、下腹部に痛みを感じたりすることが多く、新陳代謝も低下して、足がむくんだり、冷え症が悪化したりするケースも目立ちます。
これらの症状は、マッサージで肌を刺激することによって緩和され、にきびなどの肌荒れなどにも、血行が促進されるので効果的です。
良い香りのアロマオイルなどを、マッサージの際に使用すると、癒しの効果が高まり、更にリラックス効果が上がります。
「クラリセージ」は、月経前症候群の代表的な症状である下腹部の痛みを取ると言われており、その他にも「ラベンダー」などのリラックス効果のあるアロマオイルを使って、ゆっくりとマッサージを行うと、非常に効果的です。
また、「ツボ押し」も、月経前症候群には有効とされています。
体内の「血」や「気」の巡りが、ツボを押すことによって良くなり、月経前症候群の症状緩和に役立つのです。
この「ツボ」には、ホルモンのバランスを整えてくれる神道(しんどう、顎を引いた状態で首の後ろの付け根にある骨から、5つ下の背骨にある)や、血流促進に効果的な血海(けっかい、膝の皿の内側上端から、指幅3本分上がった箇所)などが、月経前症候群の症状改善には向いています。
ただし、いくら月経前症候群に効くからといって、逆に力を入れすぎると、かえって身体に負担をかけます。
マッサージやツボ押しは、気持ちを落ち着かせて無理せず、体調と相談しながら行うようにしましょう。

月経前症候群の改善には、ある程度、運動をすると良いと言われます。
適度な運動は、肩こりや腰痛、下半身の違和感などの、身体的症状がある場合に効果的です。
月経前症候群に効く運動には、有酸素運動と言われるウォーキングやジョギングなどの他に、太極拳やヨガのような、ゆっくりとした動きが中心の運動などがあります。
出来るだけ毎日が、これらの運動を行うと効果的で、正しい姿勢を保つようにしながら、無理せずに行うように注意しましょう。
負担をかけるハードな動きは避けて、リラックスして行える軽い運動を、定期的に行うことが、大きなポイントです。
マッサージやストレッチを、運動の前後に取り入れると、より一層効果が高まるでしょう。
腰や肩が痛くなる、月経前症候群の症状の原因として、筋肉がその部分に不足しているためとも考えられているので、筋肉量を運動することでアップさせれば、腰痛や肩こりの予防になるのです。
また、月経前症候群の主な症状の1つであるむくみが、身体を動かすことによって、血行が促進し、代謝機能が向上するので、改善されていきます。
精神的な面でも運動は、月経前症候群の症状でイライラが溜まりやすい方にも効果的です。
適度な運動によって、汗を気持ちよくかけば、ストレス解消にもなり、心と身体の緊張がほぐれるはずです。
また、適度な運動を行うと、脳からエンドルフィンが分泌されて、血糖値が安定し、PMSの症状が抑えられると言われているので、エストロゲンの過剰分泌によって、上手く感情のコントロールが出来ない方にも、非常に有効な方法と言えるでしょう。
是非、適度な運動を、月経前症候群の対策として取り入れていきましょう。

月経前症候群は、婦人科などの診察を受けて薬物治療を行ったり、日常の生活面に注意を払うなど、正しい月経前症候群対策を行えば、その症状を軽減させることが出来ます。
精神的な面でも、月経前症候群の原因や症状について調べたりして、積極的に月経前症候群に取り組むだけでも、不快な気分や憂鬱な気持ちになることを防げるので、自分で出来る範囲で、まずは対策を練っていきましょう。
月経前症候群の症状改善には、規則正しい生活と適度な運動、十分な睡眠を取ることが、病院などできちんとした治療を受けると共に必要です。
冷え症の女性は、月経前症候群の症状が悪化すると言われているので、身体を冷やすような行為はタブーです。
例えば、ボディラインを強調する服装などが、流行に敏感な方の間では人気ですが、お腹や腰を冷やすような服装は、あまり良くありません。
そのような服装をする場合は、保温性の高いストールや靴下などを併用したりすると、月経前症候群の対策として万全です。
また、ビタミンのように新陳代謝を高める成分を多く含んだ食品を積極的に摂取したり、漢方薬を使用したりして、身体の中から病気になりにくいように、体質改善することも効果的です。
リラックスすることも、月経前症候群には大切と言われているので、癒し効果のある音楽を聴いたり、アロマオイルを湯船に入れたて入浴したりなど、緊張した気持ちをほぐすようにするのも有効です。
是非、これらの方法を試して、月経前症候群の症状改善に、取り込んでみてはいかがでしょうか?