スポンサードリンク


痛風の予防・対策法をまとめてみましょう

ここでは、痛風の予防・改善・対策法などをまとめてみましたので、参考にしてください。

1) 痛風は、年配者が発症する症状だと思っている人も多いようですが、実は働き盛りに多い症状です。男性に多く、30代で発症する事も珍しくありません。痛風予防には、自分の尿酸値を把握する事が大切なので、定期的に健康診断や人間ドックへ行くようにしましょう。

2) 過剰なストレス社会と言われる現代では、本来ならかかるはずのない若い女性にも、痛風患者が増えています。ストレス解消や規則正しい生活で、ホルモンのバランスを崩さないように注意しましょう。

3) 痛風発作が起きた場合は、すぐに病院へ行きましょう。放っておくと、合併症にかかる危険性も高くなりますので、我慢しないで病院へ行くことが一番の対処法です。

4) 痛風予防には、プリン体の摂取量を抑えることが大切です。肉や魚が多い食生活の人は、白米と野菜の割合を増やすようにしたり、牛乳や鶏卵などのプリン体を含まない食品を活用しましょう。また、アルコールは、プリン体の含有量に関係なく尿酸値を上昇させますので、できれば、飲酒の量は減らしたいものです。

5) 積極的にアルカリ性食品を食べるようにしましょう。アルカリ性食品は、強酸性の尿を弱酸性に戻す作用があります。ただ、大豆はアルカリ性食品ですが、プリン体の含有量も多いというバランスの悪さがあり、プリン体との兼ね合いを考えると結構、面倒かもしれません。ですので、プリン体に重点を置いた食事にして、「クエン酸」を飲む事でアルカリ性食品の代用にすると、水分摂取にもなるので良いでしょう。

6) 痛風予防・対策の大きなポイントは、『血液サラサラ成分の摂取』、『水分を充分に摂取する』、『身体を温める』の3つです。

このブログ記事について

このページは、kiyoが2010年7月 2日 02:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「痛風の治療は『両国東口クリニック』で」です。

次のブログ記事は「痛風対策を行う時の心構え」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.13