スポンサードリンク


痛風に良い“サプリメント”について

サプリメント(健康食品)の中にも、痛風に良いとされるものがあります。
ここでは、痛風に良いとされるサプリメント(健康食品)について、幾つか紹介してみましょう。

1) 「ビタミンE」
「ビタミンE」も、痛風に良いと言われています。「ビタミンE」も、血液をサラサラにする効果があり、アーモンドに多く含まれています。
継続的に「ビタミンE」を摂取するのなら、サプリメントを利用する方が良いでしょう。

2) 「ドコサヘキサエン酸(DHA)」と「エイコサペンタエン酸(EPA)」 
血液をサラサラにする成分として有名な、「ドコサヘキサエン酸(DHA)」と、これに似た成分の「エイコサペンタエン酸(EPA)」は、魚の油に含まれています。血液がサラサラになるということは、尿酸の結晶化も防ぐことができるので、痛風に良いとされます。
ですが、魚には尿酸の素となるプリン体が多く含まれているので、サプリメントから摂取することをお勧めします。

3) 「キトサン」
「キトサン」は、健康食品素材の中で、高尿酸血症に対する効果が確認されたもので、血中尿酸濃度を低下させる作用があります。
「プリン体消化吸収調節剤」として、特許申請が出されました。

4) 「ドクダミ茶」
「ドクダミ茶」は、痛風を含む生活習慣病の人たちには、特にお勧めしたいお茶です。
「ドクダミ茶」には、本来の健康体に戻すために、体内の毒素を排出するという特徴があり、痛風や生活習慣病に良いお茶として、紹介されることが多いものです。

5) 「クエン酸」
「クエン酸」は、痛風に良いサプリメントとしては、最も知られているものです。
痛風の治療薬の主成分にも含まれる成分ですから、効果も期待できるでしょう。
非常に酸っぱいので、水に溶かして薄めのクエン酸水にして飲むのが良いでしょう。味は、香りのないレモン水といったところです。
あまり濃い状態で飲むと胃が痛んだり口内炎ができることもあります。薄めにして飲んでも問題があるならば、しばらく飲むのを中止して様子をみましょう。

ですが、サプリメントを摂るだけでは、痛風の予防・改善はできません。食生活や生活習慣に注意することが大切です。

このブログ記事について

このページは、kiyoが2010年6月12日 13:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「痛風と「クエン酸」の効果」です。

次のブログ記事は「痛風と『キャッツクロー』の関係」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.13