スポンサードリンク


痛風の発症や悪化に深く関係するのは、プリン体の多く含まれる食品を、過剰に摂取することでしょう。

プリン体は細胞の中に存在するものなので、私達が普段食べている、殆どの食品にプリン体が含まれています。
食品としてのプリン体は、旨みとして伝わるため、つい、食べ過ぎてしまいますね。

でも、痛風を気にしているのならば、“肉類”と“魚介類”の取り過ぎには、注意しましょう。
意外なことに、全体的なプリン体の量は、“肉類”よりも“魚介類”の方が多いと言われています。
ですが、“肉類”でも『レバー』など、“魚介類”よりもはるかに多く、プリン体を含んでいる部位もあります。
ですから、“肉類”や“魚介類”といった動物性脂肪の摂取量を減らすようにすると良いでしょう。
減らした分は、「野菜」や「ご飯」などを多くするようにすれば、満腹感も得られます。

また、穀類の中では、『大豆』が圧倒的にプリン体を含んでいます。
ですが、『白米』や『パン』のように、『大豆』を主食にすることは少ないので、気にすることもないでしょう。

他には、痛風の人は飲酒は良くないと言われます。お酒の飲みすぎは、痛風に限らず身体には良くありません。
特に『ビール』には、プリン体が多く含まれるため、飲んではいけないと言われます。

ですが、食事に関しては、厳しく制限してしまうと、それがストレスとなってしまいます。
プリン体や尿酸値の数字に、必要以上に神経質になる必要はありませんが、無理のない範囲で、痛風対策として食事習慣に気を配るようにしましょう。

さて、痛風に関しての情報を、様々な角度から紹介してきましたが、理解していただけたでしょうか。

痛風の予防・改善・対策・・・これら全てを実践することは、実際には不可能なことでしょう。
ですが、ここまで紹介した中から、“これならできそう!”と思うものを、いくつか見つけてもらい、痛風予防・改善に役立てていただければ良いと思います。
周りが何を言っても、必要なのは「やる気」です。自分次第でどうにかなるのは、「やる気」なのです。
是非「やる気」を出して、痛風対策に励んでいただきたいと思います。

私達に与えられた「環境」や「時間」、「経済力」は人それぞれ違いますが、時間がなくても、お金がなくても実行できる“痛風対策法”もいくつか紹介しましたから、自分に合うものを選んでください。

痛風を始めとする生活習慣病などに対して、「何もしないで諦める」のは、得策とは思えません。
何も症状がでていなくても、ジワジワと症状は進行しているかもしれないのです。
ですから、最低でも、定期健診は受けるようにしましょう。

こういった話をすると多くの人が、「時間がない」とか「仕事が許してくれない」とか「お金がない」と、言われます。
それも、現実であることは確かでしょう。
ですが、不規則な生活が当り前という時代となっている現代だからこそ、もう一度自分の生活を振り返って、少しでも不規則な生活から抜け出す努力が必要なのではないでしょうか。

不規則な生活は、痛風だけでなく、あらゆる病気の原因となります。
何も対策を取らないということは、現状を維持することもできません。今後の痛風対策のためにも、現状を維持するために対策を取っていただければ、嬉しく思います。

ここでは、痛風の予防・改善・対策法などをまとめてみましたので、参考にしてください。

1) 痛風は、年配者が発症する症状だと思っている人も多いようですが、実は働き盛りに多い症状です。男性に多く、30代で発症する事も珍しくありません。痛風予防には、自分の尿酸値を把握する事が大切なので、定期的に健康診断や人間ドックへ行くようにしましょう。

2) 過剰なストレス社会と言われる現代では、本来ならかかるはずのない若い女性にも、痛風患者が増えています。ストレス解消や規則正しい生活で、ホルモンのバランスを崩さないように注意しましょう。

3) 痛風発作が起きた場合は、すぐに病院へ行きましょう。放っておくと、合併症にかかる危険性も高くなりますので、我慢しないで病院へ行くことが一番の対処法です。

4) 痛風予防には、プリン体の摂取量を抑えることが大切です。肉や魚が多い食生活の人は、白米と野菜の割合を増やすようにしたり、牛乳や鶏卵などのプリン体を含まない食品を活用しましょう。また、アルコールは、プリン体の含有量に関係なく尿酸値を上昇させますので、できれば、飲酒の量は減らしたいものです。

5) 積極的にアルカリ性食品を食べるようにしましょう。アルカリ性食品は、強酸性の尿を弱酸性に戻す作用があります。ただ、大豆はアルカリ性食品ですが、プリン体の含有量も多いというバランスの悪さがあり、プリン体との兼ね合いを考えると結構、面倒かもしれません。ですので、プリン体に重点を置いた食事にして、「クエン酸」を飲む事でアルカリ性食品の代用にすると、水分摂取にもなるので良いでしょう。

6) 痛風予防・対策の大きなポイントは、『血液サラサラ成分の摂取』、『水分を充分に摂取する』、『身体を温める』の3つです。

「両国東口クリニック」の診療科目は、「内科・腎臓科・リウマチ科・糖尿病・人工透析」です。
「両国東口クリニック」は、クリニック名にもあるように、両国国技館のある東京都墨田区両国にあります。

「両国東口クリニック」では、専門分野の1つとして痛風治療も取扱っています。
クリニックのホームページでは、痛風についての専門的な情報や“コラム”、痛風患者さんの質問に答える“Q&A” など、役に立つ内容が満載です。特に、食事療法に関しては、食事のメニュー画像が掲載されているので、改善するべき食生活のイメージを、掴むことができるでしょう。他にも「食品に含有するプリン体の量」や「治療で使用される薬のについて」、「痛風や高尿酸血症の人の、食事療法の方法と注意点」、「痛風治療のうそ?ホント!」など、詳しく、わかりやすく説明されています。

“痛風について、なんとなく知っていたけど、もっと詳しく知りたい!”と言う人にはお勧めです。

また、各種 健康診断(健診)も実施していますし、尿酸値の測定や、痛風に関する「講演会」も実施していて、電話かメールで申し込むことができます。
「両国東口クリニック」には、「人工透析」の設備も完備されていますから、興味があり、来院が可能な人は、公式サイトにて、詳細を確認してみてはいかがでしょう。インターネットでの予約もできます。
また、メールでの相談も受け付けていて、「両国東口クリニック」の中の痛風の専門医が相談にのってくれますので、痛風についての質問があれば利用してみるのも良いでしょう。

痛風の治療薬は、「尿酸の産生抑制する作用」と「尿酸の排泄促進する作用」の、2つの作用の薬を、症状や尿酸の状態に合わせて使い分けます。
ここでは、痛風の薬物治療で使用される薬を、幾つか紹介します。自分の状態や処方薬の参考にしてみてください。

1) 『アロプリノール(ザイロリック)』
尿酸の産生を抑える痛風の薬で、高尿酸血症を伴う高血圧症にも用いられます。体内にて尿酸が作られやすい体質の人に良いと言われていて、尿酸結石のある痛風患者や腎機能が低下している痛風の場合に使われます。

2) 『ベンズブロマロン(ユリノーム)』
特に、尿酸を排出する能力が低下している人に役立つ治療薬で、尿中に尿酸を排出させる事で、尿酸値を下げる痛風治療薬です。
尿中の尿酸が増えるため、尿路結石の既往歴のある人や腎機能が低下している患者、肝障害のある患者には、使ってはいけないとされています。

3) 『プロベネシド(ベネシッド)』
ベンズブロマロンと同じ尿酸の排泄促進型の痛風薬で、尿酸が腎臓に再吸収されるのを防ぎます。
最近は余り使用されていない薬です。

4) 『ロキソプロフェンナトリウム(ロキソニン)』
炎症の痛みを軽減する為の、消炎・鎮痛剤です。痛風だけでなく、関節炎に良く使用されている薬です。

5) 『ウラリット』
主成分に「クエン酸」が含まれていて、強酸性になった尿を弱酸性に改善してくれる薬です。痛風の場合、他の薬と組み合わせて使用される事が多いです。尿酸結石の予防で使用されるケースも多い薬です。

以上が、痛風でよく使われる薬です。中には通販にて購入可能な薬もありますが、自己判断での内服は危険です。病院での治療においても、その人の症状や状態によって、使用する薬や用量を変えることがありますから、病院で処方を受ける事が望ましいです。

痛風にかからないようにするために、ストレスを解消したり、肥満解消のためにダイエットをしたり、食生活に気を付けるなど、予防の方法は、いくつかあります。ですが、痛風にかかったしまったら、痛風の治療法には、どのようなものがあるのでしょう。

痛風の治療は、「薬物治療」と「食事治療」の2つが基本となって、治療を進めていくことになります。

1) 痛風発作の時の急性関節炎の「薬物治療」には、非ステロイド剤を使い分けます。これは、痛みがなくなれば使用しなくなります。

2) 高尿酸血症や痛風に対する「薬物治療」は、尿酸値を下げる治療になるので、一生涯続ける必要があります。
医師の判断により、プリン体の生成を抑制する薬(尿酸酸性抑制薬)と、プリン体の体外排出をスムーズにする薬(尿酸排泄促進薬)のどちらかが、尿検査の結果に合わせて処方されます。

3) 「食事治療」では、「控えるべき食品」や「尿酸値を上げない食事メニュー」といったものが、医師から提案されます。
ですが、ここで出される献立などは、肉や魚が少ない“菜食メニュー”が中心となるため、「病人の食事」をイメージしてしまうような、彩りや見た目であることは、仕方がないことでしょう。ですが、できる限り医師の提案にしたがって食生活を送るようにします。
また、水分を多くとることも大切です。

4) 「尿路管理」をします。
尿酸を、排泄するために「ウラリット」や「クエン酸」などを必要に応じて使い、1日の尿量が2,000cc になるようにしていきます。

痛風は、同じ尿関係の病気である糖尿病と共通する点が多く、症状が進行すると腎臓病になり、“人工透析”が必要になるなど、治療法においても共通する点が多くあります。
また、一般的に痛風の治療は、薬物治療をメインに治療を進めながら、自分の可能な範囲で食事治療も行なうというのが、多いようです。

痛風に『キャッツクロー』と呼ばれるハーブ(健康植物)が良いとされているのを、ご存知でしょうか。

『キャッツクロー』は、南米ペルーのジャングルに自生している植物で、全長25mにもなる巨大で、毛むくじゃらなツル性の植物です。
葉の根元に「猫の爪」に似ているトゲが生えている事から、この名が付いたと言われています。

『キャッツクロー』の最大の特徴は、6種類もの薬効成分(アルカロイド)が含まれていることでしょう。
薬効を持つハーブは数多くありますが、普通はごく限られた分野に対して効果しかないため、漢方薬のようにいくつかを組み合わせて使います。ですから、『キャッツクロー』のように、1種類のハーブが、いくつもの薬効成分を持っているというのは、とても珍しいことなのです。その上、“副作用の無いハーブ”として、1994年にWHO(世界保健機関)から、認定されています。

では、『キャッツクロー』が、痛風にも良いと言われるのは、どういったことからでしょう。
現在、『キャッツクロー』の効能はリウマチ・痛風・血圧の低減などで、世界的に利用されています。
ですが、いくつもの薬効成分を含むハーブですから、原産地であるペルーでは、地域や部族によっても利用される効能は様々です。
ヨーロッパでは「抗炎症作用」、「免疫力を高める」などの効果が望める医薬品として販売されています。
また、ガンにも効果があるとも言われています。

日本では、『キャッツクロー』の持つ、免疫力を高め、炎症を抑えるという作用が、痛風になりにくい身体づくりと、痛風が現れた時の痛み軽減に役立つ健康食品(サプリメント)として扱っています。

『キャッツクロー』は、「キャッツクロー茶」として、普段飲んでいるお茶と同じように飲むというのが良いでしょう。
購入は、インターネットが便利です。キャッツクロー茶 24袋入り(製造:黒姫和漢薬研究所) 通常価格は税込2,625円ですが、大体1,500円前後で販売されていることが多いようです。また、カプセルのものも販売されていますので、自分の使いやすい方でご利用ください。

サプリメント(健康食品)の中にも、痛風に良いとされるものがあります。
ここでは、痛風に良いとされるサプリメント(健康食品)について、幾つか紹介してみましょう。

1) 「ビタミンE」
「ビタミンE」も、痛風に良いと言われています。「ビタミンE」も、血液をサラサラにする効果があり、アーモンドに多く含まれています。
継続的に「ビタミンE」を摂取するのなら、サプリメントを利用する方が良いでしょう。

2) 「ドコサヘキサエン酸(DHA)」と「エイコサペンタエン酸(EPA)」 
血液をサラサラにする成分として有名な、「ドコサヘキサエン酸(DHA)」と、これに似た成分の「エイコサペンタエン酸(EPA)」は、魚の油に含まれています。血液がサラサラになるということは、尿酸の結晶化も防ぐことができるので、痛風に良いとされます。
ですが、魚には尿酸の素となるプリン体が多く含まれているので、サプリメントから摂取することをお勧めします。

3) 「キトサン」
「キトサン」は、健康食品素材の中で、高尿酸血症に対する効果が確認されたもので、血中尿酸濃度を低下させる作用があります。
「プリン体消化吸収調節剤」として、特許申請が出されました。

4) 「ドクダミ茶」
「ドクダミ茶」は、痛風を含む生活習慣病の人たちには、特にお勧めしたいお茶です。
「ドクダミ茶」には、本来の健康体に戻すために、体内の毒素を排出するという特徴があり、痛風や生活習慣病に良いお茶として、紹介されることが多いものです。

5) 「クエン酸」
「クエン酸」は、痛風に良いサプリメントとしては、最も知られているものです。
痛風の治療薬の主成分にも含まれる成分ですから、効果も期待できるでしょう。
非常に酸っぱいので、水に溶かして薄めのクエン酸水にして飲むのが良いでしょう。味は、香りのないレモン水といったところです。
あまり濃い状態で飲むと胃が痛んだり口内炎ができることもあります。薄めにして飲んでも問題があるならば、しばらく飲むのを中止して様子をみましょう。

ですが、サプリメントを摂るだけでは、痛風の予防・改善はできません。食生活や生活習慣に注意することが大切です。

医薬品ではありませんが、痛風には「クエン酸」が良いと言われています。

レモンや梅干しを食べると“酸っぱい”と感じる、あの酸味成分が「クエン酸」です。
「クエン酸」は、“酸”と付いていますが、実はアルカリ性成分で酸性成分と一緒になると、中和するという性質があります。
その性質を利用して、排水口のヌメリ解消や、電気ポットの洗浄に使用されています。
「クエン酸」は、人体にも非常に役立つ成分で、害もありません。

そして、「クエン酸」の中和という性質は、痛風の人にもとても喜ばしい性質であることは間違いないのです。
実際に痛風・高尿酸血症の治療薬として使われている『ウラリット』は、「クエン酸カリウム」と「クエン酸ナトリウム」が、主成分に含まれていて、強い酸性尿を改善し、弱酸性尿にするというお薬です。

痛風は、体内の尿酸が飽和状態になって溶けにくくなり、結晶化することで起こります。尿酸は弱酸性の尿であれば溶けて体外に排出されやすくなるのですが、痛風の時の尿は強酸性状態にあることが多く、尿酸が溶けにくい状態にあります。
その、強酸性の尿をアルカリ性のクエン酸が、中和し弱酸性に変えることで、尿酸が溶けやすくなり、体外に排出されやすくなるというのです。尿酸が体外に出て行けば尿酸値も下がりますから、痛風の予防・改善・解消に役に立つと考えられるのです。

ですから、「クエン酸」は、痛風にも良いと言われているのですが、医薬品でないため、痛風に対する効果を断言することはできません。それに、『ウラリット』と比べたら、通常の「クエン酸」の方が効果としては劣るでしょう。
ですが、「クエン酸」は、身体に害を及ぼすものではありませんし、体内を弱酸性に保つためには、飲んだ方が良いのは確かですから、痛風を予防・改善したいと考える人は、試してみてはいかがでしょう。

「クエン酸」は、ドラッグストアで購入できます。5g のクエン酸を、1 リットルのペットボトルに溶かして「クエン酸水」を作ります。
味は“香りのないレモン水”といったところでしょうか。それを、水の代わりに飲むだけです。
日本薬局方のクエン酸 500g が有名です。純度 99.5% 以上で、価格は 1,500 円以下です。

痛風予防には水分摂取も大切ですから、「クエン酸水」なら、尿酸排泄と水分補給が同時にできますね。

“痛風”を発症している人は、“肥満”であることが少なくありません。
事実、痛風患者の2人に1人は、肥満だと言われています。ですから、痛風を予防・改善するためにも、『ダイエット』は必要になります。

では、なぜ、痛風の人に肥満が多いのでしょう。
肥満の人の多くは、栄養価の高い食品を好む傾向があり、運動嫌いだったりします。
栄養価の高い食品というのは、ほとんどが、プリン体の含有量も多く、尿酸値も上がりやすくなるのです。
ですから、“肥満と痛風を一緒に引き起こしている”ことが、多いと言うわけです。

特に気を付けなければいけないのが、肥満である上に尿酸値も高い場合です。
この場合は、できるだけ早く『ダイエット』に取り組み、体重を落す努力をしましょう。尿酸値が高くなくても肥満であるならば、やはり、『ダイエット』で体重を落した方が、身体のためには良いでしょう。

ここで、説明する『ダイエット方法』は、『キャベツ ダイエット』です。キャベツのカロリーは、50~60 kcal と低く、消化も良く、体重増加の心配がありません。また、プリン体の含有量も低く、アルカリ性の食品であるため、痛風の原因である「尿酸」を下げるという、嬉しい効果があります。痛風の人のダイエットの基本は『食事のコントロール』ですから、『キャベツ ダイエット』は、ピッタリではないでしょうか。
『キャベツ ダイエット』は、夕食に行うのが良いでしょう。夕食後は寝るだけという人も多いので、最もカロリーを減らすことが望ましい食事です。夕食時、まず先にキャベツを食べます。200~250g のキャベツをザク切りにして、生のまま、良く噛んで食べましょう。
何か味付けが欲しい時は、ノンオイルのドレッシングなどをかけましょう。すると、満腹感がでるので他の物を食べ過ぎないで済みます。

夕食以外の朝食と昼食は、特に変えることなくいつもと同じように食べてかまいません。キャベツダイエットのやり方は、これだけです。
簡単な上に、ダイエットにつきものの“ストレスも少ない”方法ですので、肥満と痛風の予防・改善のために役立ててみて下さい。