スポンサードリンク



二重まぶたを作る手術で埋没法というものがあります。全切開法と比べ、手術の所要時間も20分弱と短く、自分の思い通りの二重まぶたにならなかった場合でも、もう一度手術することができます。
どのように二重まぶたを作るかというと、針と糸を使ってまぶたの皮膚を筋肉、軟骨に留めることで維持します。この糸は自然とまぶたに吸収されるものなので、糸がまぶたに付着して取れなくなる恐れがありません。初めて二重形成手術を行う人にお勧めします。
埋没法にも2種類あり、二重まぶたを作るために使う糸が1本なのか複数の糸なのかにより異なります。1本だけで留めると、複数で留めるより作った二重まぶたが元に戻りやすいでしょう。しかし、まぶたへの負担が少ないので、再手術がしやすいのが利点です。たとえ複数の糸で固定したとしても、いずれは二重のラインが消えてしまいますが、一本で留めるより持続性があります。
メスを入れずに二重まぶたを作ることができるので、全切開法より手軽さがあり手術を受ける人が増えています。しかし、針と糸を使うので手術後の跡が残ってしまいます。二重のラインをキープしていないと傷跡が見えてしまうので、十分に注意しましょう。


美容形成外科で行う二重まぶたを作る手術には3つの方法があります。全切開法、埋没法、マイクロカット法です。まぶたの厚さや皮膚の量によって自分にあった方法を選ぶことができます。
まぶたが薄く、アイプチなどで簡単に二重のラインができる人には埋没法をお勧めします。メスを入れることなくまぶたを織り込み針と糸で二重の状態を維持します。
まぶたが厚く埋没法では二重を維持できないという人には、まぶたの余分な脂肪を取り除いてから埋没法と同じように二重を作るマイクロカット法がいいでしょう。
一生二重まぶたをキープしたいという人は全切開法でまぶたを切開し、二重まぶたを作ることができます。しかし手術後に自分の思い通りの二重まぶたにならなかったとしても、再手術は難易度が高いものとなってしまいます。手術前に自分がどのような二重まぶたにしたいのかなどを、十分に医師と相談してから行いましょう。さらに全切開法の手術後にまぶたの腫れや赤みがでますが、3ヶ月から6ヶ月程度で治ります。
各病院で異なりますが、埋没法は手術を受けたその日に、マイクロカット法は3、4日、全切開法ですと抜糸後すぐに顔を洗ったり、お化粧することもできます。


二重まぶたを作る方法として、一つはアイプチなどの化粧品などで一時的に二重のラインを作る方法と、整形外科で手術をしてまぶたの構造を変えることで、二重のラインを作る方法があります。
アイプチや埋没法で二重まぶたを作ることは可能ですが、効果が一時的なので、切開の手術に抵抗がある人や、まぶたの厚みがあまりない人にお勧めです。
また、二重まぶたを永久的に手に入れたい人や、まぶたが厚くアイプチなどでは効果がでにくい人には、まぶたを切開し余分な皮膚や脂肪を取り、二重のラインを入れる全切開法が効果的です。
最近注目を集めているのは、永久的までとはいかなくとも持続性があり、なおかつアイプチなどより効果のあるマイクロカットや、マッサージ、矯正器によって二重まぶたを作るという方法です。マイクロカットは余分な脂肪を取り除くことができ、マッサージや強制器では、脂肪を燃焼させることでまぶたの厚みが少なくなり、二重ができるという仕組みです。手術するよりも手軽なところが魅力です。
まぶたの厚さ、効果、持続性、コストなど方法によって様々ですので、自分に合った方法を見つけることができるでしょう。ぜひ理想の二重まぶたを手に入れてください。


「アイホーン」という言葉を耳にしたことはあるでしょうか。これは整形手術を行うことなく二重まぶたを作ってしまう優れものです。さらに所要時間は1分も掛からないというお手軽さが魅力です。
アイホーンは、アイスタビライザー、ダブルライナー、スカーレッド、アイフレッシュナーと呼ばれる4つの器具や美容液のことで、それぞれ二重を作る矯正器、形を整える修正器、形成液、さらに余分な形成液を除去する役割を果たしています。
アイスタビライザーはまぶたの筋肉を固定し二重まぶたを形成してくれるので、効果が長持ちです。また、二重の織り込み部分が深くできるような形なので、きれいなラインの二重まぶたを形成することができます。
まぶたの厚みがあるとなかなかきれいなラインを作ることができません。一時的には二重まぶたになっても、すぐに戻ってしまいがちです。この形成液のスカーレッドにはアルギン酸、カフェインが含まれていて、これらはまぶたの脂肪の燃焼を促進させます。
個人差はありますが、アイホーンを使用して約1ヶ月から2ヶ月でまぶたに癖を付けることができます。まぶたの筋肉を二重の形に固定し、さらに脂肪を減らすことで、きれいな二重まぶたを手に入れることができるでしょう。


全切開法という二重まぶた形成のための手術があります。この方法で手術を行うと今までまぶたが厚くてアイプチでは二重を作れなかったという人でも、きれいな二重まぶたを一生自分のものにできます。
通常の全切開法による手術では、まぶたにメスをいれ、二重まぶたを作ったときに必要のない皮膚や脂肪を取り除き二重を形成します。所要時間は30分から1時間程度です。さらに抜糸が必要なので、約5日後に再度病院に行く必要があります。
一生ものの二重まぶたを手に入れることができる全切開法ですが、手術後に自分が思っていた形と違うと思っても、再度手術をすることは可能ですが、とても難しいものとなってしまいます。それを避けるために、手術前にアイプチなどで自分の好みの二重まぶたを作り、その形の通り手術を行うことも可能です。
まぶたにメスをいれるということは、手術後のまぶたは傷口の状態です。約3ヶ月から6ヶ月の間はまぶたの腫れや赤みがみられるでしょう。腫れは3ヶ月程度で退いてきますが、完全に腫れや赤みが消えるまで、まぶたの腫れた部分を冷やしたり、病院からもらった薬を飲むなどして、手術後のケアをしっかり行いましょう。


最近では二重まぶたになるための便利な方法が沢山あります。どの店舗にも二重まぶたを作るお手頃な商品があり、メイクや化粧品、矯正器具はもちろん、道具のいらないマッサージで二重まぶたが手に入るのです。
自力で二重まぶたをつくる際には、整形外科のように持続する事が困難で労力や時間もかかります。とはいえ、高額な料金がかからず気軽に挑戦できることが魅力でもあります。その中でも、まぶたに一番負担がかからない方法がメイクで二重まぶたを作る方法です。
メイク方法も色々と進化しているので、ネットや化粧品販売員の方に聞くのもいいかもしれません。
メイクで二重まぶたを作る場合は、ペンシルでまぶたのラインを書く方法をとります。お化粧する時間はかかりますが安心さは一番でしょう。
アイプチも手軽に利用できるアイテムとして、雑貨屋さんでも見かけます。アイプチは接着剤なので、まぶたに刺激を与えてしまいます。長期的の使用は控えた方がいいでしょう。
アイプチやメイクでは物足りないという方は、マッサージや矯正器アイホーンがあります。マッサージの場合は長期的に行わないと効果がありませんが、知識さえあれば自宅で気軽に挑戦できるので金銭的にも安心です。
まずは毎日続ける事を心がけましょう。マッサージのようにすぐに結果が出ないものに納得がいかない方は、アイホーンの利用をお薦めします。


二重まぶたに憧れる女性も、メイクひとつで二重が作れます。道具はペンシルとリキッドのアイライナーです。これを使えば二重まぶたが作れます。美容整形の様に費用もかからないので道具さえあればすぐに挑戦できるのが有難いです。
ペンシルだけで二重まぶたを作る方法とリキッドライナーとペンシル両方で作る方法です。同じ系統色で薄い色と濃い色のペンシルを1本づつ用意します。コットンやティッシュでまぶたの皮脂・汚れを取ります。
綺麗になったら濃い目のペンシルで上下まぶたの睫毛部分とまぶた境目を目頭から目尻方面になぞっていきます。二重まぶたのラインを作りたい部分にペンシルでラインを書きます。最後にまぶたに引いたラインの間を薄めのペンシルで塗っていきます。
ペンシル2本で簡単に作れます。次に二重まぶたをリキッドライナーとペンシルで作る場合があります。リキッドライナーと濃い目のペンシルを選びます。
リキッドタイプは初めは使いにくく真っ直ぐ線が引けない場合がありますが、慣れれば綺麗な線が書けるでしょう。使いこなせば他のメイクでも大活躍するアイテムです。
まずは先ほどと同じ様にまぶたの汚れをふき取ります。リキッドライナーで二重まぶたのラインを書きます。濃い目のペンシルで二重まぶたのラインを塗りつぶし、二重まぶたメイクの出来上がりです。


二重まぶたに憧れていても、顔を傷つけたくはないしお金もかけたくない、という方も多いでしょう。実は、マッサージをするだけで二重まぶたを作る事ができるのです。
マッサージだけであれば、高額なお金が発生しないのが嬉しいところです。二重まぶたのマッサージは簡単ですが、根気よく続ける事は重要です。まず、まぶたの余計な脂肪をなくし、二重まぶたを作っていきます。
このマッサージを行う際には肌を強くこすり過ぎないためにマッサージクリームをつけましょう。クリームをつける事でマッサージの効果が上がりますので、つけない時よりも効果が倍増します。
血行を促し無駄な脂肪を燃焼させます。マッサージの方法ですが、まず目の運動からはじめます。目を大きく開けたあとに目をギュッと瞑ります。
眼球だけを上、下、左、右、斜め全方向に動かし最後は眼球で円を描くように左→上→右→下と回します。この眼球の運動でまぶたの内側に刺激を与え血液の流れをよくするので目の表情がイキイキとしてきます。
次は、まぶたにマッサージクリームを塗り、指の腹で優しくまぶたをマッサージします。目頭から目尻の方に指で軽く移動し、目尻まできたら目頭から目尻へ再びマッサージします。
お風呂上りにのマッサージが一番効果があります。マッサージはすぐに二重まぶたを作ってくれるものではありません。根気よく続ける事で結果が出てくるものなのです。


毎日アイプチやメイクで二重まぶたを作るのが面倒だと感じる方も多いでしょう。整形外科で二重まぶたにして綺麗になりたいと思う方へマイクロカット法はいかがでしょうか。従来の埋没法とは皮膚を切らずに医療用の糸をまぶたの内側と筋肉を結びつけ、二重まぶたにするものです。手術時間も比較的短くやり直しができる術法ですが、まぶたの脂肪が多い方は埋没法で作った二重が長持ちしない可能性があります。そこでマイクロカット法をお薦めします。
マイクロカット法とは脱脂法と埋没法を組み込んだ二重まぶたの手術方法のことをいいます。脱脂法とはまぶたを役数mm切開した後に脂肪を取り除く方法です。マイクロカット法ではメスを使いません。
まぶたを切開せずに1mm程の針穴で脂肪を除去します。更に脂肪を取り除いて埋没法でまぶたを作ります。埋没法と脱脂法の組み合わせであれば糸がまぶたに入りやすいので二重まぶたのラインが残りやすいのです。
マイクロカット法は一般的にまぶたが腫れぼったい人に向いていると思われるのですが、個人差がありますのでまずは自分に適しているのか医師に相談してみましょう。万が一脂肪を取りすぎてしまうような結果になると二重がでこばこになってしまう恐れもあります。
高度な技術が必要な方法ですので信頼できる診断能力がある整形外科を探し、カウンセリングを十分に行う事が重要です。


アイプチは二重まぶたを作る道具として女子高生や多くの女性に愛用されています。薬局やドラッグストア、雑貨店などで手ごろな価格で購入する事ができます。手軽に二重まぶたを作りたい方にはお薦めアイテムです。
使い方はアイプチを利用する前にコットンやティッシュでまぶたの皮脂落とします。二重にしたいまぶたのラインを決めたら、ラインの間にアイプチを塗って乾くのを待ちましょう。3回程繰り返せば次第に二重まぶたになってきます。
アイプチを塗った部分に爪楊枝で二重まぶたの溝をつくれば、憧れの二重まぶたが完成します。重要なポイントはアイプチを数回に分けて塗ることです。アイプチは接着剤のようなものなので刺激があります。
睫毛についたり、目に入ってしまうと危険ですので塗りすぎには注意しましょう。アイプチで二重まぶたを作った後は、そのままのせずお化粧をして肌に負担がかりにくくしましょう。まぶたにアイシャドウを塗れば二重も引き立ちます。
二重まぶたを作りたい方にとってアイプチは手軽に二重まぶたが作れる優秀な道具ですが長い時間塗ったままの状態や過剰に塗りすぎてしまえば皮膚に過度の負担を与えてしまいますので注意が必要です。
しかし「美容整形外科の手術で二重まぶたを作ることが怖い」と感じる二重まぶたに憧れを持つ女性にとっては最適なアイテムかもしれません。