スポンサードリンク


冷え性は子供にも

冷え性は大人の女性の病というイメージがありますが、実際には、年齢や性別に関係なく誰でも冷え性になる可能性があります。
しかし、さすがに珍しかった子供の冷え性が、最近になって目立つようになってきました。体温が平均的な体温である36.5℃より低い子供、35℃台の子供も増えて来ました。

冷え性は水分や甘い物の摂り過ぎ、運動不足などからも起こりますが、現代の生活には、体を冷やす飲料水や甘いお菓子が溢れ、そのうえ慢性的な運動不足の子供もたくさんいます。子供でも冷え性になりやすい環境が整っているといえるでしょう。

乳児は手足をラジエーターのように冷たくして、体の熱を逃がさないように調節する機能が働くとされ、赤ちゃんのころには冷えをそれほど心配する必要はありません。
しかし幼児になると、冷えのせいで、寒がったりする症状も出るようです。
体温の高いはずの子供が冷え性だなんて、お母さんとしてはちょっと心配ですね。大人になったら重い冷え性になってしまうのでは?とか、風邪を引きやすい弱い子供になってしまうのでは?とか。

でも大丈夫。しょうがやハチミツの入った温かい飲み物や、体を温めるお食事、お風呂、寝る時に暖かくすること、普段の服装にも気をつけるなどして、何かにつけぽかぽかに暖めて、愛情を込めて冷え性のケアをしてあげましょう。