スポンサードリンク


冷え性って何だろう?

冷え性。日常生活ではしょっちゅう使われる、おなじみの言葉です。でも「冷え性」とは何か、医学的にはどんな状態を指すのかといわれると、これはちょっと答えに困ってしまいますね。
冷え性は昔から女性に多い症状ですが、実は「冷え性」という病名はありません。
冷え性を医学用語であらわすと「抹消血管における血行障害」です。つまり簡単に言えば冷え性は「血行不良」の代名詞。血行障害、血行不良からくる身体の「冷え」とそれに伴う症状をいうようです。
気温が低いわけでもないのに手足の先がなかなか温まらない、お腹や腰がいつも冷たいなど、冷え性のつらい症状で、うんざりしている方もたくさんいるにちがいありません。

体の冷えが起こる原因はたくさんあり、血行が悪くなりやすい体質、自律神経失調症、ホルモンバランスの乱れ、体を冷やす食品の食べ過ぎなど、さまざまな要因が複合的に絡んでいるようです。
また、冷え性は個々のケースによって症状の違いも大きく、現代医学ではひとつの病気としてくくるのは難しいようです

しかし、冷え性は東洋医学ではとても重視される要素で、治療方針の選択や漢方薬の処方などにおいてもしかり、常に冷え性を考量に入れた治療が進められます。
特に東洋医学は慢性化した冷え性の治療には適しているとされますが、現代医学にも東洋医学にもそれぞれに長短がありますから、自分にしっくり合うやりかたで冷え性対策を取るのが一番でしょう。

風邪や冷え性といった「冷え」がもたらす症状は、古くから「万病の元」とされてきました。
自分の冷え性はどんな原因から起こっているかを知り、冷え性からさまざまな病気が生じる前に、早めに改善することが、健康を保つための最も大切なポイントです。