スポンサードリンク


冷え性と運動の効果

冷え性は体質的なものに起因するとも考えられますが、実は現代の病理とも言える「運動不足」によって引き起こされている可能性も高いのです。実際、冷え性を訴える人は年を追うごとに増加する傾向にあります。体の冷えが気になる人が増えたのは、交通機関の発達で歩く機会が減ったことに加えて、野外のスポーツなどより室内でゲームなどを楽しむ人たちが増えてきたことと無関係ではないと思われます。

▲運動不足は低体温を招く
人は運動すると体温が上がります。体の熱の約40パーセントが筋肉の動きによって発生します。運動不足だと筋肉もあまり動きませんから、体温が低めの状態、低体温に陥りやすくなります。

▲運動不足は血行の低下を招く
心臓が血液を全身に送るポンプの働きは運動をすることによって強く保たれますが、運動不足によってこのポンプの力が弱まることで、血行が悪くなり、冷え性にもなっている場合があります。
適度な運動を続けることで血行が良くなれば、冷え性も改善される可能性があります。

▲足の運動の大切さ
冷え性の改善のために運動を取り入れる場合には、特に足を動かす運動が効果的とされています。
というのも、心臓から最も離れ、最も低い位置にある足には、筋肉でポンプのように血流を促して心臓の働きを補助する働きがあり、「足は第二の心臓」とも言われているからです。この働きを生かして血行を促進するには、足の上げ下ろし運動が最も効果的です。
運動をするための時間的余裕がないという方は、立ったままでかかとを上げたり下ろしたりする、いすに座って太ももを持ち上げるなどの簡単な運動でも十分です。

低体温を克服し血行を良くして冷え性を和らげるために、まず簡単にできる運動からスタートしましょう。