スポンサードリンク


冷え性の症状は単に手足やお腹、腰が冷たいといったことにとどまらず、実にさまざまなものがあります。そのため、冷え性とは一見無関係に思える症状で診察を受け、詳しく検査したら実はその症状は冷え性が原因だったということもありえます。冷え性からくる症状を次に紹介しますから、心当たりがないかチェックしてみてください。

冷え性の代表的な症状は、手足が冷たく感じることや、お腹や腰が重くて寒いと感じ、腹痛や下痢が多くなることです。
では、その他の症状にはどんなものがあるでしょうか。

▲指先が白くなる、爪が割れたり変形したりする。冷え性で抹消血管の血流が悪くなることから起こります。
▲唇の色が青く変わる。顔にむくみが出たり、痺れるような感覚があったり、肌荒れがひどくなることも。
▲関節が痛む。しつこい頭痛や肩こり。
▲体調が崩れ風邪をひきやすくなる。喘息、アレルギー、不眠症など。
▲生理不順。
▲胃のもたれ、全身の倦怠感、疲れやすいなど。

冷え性の症状はこれだけではなくまだ他にもあります。冷え性が体全体にどんなに大きな影響を及ぼしているかが分かりますね。

冷え性は女性に特有の症状だと考えられがちすでが、そんなことはなく、男性も冷え性にかかります。とはいっても、男性で冷え性の症状を持つ人の数は、女性よりもはるかに少なかったのです。ところが最近、冷え性の男性が増加していることが指摘されています。
体が冷える原因としては、体質、食事、生活習慣などさまざまなものが考えられますが、冷え性になる男性が増えたのは、最近の日本社会に蔓延しているストレスや筋肉不足、運動不足などのせいではないかといわれています

▲ストレス
特に仕事の環境が大きく変わることが多い春先は、朝晩の気温の差が激しい季節に仕事のストレスが重なって、冷え性になってしまう男性が増加するようです。
体がだるい、疲れやすい、眠りが浅い、頭痛や腰痛がある、体の変調があるのに原因の心当たりがない。こんな男性は、冷え性の疑いがあります。

▲筋肉不足
さらにダイエットブームの影響で、男性でも痩せている人が多いのも、冷え性が男性に増えてきた理由のひとつと考えられます。痩せ型の体型の人は熱を生み出す筋肉が少ないので、体が冷えやすくなります。

▲運動不足、不規則な生活、喫煙、飲酒
運動不足はそれだけでも健康に良くありません。ぜひ運動する習慣を付けたいものです。
それに加えて、仕事などで食事や睡眠が不規則になると自律神経が乱れ、冷え性が起こりやすくなります。喫煙や過度の飲酒も体の冷えを加速させます。

男性だとついTシャツ1枚の薄着で過ごして、いつの間にか体を冷やしていることもあるでしょう。
男性でも冷え性になります。冷え性になったら体全体が不調に陥ります。そうなる前に、規則正しい生活や、保温性のある服装をすることを心がけましょう。

冷え性には症状によって様々なタイプがあります。
冷え性のタイプの中から自分のタイプを調べて知っておけば、冷え性の改善に役立つでしょう。

冷え性が全身に広がっているタイプでは、全身に寒さを感じます。
このタイプの冷え性の場合は内臓の機能が低下していことが多いので、全身の冷えに伴って、風邪を引きやすくなる、疲れやすくなる、消化能力が落ちるといった症状が出ることがあります。

よく見られる冷え性が下半身に出るタイプでは、足や腰が冷えて、腎臓や膀胱の疾患、あるいは高血圧、糖尿病といった病気を併発することもあるといわれます。

冷え性なのに手足のほてり、顔の「のぼせ」があるタイプには、不眠、肩こり、生理不順といった症状が伴うことがあります。

代謝に関係するタイプでは、冷え性によって代謝が低下した結果下痢を起こしたり、喘息やアトピーを発症するケースもあるようです。また、冷え性は体の水分量とも関連し、水分代謝が低下して体に水分が溜まるとむくみなどの症状とともに冷え性が起こることがあります。

気冷えタイプといわれる冷え性のタイプでは、冷えから自律神経にダメージを受け、倦怠感に支配されたり、自律神経失調症などを起こしたり、うつ病を始めとする精神の病を発症するケースもあります。

血行不良タイプの冷え性では、血行不良に伴う肌荒れや目のクマ、爪の異常を起こすこともあります。

冷え性の原因や現れ方は人によって大きな違いがあります。
自分がどのタイプであるかを知れば、自分の冷え性についての正しい対処法を知ることができ、改善策も立てやすくなります。冷え性のタイプ別の原因や症状を分析して、冷え性の緩和に役立てましょう。

冷え性に悩む高齢者は65歳以上では全体の60パーセント、75歳以上では80パーセントに達するといわれています。
人は年齢を重ねるにしたがって身体の機能が衰え、その結果、冷え性になる人もたいへん多くなります。加齢に伴って血液の循環、新陳代謝、脂肪燃焼など、多くの機能が低下していきますから、体が冷えやすくなるのもある程度は仕方のないことであるともいえます。
それでも、冷え性対策をしっかり行えば、関節の痛み、手足のしびれ、腰の痛み、脱力感などを始めとする主に冷えから来る症状は進行が抑えられ、高齢でも快適に過ごせるようになるでしょう。
冷えの解消には体を適度に動かすのも大切。散歩を楽しんだり、高齢者でも無理なくできるように工夫されたストレッチなどを行うのもいいでしょう。

高齢者は高血圧、動脈硬化、糖尿病、腎障害といった持病を持っている場合が多く、冷え性が重なると病気の症状が重篤なものになる可能性があります。
また、高齢者は体温も下がりがちで、体温を保つ働きも低下し、寒さもあまり感じないようになるため、寒さに気づかずに凍えて低体温症に陥り、命の危険にさらされることがあります。
急速な体の冷えとそれに伴う症状には特に注意を注ぐ必要があります。部屋が異常に寒い、お年寄りの顔色が悪い、動きが緩慢で話し方がおかしいといったことに気づいたら、すぐに低体温症を疑い、救急車を呼ぶなどの迅速な処置をする必要があります。

冷え性は高齢者にとっては命取りになりかねません。保温性の高い衣類、部屋の温度などには慎重な配慮を怠らず、冷え性を予防して、高齢者の方が安心して暮らせるように心がけましょう。

冷え性は大人の女性の病というイメージがありますが、実際には、年齢や性別に関係なく誰でも冷え性になる可能性があります。
しかし、さすがに珍しかった子供の冷え性が、最近になって目立つようになってきました。体温が平均的な体温である36.5℃より低い子供、35℃台の子供も増えて来ました。

冷え性は水分や甘い物の摂り過ぎ、運動不足などからも起こりますが、現代の生活には、体を冷やす飲料水や甘いお菓子が溢れ、そのうえ慢性的な運動不足の子供もたくさんいます。子供でも冷え性になりやすい環境が整っているといえるでしょう。

乳児は手足をラジエーターのように冷たくして、体の熱を逃がさないように調節する機能が働くとされ、赤ちゃんのころには冷えをそれほど心配する必要はありません。
しかし幼児になると、冷えのせいで、寒がったりする症状も出るようです。
体温の高いはずの子供が冷え性だなんて、お母さんとしてはちょっと心配ですね。大人になったら重い冷え性になってしまうのでは?とか、風邪を引きやすい弱い子供になってしまうのでは?とか。

でも大丈夫。しょうがやハチミツの入った温かい飲み物や、体を温めるお食事、お風呂、寝る時に暖かくすること、普段の服装にも気をつけるなどして、何かにつけぽかぽかに暖めて、愛情を込めて冷え性のケアをしてあげましょう。

冷え性が女性に多いのはなぜでしょう?
最も大きな原因は 女性ホルモンの影響です。女性ホルモンのバランスが悪くなると自律神経にも不調が現れ、自律神経の乱れは体が冷えやすい状態をつくり出して、冷え性を起こす一因となります

女性は生理や妊娠、出産などを通じてホルモンバランスが崩れやすいので、普段から体調によく気を配って生活することが必要です。
体の冷えはあなどれません。冷えから生理不順になったり、生理痛がひどくなったりすることもあり、他のさまざまな婦人病を発症する可能性もあります。

女性は冷え性を悪化させないように、服装にも注意を払うことが必要です。
冷え性の女性は、薄着をしないようにし、お腹が露出した服装、締め付ける下着、ベルト、ぴったりフィットしすぎる服、つま先の尖った窮屈な靴などを着用するのは避けたほうがいいでしょう。
女性だとまず流行が気になるものですが、窮屈な衣料は血行を妨げてしまうので冷え性には良くありません。首周り、手首などがすぼまった形の、ゆったりしたものなら、血行の点でも保温の点でも冷え性対策に適しています。

そして、過度のダイエットは冷え性を加速させてしまいますから、よく注意してください。
女性は誰でも痩せてきれいな体型になりたいと願うものですが、無理なダイエットによって貧血を起こしたり、体温を上げるのに必要な栄養が十分に取れない状態に陥ったりしたのでは、冷え性にが悪化する危険はますます大きくなります。

女性たちはもっ意識的に冷え性の改善に努めたほうがいいかもしれませんね。

冷え性。日常生活ではしょっちゅう使われる、おなじみの言葉です。でも「冷え性」とは何か、医学的にはどんな状態を指すのかといわれると、これはちょっと答えに困ってしまいますね。
冷え性は昔から女性に多い症状ですが、実は「冷え性」という病名はありません。
冷え性を医学用語であらわすと「抹消血管における血行障害」です。つまり簡単に言えば冷え性は「血行不良」の代名詞。血行障害、血行不良からくる身体の「冷え」とそれに伴う症状をいうようです。
気温が低いわけでもないのに手足の先がなかなか温まらない、お腹や腰がいつも冷たいなど、冷え性のつらい症状で、うんざりしている方もたくさんいるにちがいありません。

体の冷えが起こる原因はたくさんあり、血行が悪くなりやすい体質、自律神経失調症、ホルモンバランスの乱れ、体を冷やす食品の食べ過ぎなど、さまざまな要因が複合的に絡んでいるようです。
また、冷え性は個々のケースによって症状の違いも大きく、現代医学ではひとつの病気としてくくるのは難しいようです

しかし、冷え性は東洋医学ではとても重視される要素で、治療方針の選択や漢方薬の処方などにおいてもしかり、常に冷え性を考量に入れた治療が進められます。
特に東洋医学は慢性化した冷え性の治療には適しているとされますが、現代医学にも東洋医学にもそれぞれに長短がありますから、自分にしっくり合うやりかたで冷え性対策を取るのが一番でしょう。

風邪や冷え性といった「冷え」がもたらす症状は、古くから「万病の元」とされてきました。
自分の冷え性はどんな原因から起こっているかを知り、冷え性からさまざまな病気が生じる前に、早めに改善することが、健康を保つための最も大切なポイントです。

冷え性で悩んでいる人は、同時に胃腸の調子も悪くなっていることがしばしばあります。
体が冷えることによって胃の消化機能が低下し、胸焼けなどを起こすことがあります。また体の冷えが腸に影響を与えると下痢や便秘になりやすくなります。

夏にエアコンを効かせ過ぎたり冷たい物を摂り過ぎたりした場合も、体が冷えて胃腸の働きが弱まってしまいます。
冷え性から胃腸の調子を崩してしまう人はたくさんいます。冷え性の人は夏でも体を冷やさないようにし、体が冷えてしまったらすぐに温めるなどのケアをして、胃腸を守る努力をしましょう

冷え性から下痢を起こしている場合は、食事として取り込んだ栄養素が失われやすくなっています。毎日の食事をを消化の良いメニューに替えたり、忙しい方はサプリメントで手軽に、ビタミンやミネラルその他の栄養素を補うなど、体に必要な物を意識的に摂り、エネルギー補給も行いましょう。

冷え性の人に起こりやすい便秘は、体の冷えで血行が悪くなった結果であることが多いようです。冷え性で便秘がちの人は、無理のない運動を行うことを心がけましょう。運動によって血行が改善し、下腹部が温まって腸のぜん動運動も活発になり、便秘の解消に効果的です。また、運動によって脂肪の燃焼が促進されるのでダイエットにも好都合です。

また、白砂糖を摂取しすぎると胃腸障害を起こしやすくなるともいわれています。キッチンの白砂糖をハチミツや黒砂糖、きび砂糖、てんさい糖などに替えておくのも手軽で楽しい胃腸のケアになりそうですね。
冷え性の方は、胃腸の状態を整えることを習慣にしていくことを忘れないで下さい。

冷え性は体質的なものに起因するとも考えられますが、実は現代の病理とも言える「運動不足」によって引き起こされている可能性も高いのです。実際、冷え性を訴える人は年を追うごとに増加する傾向にあります。体の冷えが気になる人が増えたのは、交通機関の発達で歩く機会が減ったことに加えて、野外のスポーツなどより室内でゲームなどを楽しむ人たちが増えてきたことと無関係ではないと思われます。

▲運動不足は低体温を招く
人は運動すると体温が上がります。体の熱の約40パーセントが筋肉の動きによって発生します。運動不足だと筋肉もあまり動きませんから、体温が低めの状態、低体温に陥りやすくなります。

▲運動不足は血行の低下を招く
心臓が血液を全身に送るポンプの働きは運動をすることによって強く保たれますが、運動不足によってこのポンプの力が弱まることで、血行が悪くなり、冷え性にもなっている場合があります。
適度な運動を続けることで血行が良くなれば、冷え性も改善される可能性があります。

▲足の運動の大切さ
冷え性の改善のために運動を取り入れる場合には、特に足を動かす運動が効果的とされています。
というのも、心臓から最も離れ、最も低い位置にある足には、筋肉でポンプのように血流を促して心臓の働きを補助する働きがあり、「足は第二の心臓」とも言われているからです。この働きを生かして血行を促進するには、足の上げ下ろし運動が最も効果的です。
運動をするための時間的余裕がないという方は、立ったままでかかとを上げたり下ろしたりする、いすに座って太ももを持ち上げるなどの簡単な運動でも十分です。

低体温を克服し血行を良くして冷え性を和らげるために、まず簡単にできる運動からスタートしましょう。

冷え性の方は手足が冷えて寝付きが悪くなるために睡眠不足に陥り、その結果、体調がいっそう悪化することがあるようです。睡眠不足のせいで疲労が十分に回復しないので体力が低下し、風邪を引きやすくなったりします。冷え性でも睡眠だけは何とか確保して健康を保ちたいものです。
冷え性の方はきちんとした睡眠が取れるよう、いろいろなアイデアで工夫してみましょう。

▲足湯
冷え性に足湯はとても効果がありますから、寝る前にぜひ行いたいものです。足湯をすると全身が温まって冷えが緩和されます。そして足湯には疲労回復やリラクゼーションの効果もあるので、体の緊張がほぐれて安眠にもつながります。

▲靴下
足の保温には何と言っても靴下です。冷え性の方は、靴下を履いて眠る習慣を付けてみてはいかがでしょう。寝る時に履くものですから、素材は汗をかいても快適な綿を選びます。そして、ゴムなどで足を締め付けるものはかえって足の血行を悪くし、冷えを悪化させてしまいますから、ゆるめのものが最適です。

▲寝具
冷え性の緩和と安眠には寝具選びも重要です。
サイズが合わなかったり軽過ぎる布団は保温性が悪くなるために寒く、重すぎる物も血行が妨げられるので冷え性の方には好ましくありません。体に合ったサイズで適度な重さの布団を選びましょう。湯たんぽも用意すればもっと暖かにお休みになれるでしょう。

冷え性でも安眠グッズを楽しく工夫して、質の良い睡眠をキープしましょう。