スポンサードリンク

出産時に戻ってくるお金「出産一時金」は現在38万円と一定の金額が支給されます。しかし出産や育児を行う地域によってそのほかの助成金には大きく違いがみられます。
出産や育児中に支給が受けれる助成金制度が地域によって異なるのはその土地柄や生活によっても違ってきます。東京都だけを見てみても出産一時金はもちろん同額が支給されますがその後の育児や医療に関する助成が充実しているところは港区や千代田区、目黒区など都内でも中心にある区であることがわかります。
また出産後に離婚をしたもしくは未婚で母になったシングルマザーで育児を行っている人を中心に助成に力を入れている区もあります。出産や育児を行うに当たりどの地域が子育てに環境がよいのか具体的にどのような助成があるのかを知識として覚えておけばこれからの育児も楽しんで行っていくことができるのではないでしょうか。
また出産から子供が3歳または12歳になるまでどの地域でも支給されているものに児童手当があります。金額が子供の年齢によって左右されますが約1万円から5千円程度支給されています。しかしこの児童手当には取得制限が課せられており全員が支給されるものではありません。基本的に出生届を出しに行くときに届けを出すかもしくは出産後体調が回復してから役所で支給されるか否かを確認しましょう。

出産をしたすぐに赤ちゃんをママの肌やお腹の上に乗せて抱っこまたは授乳させることをカンガルーケアと呼んでいます。カンガルーケアは多くの病院や産院で施行されており今は主流になっている出産方法ではないでしょうか。カンガルーケアは出産後のママの精神的なケアにもつながりますし赤ちゃん自信もママに触れることで安心できるようです。
出産中のママは陣痛の波と一緒にいきんで赤ちゃんを出産しようとしますが実は赤ちゃんのほうもママのいきみと一緒に外の世界に出ようと頑張っているのです。これが出産です。出産は親子で一緒に体力を使っているので出産後はママも赤ちゃんも疲れきっているのです。
赤ちゃんは出産後~約1ヶ月か2ヶ月で目が見えるようになります。しかし目が見えなくても不思議なことにママも母乳のにおいはわかっているのです。
出産後にカンガルーケアを行い赤ちゃんにおっぱいを少しでもいいから飲ませることで出産後すぐからママも赤ちゃんも安心することができることと赤ちゃんに自然な状態で母乳のにおいを教える事ができる母子共にとても大事な行為であるといわれています。
カンガルーケアは今までは出産直後から入院している赤ちゃんとママの結びつきを大切にし母性を目覚めさせるということで実施されてきたのですが現在では陣痛や出産をお互いに頑張った跡の親子の絆を強める意味でも非常によいとして行っている病院も増えています。
出産直後にカンガルーケアを行った大勢のママが出産の痛みはどこかに言ってしまうほどうれしくて感動するという声が聞かれています。

出産を迎える働くママは出産や育児で仕事を休まなければいけないということになります。仕事を持つ出産するママは法律でも労働基準法で定められており産前産後に休暇が取れる仕組みになっています。労基法の産前産後休暇は一般的には産前は6週間~8週間の間となっていますが双胎妊娠や多胎妊娠のママの出産の場合は産前14週間から休暇がとれるようになっています。
産前や産後の休暇の日数は出産のときに勤務している企業によってもさまざまですので出産前に必ず会社に確認を取り無理のないように産前や産後をすごしましょう。
出産終了後産後休暇が終わっても育児休暇といって赤ちゃんが満1歳になるまでは仕事を休むことができる制度もあります。育児休暇は子供を育てるための休暇ですので出産したママだけでなくパパも申請できます。
出産して育児休暇をとる人は休暇取得前に2年間所定の日数を満たして勤務している人は育児給付金も受け取ることができます。この育児給付金は雇用保険から支給されており支給される金額には個人差がありますが出産や育児で働けないママにとってはとてもうれしい制度になります。
昔に比べると出産や育児をしながら働くママにうれしい雇用制度が増えてきました。しかし昔に比べたらということでまだ日本の雇用制度には不満がある人も多いようです。出産をして育児休暇を終えいざ職場復帰というときに保育園等の空きがなく預け先がないのいうのも今おきている問題でもあります。もっと働くママに優しい社会ができれば少子化は改善されるでしょう。

出産後いろいろ身の周りのお世話をしてくれる産褥シッターさんを知っている方はどのくらいいるのでしょうか。産褥シッターさんは出産から1ヶ月から2ヶ月くらいの産褥期と呼ばれる期間に洗濯やお買い物、料理にお掃除などの身の回りのお世話をしてくれます。出産後近所に頼れる方がいない場合は市区町村で相談すれば産褥シッターさんをお願いできる会社を教えてくれることもあります。一度聞いてみるといいでしょう。
産褥シッターさんのほかにも出産後の育児について相談にのってくれる保健師さんの訪問指導もあります。訪問指導希望者は出産後に赤ちゃんの名前がまだ決まっていなくても母子手帳さえあれば訪問を受けることができます。地域によってもさまざまですが必ず保健師が各家庭に訪問するところもありますし第一子の訪問のみの地域もありますし先に述べた希望制の地域では母子手帳にある用紙を送付することで訪問を受けることができます。
出産後は涙もろくなったり育児に自信がなくなったりと産後うつやマタニティーブルーが起こりやすい時期です。これらで見られる症状は出産後のホルモンバランスの変化から来るので誰にでも起こりうることですし1週間から2週間程度で大体は落ち着くでしょう。
出産から退院までの病院にいる間は常に看護師や助産師が助けてくれますが自宅に入れば一人でなんでも行わなければ行けません。そんなとき悩み事や不安を溜め込まないで訪問サービスやその他のサービスを上手に取り入れてストレスを軽減していきましょう。

出産前の妊婦さんをプレママと呼んでいる会社も多く言葉自体も浸透しつつあります。出産経験のない初産婦さんでもとてもわかりやすくいろいろな内容で詳しく載っているインターネットサイトが存在します。プレママタウンやGOOベビー・ベネッセウィメンズパークなどが出産まえのママには最適です。
これらの出産前の妊婦さん向けのインターネットサイトは出産や子育ていつてより新しい情報を発信しておりプレママや子育てママが悩みを相談したりも出来る掲示板も設置されています。出産や育児は環境や地域などでも非常に個人差もありこれといった正解を見出すことは難しいですが同じような状況に置かれているママや先輩ママの話を聞くことで自分の育児に自信ももて同じ年や性別などママ同士の交流もあるので友達作りにも役に立ちます。
出産関係のインターネットサイトが多くのママやプレママさんに人気があるのは季節や月例ごとに気をつけることがわかったり赤ちゃんとの楽しい生活スタイルを紹介したり離乳食のレシピも豊富にとりあげられていることなどがあります。
先輩ママたちの出産方法や分娩方法やその後の育て方など教科書どおりではなくリアリティーのある生の声を聞くことで新しい情報を得ることが出来て自信もついてくるでしょう。参考に出来るメニューが豊富に掲載されていることからもプレママさんから出産を追えた方もぜひインターネットサイトを覗いてみてください。
出産や子育てにはさっきも述べましたがこれといった正解はありません。みんな手探りで正しい方法で育児を行っているなかで自分自信がどんな風に出産を向かえ出産後の育児をしていくかイメージトレーニングをして育児に自信をつけていきましょう。

出産後赤ちゃんを迎えてほっとしているのもつかの間で子供の将来やかかるお金のことを考えたことがない両親はいないのではないでしょうか。そして子供の将来を考え子供保険や学資保険に加入する人も多いです。しかしさまざまな会社から出ている保険は何を基準に選ぶべきでしょうか。出産前から情報収集して資料請求を行っている方もいたり子供のためともなると保険選びも熱が入ります。その中で出産後育児を行っている先輩ママさんたちが選んでいるのが世帯主に万が一なことがあっても子供の学費が保障されているもののようです。出産後は育児のことなど考えることはたくさんありますが各保険会社を見比べて自分たちに見合った保険を選びましょう。
出産してから子供を大学に出し無事に卒業するまでにかかる費用はすべて公立でストレートで入った場合でも1千万はかかるといわれています。出産後すぐには1千万ものお金は必要にはなりませんがこれから先幼稚園・小学校・中学校・高校・大学を公立や私立にするかでまた費用は大きく違いがでてきます。
子供の将来は出産してすぐにすべてを考える必要はまったくありませんが家族が増え生活環境の変化ともに貯蓄を増やしていくことが子供の将来のことを考えるとよいでしょう。
学校にかかる費用以外にも出産後から習い事をさせるのが現代ではあたりまえのようになっていますし大きくなるにつれ塾や他の習い事も行うかもしれません。妊娠中から金銭的なことも簡単に考えておきましょう。

出産後には赤ちゃんにも検査を行います。そのなかで初めて行う検査が先天性代謝異常検査になります。
先天性代謝異常検査は出産後4日~7日経過した赤ちゃんに行う血液検査で足の裏や指先などから少量の血液を採取して行います。先天性代謝異常検査は地域差はありますが通常無料で行われており出産前の妊娠初期に検査を受けることができる書類が母子手帳と共に配布されます。その書類が配布された場合は出産の時の入院荷物と一緒にしておくとすぐに出すことができてよいでしょう。
先天性代謝異常検査は早い段階で赤ちゃんに知的障害はないか発育に異常がないかを知ることができます。出産してから間もない間に先天性代謝異常検査を行う理由は肝機能障害やショックで重篤な状態になってしまうことを回避しトラブルが起きた場合は適切な段階で処置を行うことで障害の発生を抑制することが可能になるからです。
また出産して間もない赤ちゃんは一時的に皮膚や粘膜などが黄色くなる黄疸がでてきます。   大体は出産後1週間以内にはなくなってきますが黄疸の症状が強かったり長期にわたって出現する場合は小児科医に見てもらい適切な処置を行う必要があります。
出産してから入院生活は初産婦さんで1週間といわれますがその間に検査を行えば赤ちゃんは次の1ヶ月検診で病院に行くまで検査をすることは基本的にはありません。

出産祝いとしてもらえるとうれしいお祝いはどんなものでしょうか。アンケートによると多くの出産後ママが出産祝いは赤ちゃんに使用できる実用的なものがよいという結果が出ています。出産祝いを選んで購入する際にはすごく迷うと思いますが大切な赤ちゃんのお祝いですので記念に残るものなどが喜ばれるでしょう。
チャイルドブレインというインターネットのショップでは世界で1冊しかない自分だけの本を作成してくれます。出産によって生まれてきた赤ちゃんが出てくる一冊だけの絵本ですから出産祝いとしてはとても喜ばれているようです。また女の子を出産したママに喜ばれているものはオムツケーキというオムツやガーゼタオルなどが大きなケーキのように重なり合っている可愛いものが出産後のお祝いに喜ばれているようです。
他にも出産祝いで人気があるのは赤ちゃんの名前の入ったベビーグッズで哺乳瓶やタオル、スタイなどあらゆるものに名前を入れることが出来ます。
最近では海外から来てるベビー用品も非常に人気で店舗も多いようです。ベビーブランで有名のセレクトショップ。ストンプスタンプでは出産のお祝いでもらったらうれしいものが包装されたギフトセットが用意されています。
出産祝いを渡す期間としては出産してから14日以内が常識的とされており出産祝いを受け取った側はお返しとして内祝いを返さなければいけません。内祝いは生後1ヶ月ごろにお菓子やタオルなどをお返しするのが一般的です。

出産後はホルモンバランスの関係で産後うつや抜け毛に悩んだり悪露が長引いたり乳腺炎にかかってしまったりとそれに育児も加わるわけですから産後の生活は大変といえるでしょう。悪露は出産直後から一般的には約1ヶ月ほどで止まりますが出血量が明らかに少なかったり多い人や長引く人は医師の診察を受けましょう。
産後のうつや抜け毛は出産に伴うホルモンバランスの崩れが原因しているものなので退院後はなるべく無理をしないようにして日々リラックスしながら育児を行っていきましょう。      
出産直後からすぐに始まる育児ははじめの方は特に不安や心配事がたくさんあることでしょう。不安や心配事がありましたら地域の保健師さんや出産した病院の助産師さんや看護師さんに相談しその都度解消していきましょう。
出産後気をつけなければいけないのが乳腺炎や腰痛等の身体的症状です。出産後乳腺炎を患った場合の症状は個人差もありますが激しい疼痛と感冒症状のような悪寒、発熱などがみられます。母乳のつまりが原因で起こることが多いので出産後から張りやすい人は乳房マッサージなどを頻繁に行い飲ませていないときは搾乳して張りを防ぎましょう。
主産後に意外と多い訴えがあるのが腰痛です。出産による骨盤のズレが原因で起こることが多いようです。ガードルを使用したり育児に余裕が出来たら骨盤矯正などで骨盤のゆがみを直しましょう。

出産のときは呼吸法が大切になってきていますが出産時の呼吸法でもっとも有名なのがラマーズ法です。出産の時に出来る限り自然な子宮の収縮と呼吸に合わせる方法のラマーズ法はヒッヒッヒフーの呼吸の方法で出産を進めていきます。ラマーズ法はフランスの産婦人科医師が世界に広めて出産前に行う両親学級や母親学級で指導されています。
ラマーズ法の他にも出産の時にはヨガや瞑想を行う呼吸法がありソフロロジー法と呼ばれている出産方法です。ソフロロジーはリラックス効果をもたらしてくれる呼吸方法であり出産時に座禅の体制で大きく息を吐くのはとても特徴的です。ソフロロジーのような専門的な呼吸方法は出産前にしっかりと指導を受け実践することが大切になります。
出産する病院や産院によって取り入れている呼吸法も変わってきておりラマーズ法を実施している産院とソフロロジーを推奨している産院など出産をする施設を決める際の目安にしてもいいでしょう。
自分の希望した出産方法で出産がスムーズに進めば言うことはありません。しかし出産は陣痛の疼痛があり出産の過程が進めば進むほど痛みで講習でならったときのようにちゃんとした呼吸法は出来ないこともあります。赤ちゃんを無事に出産することが目的ですので妊娠中に習得した呼吸法も取り入れつつ自分の楽な方法で出産に挑みましょう。
現在では出産のための呼吸法や妊婦のための体操がレッスンできるスクールも多く出来てきていますので出産前に体験するのも楽しい妊娠生活のひとつといえるでしょう。