スポンサードリンク


自宅で簡単に出来る美脚体操の中から、下半身太りのタイプの方にお勧めの美脚体操を、いくつかご紹介しましょう。

上半身に比べて、下半身が太っているとお悩みの方、いろんな方法を試してみたけど、下半身は痩せないと諦め気味の方、多いのではないでしょうか。下半身太りのタイプで多いのが、骨盤のゆがみが原因になっていることもあります。

骨盤のゆがみから、血行やリンパの流れが悪くなり、美脚の敵である“むくみ”を引き起こしている可能性があるのです。

ですから、美脚を手に入れるためには、骨盤のゆがみを治すことが重要になります。
そこで、骨盤の位置を正しい位置に戻し、リンパの流れを良くさせるための体操を紹介します。

その1) まず、仰向けに寝て、片方の膝を立てます。その立てた脚を、伸ばしている脚の方向にゆっくり息をはきながら倒していきます。
そして、伸ばしている足の外側の床に膝をつけるようにして、その状態で10秒間静止します。
もし痛みがあるようなら、無理に膝を床に着けないで、痛みを伴わない位置で、静止します。

この時、上半身が一緒に動かないように気をつけましょう。上半身は倒した脚とは反対の方を向いているように、注意します。
これを、左右交互に繰り返します。左右1回ずつで1セットとし、1日5セット行います。


その2) やはり、仰向けに寝て、片方の膝を今度は、胸元に持ってきます。
曲げた脚と同じ方の手で、膝を外に向けて開きます。そのまま膝を床につけるようにしますが、この時かかとは、尾骨から30cmのところにあるのが理想です。ですが、無理をしてはいけません。膝が床に着かなかったり、痛みがある場合は、できる範囲でかまいません。
そして、もう片方の手は、骨盤が浮いてしまわないように、腰に添えて固定します。これも、左右交互に5セット行います。


その3) 足首をグルグル回すのも有効です。この場合膝を動かさないで、足首だけを回すようにします。

骨盤のゆがみが原因で、下半身が太っている場合、骨盤が広がっていることでお尻だけが大きく見えてしまいます。

下半身のサイズだけを変えるダイエットはとても難しいですが、骨盤の歪みを整え、これらの症状を改善するこの体操なら、下半身だけサイズダウンさせることが可能です。

早速、今日から美脚体操を始めて、美脚を手に入れましょう。

美脚サプリメント「レグレンス」は今、ショッピングサイトでとても人気な商品です。
このサプリメントは、ノーベル医学賞を受賞した理論を応用し、医療業界で使われている成分で作られています。
セルライトに直接作用する、美脚サプリメントで、モニターとして使用した方すべてが、“効果を実感した”という、下半身ダイエットサプリです。

ノーベル医学賞を受賞した理論というのは、アウグスト・クローブ博士の“永久無毒化法”という理論で、実際に下半身の血液治療として使用されています。ですから、「レグレンス」には、美脚の的であるセルライトの蓄積を改善し、無毒状態にしていく効果があります。
そして、そのうえ、脚の毛細血管もきれいにしてくれるのです。

「レグレンス」に含まれる成分は、ブラダーラックエキス末・ナギイカダエキス末・ツボクサエキス末・マグロエキス末・クルミポリフェノール・セルロース・ビタミンC・ショ糖エステル・カプセル(HPMC)と、身体の中からスッキリできる効果のあるものばかりです。


「レグレンス」とは、レッグ=脚に効くという意味なので、効果は、脚から始まっていきます。
「レグレンス」服用して、早い人なら1週間程度、遅い方でも1か月程度で、脚のサイズの変化を実感できるようです。

脚から始まった「レグレンス」の効果が、全身に行きわたり脂肪を落としていきます。
それが終了した時、リバウンドしない体に変化しているという、画期的なサプリメントです。
それにより、美脚効果だけでなく、体全体もスリムになることが期待できるのが、「レグレンス」なのです。
全身のダイエットの場合は、最低3か月は使用した方がいいようです。

「レグレンス」は、1個(1箱)に30球入っています。
脚だけ細くするのなら、2~3個。全身を細くするのなら4~5個を目安に続けると良いでしょう。

美脚を手に入れたい方、今までどんなダイエットも成果が出なかった方、「レグレンス」で、ブーツの似合うスリムな脚を手に入れませんか。

「レグレンス」を服用して、3か月で15kgのダイエットに成功した方もいるそうです。
かなりの人気商品なので、品切れのショップも出ているようです。
今すぐ、インターネットのショッピングサイトで、「レグレンス」を検索してみてはいかがでしょうか。

「美脚ダイエット」と聞いて、どんなことを連想するでしょう。
ダイエットとついていると、美脚を手に入れるために、特別な運動や食事制限、マッサージなどの方法を、思い浮かべるのではないでしょうか。

「美脚ダイエット」、つまり、「脚やせ」には、セルライトやむくみといった敵も多く、ダイエット効果が見えにくい部分です。
また、運動やマッサージのようにある程度、時間が必要なものは、何かと忙しい毎日では、時間をとることさえ難しいこともあるでしょう。ですから、そんなあなたに、いつでもどこでも簡単にできる美脚ダイエット法をご紹介します。

今回ご紹介するのは「ツボ」です。
脚やせに効果のあるツボを刺激するだけの、簡単で、いつでもできるものなので、三日坊主の心配もありません。

では、「美脚ダイエット」に効果のあるツボを、3つ紹介します。

まず、お尻や太ももの引き締め効果がある、“承扶(しょうふ)”・・・お尻の膨らみの真下にあるツボです。

それから、ふくらはぎのむくみを解消する効果がある、“血海(けっかい)”・・・ひざの内側で、指3本分離れたところにあるツボです。
これらのツボを、親指または人差し指の腹を使って、20秒程度強くゆっくり刺激します。
ツボを刺激する時は、『ツボを押す時に息を吐き、指を離す時に息を吸う』という、呼吸法と合わせると、より効果があがります。

次は、手のツボです。手の甲側にある“沢田流合谷”に向けて、小指をそらします。
手のひらを上に向け、反対の手の人差し指と中指で、小指を“沢田流合谷”に向けて、ひねるようにそらします。
10秒程そらし続けます。左右の小指で行います。
“沢田流合谷”は、5本の指をしっかり揃えて、そらしぎみにした時に、親指の根元、手首の近くにできる2本の腱の間です。

これらのツボ押しは、簡単なので、気付いた時にいつでもどこでも、「美脚ダイエット」ができますよね。
できれば、朝と晩の、1日2回を目安に毎日続けるのが良いでしょう。

ツボを刺激するだけの簡単な方法ですので、ぜひ、「美脚ダイエット」の方法に取り入れてみてください。
また、ツボの場所が、よく分からない場合は、インターネットなどを利用して確認するようにして下さい。

エステティックサロンでも、美脚を手に入れるためのエステを行っています。
その中でも、今回はラ・パルレの美脚エステをご紹介しましょう。

ラ・パルレといえば、人気モデル「押切もえ」さんのCMでお馴染みですが、その、ラ・パルレで今、11月30日までの期間限定で、美脚キャンペーンを実施中です。

その名も『美脚集中コース』。
このコースは、通常会員価格10,500円なのですが、WEBからの申し込みに限り、1,050円で試せるキャンペーンです。

ただし、このキャンペーンはラ・パルレを始めて利用する方のみの特別企画で、1人1回限りとなっています。
また、定員になり次第終了してしまいますから、早めに申し込むようにしましょう。

ラ・パルレの美脚エステ『美脚集中コース』は、ポイントを「脚」に絞ったコースです。
プロの技で、スリムな太もも、キュッと引き締まったお尻、たるみのないメリハリ美脚を手に入れましょう。

ラ・パルレの『美脚集中コース』は、1回50分。
まず、太ももに溜まっているセルライトを“セルライトバスター”という専用マシンと、プロのトリートメントで、しっかりと揉みほぐします。
太ももは、リンパの流れがとどこおりやすく、老廃物と脂肪が絡まりやすいのです。ですから、外からの刺激で、しっかりほぐしてあげる必要があります。
次に、“微弱電流とLEDウェーブ”という機器を使用して、代謝アップと筋組織を刺激し、たるんだお尻をケアしていきます。
お尻のところは、脂肪がつきやすいのに、自分でのケアやトレーニングが難しいところなので、プロによる部分ケアで、小尻を目指します。
さらに、低周波を利用して運動不足の筋肉を刺激します。
“ビブロエレクトロ”という機器による低周波で、直接筋肉を刺激して、気になる下半身を引き締めていきます。
たるんだ肉を引き締めていくことで、美脚を目指します。

『美脚集中コース』を体験した時に、コースの詳しい内容の説明も受けられますから、実際に体験してからゆっくり検討することができます。

『美脚集中コース』の内容は、体験者の体質や肌質により変わる場合がありますが、迷っているのならこのチャンスを利用してみては、いかがでしょう。

テレビや雑誌で活躍している女優さんやモデルさんのような、たるみのない引き締まった美脚は、女性の憧れですね。
憧れの美脚に、少しでも近づこうと、あるいは、美脚を手に入れようと、日々努力している方も多いのではないでしょうか。

ですが、筋肉を疲れさせてしまうような、極端な運動は、美脚には良くありません。
美脚には、“ストレッチ運動”のように、筋肉に適度な刺激を与える運動がオススメです。

“ストレッチ運動”とは、手・足を曲げ伸ばして、筋肉をほぐし、筋肉の状態を良好にする運動です。
筋肉をほぐすので、疲れやむくみも解消してくれます。

今から、3つ美脚に効果のある簡単な“ストレッチ運動”を紹介します。仕事中でもできるので、ぜひ試してみてください。

その1)  まず、イスに腰掛けて行うストレッチです。イスの高さは、足の裏が床にすべてつくくらいが良いでしょう。
きちんと足を揃えて、浅く腰掛けます。両足に力を入れ、つま先は床に付けたまま、かかとをできる限り上に持ち上げます。
10~20回続けます。さらに、より効果的にするには、ももに重い物をのせると良いでしょう。

その2)  これも、イスに浅く腰掛けて行います。イスの高さも、足の裏がすべて床につくような高さにします。
足をきちんと揃え、左右の親指をつけて、かかとをひらきます。
丁度、「ハ」の字のようになります。その状態で、片方のかかとを10回、上に持ちあげます。
同じように反対の足のかかとも、10回持ちあげます。この時、つま先は床に付けたままです。10回ずつやったら、終わりです。

その3)  今度は、座った体勢で行うストレッチです。膝を伸ばして座り、足を少し開きます。
まず、右手で左の足先を掴みます。同じように、今度は左手で右の足先を掴みます。左右交互にテンポよく行います。
手が、足先に軽く触れる程度でも十分なので、足先を掴めなくても、大丈夫です。

その3)のストレッチは、太ももの後ろの筋肉とお尻の筋肉に効果がある運動で、柔軟性もあがります。
座った状態での運動に慣れたら、次は、立った状態で行ってみましょう。さらに、美脚効果が高くなります。
エアロビクスや運動をしている方は、準備運動としても、お馴染みの動きでしょう。

この他にも、“ストレッチ運動”として知られている動きには、美脚を作るために必要な筋肉を、効率的に刺激してくれるものがあります。

いつでも、簡単にできる“ストレッチ運動”を、ぜひ、美脚のために取り入れてみてはいかがでしょうか。

美脚を求める方にお勧めのしたい1冊が、「セレブ脚14DAYS集中レッスン」です。
今回紹介する、「セレブ脚14DAYS集中レッスン」は、日本ウォーキングセラピスト協会の理事を務める、長坂靖子(ながさか やすこ)さんが書かれたものです。

長坂靖子(ながさか やすこ)さんは、1985年にミス日本、1990年には、準ミス・ワールド日本代表に輝いた方です。
長坂さん自身、コンプレックスだったO脚が、結婚・出産後に始めたウォーキングで、改善されたという経験をお持ちです。
さらに、このウォーキングによって、骨盤や太ももをスリムにすることに成功されたとのことです。

この経験をきっかけに、ウォーキングインストラクターの資格を取得しました。
現在では「年齢に関係なく、身体の機能維持・活性化することで、美しさを保ち続ける」をテーマに、幅広く活躍されています。
また、多くの女性に美脚のための歩き方を伝授するだけでなく、ビューティーセミナーや立ち居振る舞いなど、多くの面から、『美』というものを、追求していらっしゃいます。

そんな長坂さんが美脚のために、実際に行っている方法が、この「セレブ脚14DAYS集中レッスン」には、ぎっしり詰まっています。
例えば、美脚のためのエクササイズや女度アップのための立ち方・歩き方、とびきり美人に写る方法、お手入れ術など、美脚にかかわるすべてのことが詰まっているのです。

「セレブ脚14DAYS集中レッスン」は、多くの女性が持つ、さまざまな悩みに対応しているので、“パンツが似合う綺麗なヒップにしたい”“ポッコリしているお腹が気になる”“ふくらはぎが太くて履けるブーツがない”“セルライトを退治したい”など、これ1冊で解消できるでしょう。
そのためには、この本の内容を実践する努力も、その後の続ける努力も美脚を手に入れるためには、もちろん必要ですが、20年間体型を維持し続けている長坂さんの「セレブ脚14DAYS集中レッスン」なら、あなたの望みも叶うかもしれません。


「セレブ脚14DAYS集中レッスン」では、2週間、自宅で集中的にレッスンすることで、美脚を目指せるようになっています。
ですから、忙しい方でも、飽きっぽい方でも、2週間という短い期間なら、取り組みやすいのではないでしょうか。

美脚を目指すためには、引き締まった筋肉も必要です。そのために「ウォーキング」を取り入れている方も多いでしょう。
「ウォーキング」は、運動不足解消や肥満解消のために手軽に始められる運動として人気があります。
また、「ウォーキング」のような、軽くて、長期間行う有酸素運動では、足のポンプ機能の働きで、脚は引き締められていくので、美脚に対しても、とても効果があります。

ですが、かかとを引きずって歩いたり、つま先が内側を向いているような歩き方では、美脚の効果はありません。

「ウォーキング」で大切なのは、“正しい歩き方”です。美脚を目指すなら、“正しい歩き方”をマスターして、意識して歩きましょう。

歩き方のイメージは、ファッションモデルの歩き方です。分かりやすく言うと、まず、上半身はまっすぐ姿勢を正します。
脚を動かす時は、腰から前に出すような感じで、脚の付け根の部分から、脚全体を出します。
そして、膝の裏を伸ばすようにして、カカトから着地します。

反対の脚も、膝からももを伸ばすように意識して、つま先で床を押します。
歩幅も少し大きめにして、膝の内側が軽く触れ合うような感じで、100mくらい先を見るようにして歩きます。
足元を見てしまうと、猫背になってしまいます。また、腰が落ちて、お尻が突き出た感じで歩かないように、注意しましょう。

「ウォーキング」の正しい姿勢というのも、かなりきつく感じるでしょう。慣れるまでは、少し歩きにくいかもしれません。
ですが、ゆっくりなペースでも、正しい歩き方を意識して「ウォーキング」を続けることで、充分に美脚効果はあります。

この基本の歩き方を続けることで、正しい姿勢になりますし、脚だけでなく、体全体に正しい位置に筋肉がつくようになります。
また、「ウォーキング」によって、脚全体の筋肉が綺麗に整えられるので、O 脚の改善にも繋がります。

そして、足のポンプ機能(ミルキングアクション)により、足の筋肉が心臓に血液を送り返すのが、スムーズにできるようになるので、血行がよくなり、むくみも解消されます。また、疲れに強い脚を作ります。

よく、膝下部分だけが動いている歩き方や、腰が落ちて、膝を曲げたまま歩いている方を見かけます。

こういう歩き方は、ふくらはぎの筋肉を必要以上発達させ、姿勢も悪くします。
美脚に良いからといくら歩いても、このような歩き方では、どんどん美脚から遠ざかってしまいますので、注意しましょう。


運動不足を感じている人、脚のむくみが気になる人は、「ウォーキング」を取り入れてみませんか。
第二の心臓と言われる足を鍛えて、健康な身体と一緒に美脚を手に入れてしまいましょう。

美脚の集中ケアとして「ヤムナフットフィットネス」が、注目されています。
「ヤムナフットフィットネス」は、ヤムナ・ゼイクさん発案の脚のためのフィットネスです。

まず始めに、「ヤムナ」について簡単に説明しましょう。「ヤムナ」とは、“川”という意味があります。
彼女は、体内のエネルギーの流れを川に例え、あらゆる場所に良いエネルギーを運ぶようにすることを考えています。
そして、ヨガのインストラクター、アロマセラピスト、ハーブ研究家でもある彼女は、それらの知識を取り入れながら、心地よく体を整えていくことで、癒しと健康を作り上げると考えています。

1979年、ヤムナ・ゼイクさんは、娘を出産したことによる、股関節の故障をヨガをベースに癒す中で、“ヤムナ・ボディ・ロジック”が誕生しました。

「ヤムナフットフィットネス」は、美脚を作るフィットネスで、全体がデコボコしている半球体でゴム状の専用器具を使用します。
この専用器具は、「ヤムナ フットウェイカーズ(R)」というもので、これに上手に乗れるようになることが、「ヤムナフットフィットネス」の、第一歩となります。なぜなら、ヤムナフットフィットネスの中で一番重要なのが、この「ヤムナ フットウェイカーズ(R)」に乗ることだからです。この「ヤムナ フットウェイカーズ(R)」に乗るためには、正しい姿勢で、正しい力を加えなければならないのです。
力の加わり方が正しくないと、かなり不安定な状態になり、普段の姿勢が、いかに正しくないか、実感できるでしょう。
かかと立ち、つま先立ち、指の柔軟などのエクササイズは、「ヤムナフットフィットネス」の、第一歩をクリアして、正しい姿勢で乗れるようになってからになります。とにかく、初めての方でも正しく「ヤムナ フットウェイカーズ(R)」に乗り数分で、全身がポカポカ温まり汗ばんでくるのを実感できますから、かなりの美脚効果を実感できるでしょう。

美脚をつくる「ヤムナフットフィットネス」は、東京都千代田区麹町「YAMUNA STUDIO」で体験できます。
(東京青山の「青山Rhythm」は、2009年9月30にをもって終了しました。)
また、 BS で2009年8・9月に放送された『シンデレラフィットネス! NY 発オンナを磨く3ステップ』の、エクササイズがDVD になりました。興味のある方は HP をチェックしてみてください。

美脚と骨盤はとても深い関係にあるのをご存知ですか。
“骨盤のゆがみ”というのが、左右の脚の筋肉のバランスや柔軟性に大きく影響されることがあるのです。

一般的には、骨盤がゆがむと、下半身の血行が悪くなり、美脚の敵“むくみ”を引き起こすと言われています。
そこで、骨盤のゆがみを矯正することで、“むくみ”を解消し、美脚への期待もできると言われています。

ですが逆に、骨盤を支える脚の筋肉や柔軟性のバランスの悪さが、骨盤のゆがみの原因になっているというのです。
ですから、骨盤のゆがみは、美脚を目指すために脚を整えることによって、解消できることがあるのです。

バランスの悪さからくるゆがみに対しては、外部からの矯正法よりも、身体の内部に働きかける力をもっているヨガのエクササイズが有効です。
ヨガのポーズは、美脚の敵である、むくみやゆがみを解消し、ボディいバランスを整える効果が一番期待できる方法です。

では、初心者でも簡単にできる美脚のためのヨガのポーズをご紹介しましょう。

「サギのポーズ」 このヨガのポーズは、脚全体をスッキリ引き締めてくれます。
細くて長い、しなやかな美脚を目指して、チャレンジしてみましょう。

1) 両脚を伸ばして座ります。背筋がまっすぐになるように注意します。
2) 両手で右のふくらはぎを支え、脚を持ち上げます。
3) 鼻で息を吸いながら、骨盤が立つように意識して、背筋をまっすぐに伸ばすようにします。
4) 口で息をはきながら、右足をゆっくりと持ち上げていきます。
5) 上げる高さは、無理なく上げられる高さまで。できるだけ、背筋と膝がきちんと真っ直ぐ伸ばすように意識しましょう。
6) そのまま10秒間キープしたら、ゆっくりと右足をおろし、反対の脚も同じように行います。

初めは膝を伸ばすことも、脚を上げることも辛いかもしれません。
ですが、続けることで必ず柔らかくなり、心地よくなるストレッチです。

このポーズがラクにできるようになったら、今度は、ふくらはぎでなく土踏まずを持ってするやり方にも、チャレンジすると良いでしょう。
ヨガのポーズをとる時は、呼吸はゆっくりと、リラックスして行うのがポイントです。

美脚を求める方の多くは、O脚の悩みを抱えているようです。
ですが、日本人の8割から9割の方がO脚と言われているのをご存知でしょうか。

O脚になりやすい骨格の遺伝や、横座りや割り座などによる、骨盤への影響が原因だと言われています。
しかし、日本人でもスラっと伸びた美脚をお持ちの方もいますよね。
ですから、日本人だからといって、O脚だからといっても、諦める必要はないのです。

なぜなら、O脚は矯正できるからです。
O脚を矯正して、美脚を作るために、整体院を利用してみましょう。

整体院では、美脚に向けて、全身の前後の傾き・骨盤の傾き・股関節、膝関節、足関節の位置・下腿、大腿の筋肉・胸郭の張り位置・首とあごの関係など、全身の矯正をします。特に、骨盤を矯正することで、むくみや冷え、腰痛、肩こりなども良くなるので、美脚効果もあがるのです。

自分で行うO脚を矯正するためのエクササイズもありますが、間違ったやり方をしてしまっては、何にもなりません。
ここは、骨格を知り尽くしているプロの手に任せる方が、確実に効果があります。

美脚のために脚の矯正をするのなら、体型の変化があらわれる前に行うのが良いでしょう。
女性の場合、30代を境目として、体型に変化が出てくるようです。30代というと、ほとんどの場合、妊娠や出産といった経験を経て、子育てに忙しく、自分に気を使う余裕がない時期かもしれません。ですが、妊娠や出産というのは、骨盤に大きな影響を与えます。
また、体力的にも無理が効かなくなりはじめる時期でもあり、身体のバランスが崩れやすくなるのです。
確かに、40代50代の方でも整体院で施術を受けることで、矯正の効果はあります。
ですが、バランスの崩れた箇所が多くなると、なかなか真っ直ぐな美脚にはなりにくく、20代のうちから矯正を受けている方と比べると、その差は明らかです。

ですから、真っ直ぐな美脚に近づけるために、脚の矯正をするのなら、若いうちに行うか、バランスの崩れた箇所が少ないうちにするのが、良いと言われています。

脚のバランスに不安がある方は、整体院で体のバランスチェックを一度受けてみると良いでしょう。
O脚などは、数回の施術でかなり矯正の効果があらわれます。
ですから、O脚だからと諦めないで、美脚矯正で、真っ直ぐな脚を目指しましょう。