スポンサードリンク


加齢臭は男性ばかりではなく女性にもあり、男性は40歳代から加齢臭が始まるのに対し、女性はその約10年後の50歳代くらいから加齢臭が感じられるようになるとされています。

女性が男性より加齢臭のスタートが遅いのには、女性ホルモンが関係しているといわれます。生理がある間は女性ホルモンによって皮脂腺の脂肪酸をを酸化する働きがセーブされ、ニオイのモトであるノネナールがつくられにくいため、加齢臭はしにくくなります。しかし閉経後、女性ホルモンの働きが弱まるころには女性にも加齢臭が感じられ始めるようです。
しかし、女性は化粧品や香水などを使うことが多いですから、加齢臭があってもそれと気づかれないこともあるでしょう。

ところが、最近は若い女性でもストレスなどの影響でホルモンのバランスが崩れてしまい、早い時期から生理が止まってしまったり、動物性たんぱく質や脂質に片寄った食事のせいでカラダのニオイが気になる人が増えています。

加齢臭を絶つには、女性の場合、体を若々しい状態に保って女性ホルモンの分泌機能を低下させない事が一番ではないでしょうか。女性ホルモンを補うサプリメントも使えるでしょう。、
そして、肉中心の食事を野菜などをバランスよく取り入れたメニューに替え、「畑の牛肉」といわれる良質のたんぱく質で、女性ホルモンを増やす効果もあわせ持った大豆などを積極的に使うのもいいでしょう。

良い香りのシャンプーや石鹸など、高い防臭性がある加齢臭対策グッズもお勧めです。
健康維持、食事、ニオイのケアなど、加齢臭には多方面から気を配りましょう。

加齢臭がするのは男性?女性? それはもちろん、時に「オヤジくさい」などと言われたりする男性がほとんどにちがいない、と思っている方が多いのではないでしょうか。
しかし実際には、加齢臭は男女の区別なく起こり、男性は40代、女性は50代頃から香り始めます。

しかし男性の加齢臭が強烈だったりするのは、女性より男性のほうが皮脂(ノネナールに変化して臭いの原因となる)がたくさん出ること、女性は女性ホルモンの作用でノネナールが少ないことなどがあげられます。しかし、女性も閉経後は女性ホルモンの分泌が減ることで加齢臭も出やすくなるといわれます。

一方、女性の加齢臭があまり目立たないのは、女性の多くは清潔好きで、匂いの身だしなみにも敏感、頻繁に入浴をしたり衣服を着替えたりして、体臭を抑えるケアを熱心に行う人が多いことにも関係がありそうです。

女性たちは、防臭グッズをいくつも選んで組み合わせたり、アロマや入浴剤の香りを楽しんだりしながら「臭いケア」をしているようです。飲むと体から良い香りがするサプリメントなども今や女性たちには外せないアイテム。その他にも消臭スプレーを携帯するなど、ニオイのエチケットには万全の対策を講じているようです。

男性のほうはどうでしょう?
きちんと体臭ケアをしている男性もいる一方で、体臭の強さを男らしさのシンボルと見る傾向も根強く存在し、自分の臭いにまったく無関心な男性もいます。
男はクサくてもいい?!男性と女性で加齢臭の強さに差があるのは、こんな所にも理由がありそうですね。

加齢臭だと思っていても、実は違うことがあります。
体臭を伴う病気や、加齢臭に間違われやすい病気、加齢臭が強ければ気をつけたほうがいい病気にはどのようなものがあるでしょうか。

■ワキガ、多汗症
加齢臭とワキガ、多汗症は、体臭があるという点ではよく似ており、素人には判断が難しい場合があります。臭いの原因が加齢臭なのか、それ以外の病気なのかを知るには病院で診察を受けた方が良いでしょう。
また、汗にもいろいろあって、体を動かしたことや高い気温などの影響で汗をかくのは全く問題はありませんが、多汗症の場合はストレス、甲状腺の病気、ホルモンバランスの乱れなどによる異常な発汗ですから注意が必要です。

■水虫
足がにおう時は、加齢臭と水虫の両方の疑いがあります。
足はムレやすいので、一般に臭いがちですが、実は水虫に罹っていてそのせいで臭いが強くなっているのに、そのことに気付かない人もいます。水虫を放置しては他人に感染させてしまいます。臭いが余りひどい場合は皮膚科を受診して水虫の検査を受けましょう。

■生活習慣病
また、加齢臭が強い人には、生活習慣病が潜んでいるかもしれませんから気を付けましょう。
動物性たんぱく質や脂質の多い食事、運動不足、過度の飲酒や喫煙、不規則な生活習慣などは、加齢臭を強める要因になるばかりでなく、そのまま放っておくと高血圧や動脈硬化をはじめとする生活習慣病を引き起こす可能性が高くなります。
加齢臭が強い人は、隠れた病気に注意し、健康管理に十分気を配る必要があります。

加齢臭があることで困ることはいろいろあると思いますが、その中には洗濯も含まれるでしょう。
加齢臭は独特な臭いで、よく洗ったはずの洗濯物にもその強烈な臭いが取れずに残ってしまうのが、強い加齢臭を持っている人たちの共通の悩みとなるようです。

シャツの襟周り、靴下、下着類は、加齢臭が特に出やすい襟足、足、脇の部分に触れるので、臭いが残るばかりでなく、汗ジミでうっすらと黄ばんでしまう事もあります。
また、ハンカチやタオルなど、汗を拭くのに使われる物にも臭いが残ります。
加齢臭の臭いを取るには、加齢臭をしっかり落とすタイプの洗剤を使うと、スッキリと洗いあがり臭いも残らないようです。

加齢臭持ちの人のお洗濯に、おすすめは外国製の洗剤です。日本人よりも体臭の強い外国人のために作られた洗剤は体臭をきちんと落としてくれて、加齢臭の臭いも残りません。
また介護用洗剤は、尿などのアンモニア臭を取り除くための脱臭性が高く、加齢臭が染み込んだ衣類の洗濯と脱臭にも適しています。
外国製の洗剤や介護用洗剤は、大手ドラッグストアや、福祉・介護用品を扱うお店で入手可能です。

加齢臭を取るには重曹も良いとされます。
重曹は優れた脱臭力がある上に、衣類の黄ばみも取ってくれますから、白いワイシャツなどには最適です。洗濯洗剤で洗う前に、重曹でこすり洗いやつけ置き洗いをしておくとたいへん効果があり、臭いも落ちやすいようです。

加齢臭のある人の衣類の洗濯は、それに適した洗剤で行い、服や下着に残る嫌な臭いを取り除きましょう。

加齢臭が出るようになる年代では、加齢臭と同時に口臭にも困っている人はけっこう多いとされてます。

口臭にはいくつかのケースがあります。
●歯の間に残った食べかすに細菌が群がり、それが歯垢となって悪臭を発する場合
●虫歯、歯肉炎、腎臓、肝臓などの病気の影響による場合、
●舌の上に溜まる白いコケのような「舌苔」(ぜったい)が原因である場合、
●入れ歯の臭いが出ている場合

加齢臭が始まるは40~50歳代は、体の老化が開始される時期に当たり、歯、内臓など体のあちこちにトラブルが目立つようになり、口臭も起こりやすくなります。
また40~5歳0代は入れ歯を使用し始める年代であることも、加齢臭が始まるのと同時に口臭が出る傾向の一因となっている可能性があります。

口臭を抑えるには何と言っても歯磨きを行うことが第一。歯ブラシだけでなく、デンタルフロスや歯間ブラシを使って歯垢をていねいに落としましょう。
また、歯科医で歯石を取り除いてもらったり虫歯の治療を行うのも効果的です。

口臭の原因となる「舌苔」は、上皮細胞などが細菌や新陳代謝によって舌に付着したものです。舌苔は、舌苔専用のブラシなどを使って定期的に取り除きましょう。

年を取ると唾液が出にくくなるために口の中に細菌が繁殖しておこる口臭、長年のタバコの臭いが歯に染み付くことによる口臭もあるでしょう。

皮脂腺から出るノネナールの臭いである加齢臭とはまったく異なりますが、「加齢口臭」というのは確かにありそうです。注意が必要ですね。

加齢臭はタバコから大きな影響を受けます。
加齢臭が皮膚から漂い出すのには、体内の活性酸素が増えることと密接な関連があるのですが、ニコチンは活性酸素の塊ともいえる物質ですから、このニコチンによって脂肪酸の酸化と分解が加速され、加齢臭のニオイのエキスであるノネナールがつくられ、喫煙者特有の強い加齢臭となります。

また、タバコの臭いはそれだけでもたいへん強烈で、ヤニ臭さは衣服や髪にまで移ります。そのニオイに加齢臭が混じるといっそう不快な臭いとなって、いくら対策をしても残ってしまうようになります。

タバコには中毒性があるニコチンが含まれ、肺ガン、動脈硬化、心筋梗塞などの要因にもなり、健康を維持するためには禁煙が必要な事は広く知られています。また、副流煙による健康被害は社会問題となっており、喫煙は周囲にも被害を及ぼします。

加齢臭を抑えるにはアンチエイジング(老化防止)も重要ですから、体をサビ付かせ、老化を早めるニコチンやタールには、できるだけ近づかないようにしたいものです。

喫煙者は、今は数多く出回っている禁煙グッズなどを使って早めに禁煙するようにし、禁煙に成功するまでは、坑酸化作用のあるビタミンCを毎日多く取るようにして活性酸素の増加を防ぐなど、加齢臭対策をしておきます。

加齢臭の生成に大きな影響を与えるのが男性ホルモンと女性ホルモンです

男性ホルモン(アンドロゲン)は、男性の体を男性らしく発育させ、青年期の筋肉の発達や声変わりなどを促進します。闘争心や攻撃性を掻き立て、性欲を強めるなどの働きもあります。男性ホルモンは男性ばかりでなく女性の体内にも存在します。

男性ホルモンは、男性が男性らしく見えるためには必要不可欠ですが、実は加齢臭とも深い関連があります。
加齢臭は皮脂の分泌が活発だとより強烈に臭うとされています。男性ホルモンは皮脂分泌を増強させることから、男性ホルモンが多い人は加齢臭のニオイ物質であるノネナールの生成も活発になり、その結果加齢臭が強くなる傾向にある事が分かっています。

では、女性ホルモンのほうはどうでしょう。女性らしい体を作り、生理などに大きな影響がある女性ホルモンは、閉経によって急速に分泌量を減らしてしまうのが特徴です。
女性ホルモンには脂肪酸の酸化を防止する作用があるため、女性は女性ホルモンの分泌量が低下する50代までは加齢臭がし始めることが無く、50代を超えて更年期に入ると加齢臭が始まるとされます。

年を取るにつれ女性ホルモンは激減します。一方、男性ホルモンは減少することはあっても急激に減ることはありません。
加齢臭をあまり臭わないようにコントロールするには、年をとっても女性ホルモンを分泌させることができるように体内の環境を整えることが必要です。

加齢臭が強い人はメタボにも注意が必要だといわれています。
内蔵脂肪型肥満、高血圧、高脂血症、高血糖のうち2つ以上が合併した状態をメタボリック・シンドローム(メタボ)と呼びます。メタボになる原因には、食べすぎ、運動不足、タバコ、アルコールなどがあげられます。
政府によって2008年から義務付けられた「メタボ検診」を既に受けた人も多いことでしょう。

メタボの人はほとんどが肥満体です。皮膚から加齢臭を発しているのは脂肪酸が分解してできたアセトアルデヒドですから、体に脂肪が多いということと加齢臭とは無関係ではないようです。

また、自分の加齢臭に気付いたら、不規則な生活や暴飲暴食が加齢臭の原因になっていないかをチェックして、これまでの生活を見直す必要があります。
加齢臭とメタボは実は同じ原因から生まれていて、とても近い関係にあります。生活を規則正しいものに改めることで体質の改善に勤めれば、加齢臭もメタボも同時に解消して行くかもしれません。

最近登場した「メタボ臭」という言葉をご存知ですか?
「メタボ臭」とはメタボ体型の人から漂う独特の体臭を指しているようです。加齢臭とはちがったメカニズムから来ていて、臭いにも違いがあるようですが、普通は加齢臭と同じ意味で使われています。
加齢臭もメタボ臭もどちらもあまり良いニオイとはいえず、対策を練って撃退したいものですね。
まずは、臭いのモトを体内から絶つことができるような生活習慣を獲得して、消臭、防臭にも気を配りましょう。

加齢臭の予防にはエイジング・ケア(老化対策)も効果があることをご存知でしょうか?
中高年の体臭変化である加齢臭は、年齢を重ねれば誰にでも生じるものです。しかし、加齢臭の原因のひとつには不規則な生活習慣が挙げられますから、健康的な暮らしを送るよう努力するだけでも加齢臭の予防につながります。

アンチエイジング、つまり老化を遅らせることや、そのためのライフサイエンスは、美容と健康に心を配る女性たちの間で進化し、定着しています。
体内の老廃物の排出、栄養バランスの取れた食事、定期的な運動、充分な睡眠、ストレスフリーの生活、健康的なダイエット。こういったアンチエイジングの項目は加齢臭対策にもきわめて有効です。
たとえば、体内の脂肪が少なければ加齢臭の元となる脂肪酸が少ないことにもなり、太っているよりは痩せていた方が加齢臭などの臭いが少なくなる傾向があるとされます。ダイエットは加齢臭対策でもあるのです。

アンチエイジングを後押しするさまざまな成分についても、最近では大いに注目が集まっています。その中でも、ビタミンC、ビタミンE、カロテン、ポリフェノール、カテキンなどは坑酸化作用が強く、加齢臭予防にも効果バツグンといえます。これらの有効成分が配合されたサプリメントもありますから、試してみるのもいいでしょう。

加齢臭は老化による症状のひとつである事を踏まえると、アンチエイジングで体を中から若く保ち老化を予防することは、加齢臭の予防に繋がります。加齢臭を元から断つためには、アンチエイジングこそが根本的な解決策だといえるでしょう。

加齢臭のニオイの元は、ノネナールという成分だと分かっています。
ノネナールは毛穴とセットになっている皮脂腺の中に、中高年以降に存在する9-ヘキサデセン酸という脂肪酸が酸化によって分解したり、細菌によって分解したりすることでできます。
青年期は体内に老廃物も少なく、体のニオイは余りしないものですが、老化が始まる40代前後からノネナールが増加し、加齢臭が出る原因となります。

魚と野菜が中心の食事をとることが多かった日本人は体の臭いが少ないといわれてきました。しかし、最近では日本人の食事も西欧化して肉を中心とした高タンパク高脂肪のものに変わっています。そのために日本人の体質も徐々に変化し、体臭が出やすいものになっている可能性があります。

体内のノネナールはストレス、タバコ、アルコールの影響よっても増加します。
また、体にさまざまな悪影響を与える活性酸素が体内でに増加すると、それに伴ってノネナールも増加することが分かってきています。
ストレスを減らし、タバコやアルコールを控えた健康な生活習慣に加え、坑酸化作用のある食品を積極的に摂るようにすると、気になる加齢臭も少しずつ体から取り除かれていくでしょう。

加齢臭は、ろうそくやチーズの臭い、かび臭い古い建物の臭い、青臭い臭い、つんとくるすっぱい臭いなどさまざまに表現され、普通の体臭とは別の独特のニオイであるとされます。
男性の場合は特に、加齢臭と男性特有の体臭とが混ざりあって、体調によっては他人を不快にさせる強烈な臭いになる場合もあり、「オヤジ臭」「オヤジ臭い」などと言われて嫌がられることになってしまいます。
そうならないように臭いの原因チェック、臭いをシャットアウトするケア、そして体質改善にも努めましょう。