スポンサードリンク


発毛・育毛専用シャンプーやアミノ酸系シャンプーなど、世間では様々な種類のシャンプーが販売されていますが、あまりにも種類が多すぎて、私たち消費者を混乱させる「成分表記トリック」を駆使した「思わせぶりシャンプー」も販売されており、私たちがシャンプーを選ぶ時間を、無駄な費やす原因の1つとなっています。
そこで、シャンプー選びで皆さんが混乱しない様に、「これぞAGA(男性型脱毛症)の為のシャンプー」と言える商品を、ここで1つご紹介したいと思います。
「DEOCO・(デオコ)・S2」。
このシャンプーは、AGA(男性型脱毛症)を予防・改善させる様々な栄養成分を含有している上、頭皮のダメージとなる成分を一切含んでいないシャンプーで、常温保存では腐ってしまう「100%天然シャンプー」なのです。
また「弱酸性」という、毛髪にとって非常に理想的な性質を保ち、洗髪の際、頭皮や髪にシャンプーの栄養成分を残してくれるので、シャンプー後のリンスも必要としません。
AGA(男性型脱毛症)の症状別に使用方法をご説明すると、まずAGA(男性型脱毛症)の改善を真剣に考えて使用する場合は、DEOCO・S2を現在使用しているシャンプー・リンスの代わりに使用し、更に、発毛剤などを併用してAGA(男性型脱毛症)症状の改善を目指しましょう。
また、将来に備えてとりあえずAGA(男性型脱毛症)対策をしておきたいという方は、DEOCO・S2をシャンプー・リンス、そして発毛剤を兼ねて使用すれば、AGA(男性型脱毛症)対策として充分です。
※1本で1ヶ月半から2ヶ月位使用できます(税込10290円・200ml)。

AGA(男性型脱毛症)の改善・予防の為に欠かせない要素の1つとして、洗髪が挙げられます。
そもそも、頭皮の過剰な皮脂や汚れを落とす事が一番の洗髪の目的で、洗髪しないという事は、顔を洗顔しないのと同様です。
もし、洗顔しなければニキビなどの様々な肌トラブルが発生するように、頭皮であれば、フケ・かゆみやAGAなどの、様々なトラブルが発生する事になります。
「シャンプー」は、このようなトラブルを予防・改善する為に、洗髪にとって必須アイテムです。
通常のシャンプー・AGA用シャンプーにかかわらず、シャンプーを選択するコツは、頭皮に不必要なダメージを与えず、かつ頭皮の過剰な皮脂をしっかり落とせる洗浄力を持った商品です。
「アミノ酸系シャンプー」、「石鹸系シャンプー」、「高級アルコール系シャンプー」など、シャンプーの種類にも様々なものがありますが、中でも「アミノ酸系シャンプー」が、AGA対策として最も有効な性質を持っています。
一般的なスーパーやドラッグストアなどでは、この「アミノ酸系シャンプー」は取り扱っておりませんが、「ケンコーコム」などのインターネット通信販売などで探してみると、簡単に手に入れることができます。
値段も通常のシャンプーと比べると「アミノ酸系シャンプー」の方が少々高価ではありますが、AGA対策には大変効果的なシャンプーですので、是非一度、お試しください。

AGA(男性型脱毛症)の改善や予防を考えている方たちに、低体温を効果的に解消できる「足湯」は、是非とも実践していただきたい方法です。
低体温症というハンデを抱えた方たちが、体温を上昇させ、それを安定させる為には、大変な努力と時間が必要となりますが、AGA対策として効果を期待するならば、三日坊主で終わることなく、確実に継続できる方法でなければなりません。
「足湯」は、手軽で実践しやすく、効果的な方法として、大変理想的なおススメの方法なのです。
「足湯」には、本格的な「足湯専用器」を利用した方法と、バケツやたらいなどを利用した最も手軽な方法と、2つの方法があります。
予算や効果面を考えながら、これらどちらの方法を実践してもかまいませんが、本格的に、AGA対策を行ない、低体温症を解消したい方には、やはり「足湯専用器」を一番おススメします。
本格的な発毛サロンなどで「足湯器」は、AGA改善の一環として活用されているアイテムで、昔からその高い効果が知られています。
足湯器を選ぶ最大条件としては、お湯が「くるぶしの上の足首まで」浸かる、という事です。
と言うのは、お湯が浅すぎると足湯というのは、充分な効果が得られないからなのです。
市販されている足湯器の中で、一番おススメの商品に、「冷え取り君」という商品があります。
39000円(税込)と、価格は決して安くはありませんが、1時間使用しても電気代は1円と安いので、AGA対策アイテムとして長期間に渡って使用することを考えると、決して損ではない買い物だと言えるでしょう。

AGA(男性型脱毛症)と「体温」には、非常に密接な関係があると言われています。
特に、「低体温症」はAGAの大きな一因であり、実際、AGAに悩む人の多くが、低体温症の人なのです。
低体温症の弊害は色々挙げられますが、栄養の吸収率が低くなり、充分な栄養を食べ物から摂取しても、無駄になる栄養素が多くなってしまうという「栄養吸収と新陳代謝の悪化」が、一番深くAGAと関連している弊害で、これによって、新しい毛髪を成長させる速度が遅くなってしまうのです。
つまり「AGAになりやすい体質の人は冷え性体質」と言っても過言ではない為、平熱が35℃~36℃ぐらいの人は、せめて36℃後半くらいまで平熱が上がるように、色々努力する必要があります。
簡単に身体を温める主な方法として、「風呂に入る時は、シャワーではなく、湯船のお湯にゆっくり浸かる」、「身体を温める効果がある食材、ショウガなどを食事に積極的に取り入れるようにする」、「冷房などで身体を冷やし過ぎないようにする」などが、基本的な方法として考えられます。
しかしながら、普通、これらの基本方法だけでは、なかなか冷え性体質は改善されませんので、プラスアルファとして別の方法も取り入れて行かなければなりません。
中でも「足湯」は、冷え性体質改善に非常に効果的で、是非お勧めしたい方法の1つです。
「足湯」は、誰でも簡単に手軽に実践することができる上、非常に高い効果が得られる「最も効果的な体温上昇法」で、お金もほとんどかからないのが魅力的です。

AGA(男性型脱毛症)と「睡眠」には、とても重要な繋がりがあり、「寝る子は育つ」という言葉からもわかるように、睡眠は、少しでも毛髪を太く長く育てる為に、欠かせない要素なのです。
女性が美顔やキレイな肌を保つ為のスキンケア対策の1つとして、充分な睡眠を取ることと全く同様で、AGA対策としても、「夜10時~朝2時までの4時間の間は必ず寝ている」という事は、大変重要です。
「睡眠のゴールデンタイム」と呼ばれているこの4時間は、AGAを抑制・予防する為に、身体の新陳代謝、つまり毛髪の成長を促すのに、最も理想的な時間帯になるのです。
もう1つ、欠かせない要素としては「充分な睡眠時間の確保」があります。
ただ単純に長く寝れば良いのではなく、「7時間~7時間30分」くらいが、人間にとって理想的な睡眠時間と言われています。
睡眠の深さも重要で、「身体を温めてから寝る」、「自分に合った枕を選ぶ」、「夜中の12時前に布団に入る」、「嫌な事は寝る前に考えない」、「カモミール等のノンカフェインのリラックスティーを寝る前に飲む」、「鼻詰まりなどを解消する工夫をする」など、熟睡のコツは色々あります。
AGAと睡眠の長さや質には、あまり関係が無いのではないかと考えている人も多いようですが、事実、AGA専門家の間では、睡眠を工夫することは、「最も効果的で、最も低コストな方法」であると言われています。

AGA(男性型脱毛症)にも少なからず影響いる「食生活」は、人間が生きていく為に、最も重要な生活習慣と言えるでしょう。
食生活は、人間が生命を維持していく上で欠かせない生活習慣で、また「食文化の違い」としても、様々な国や地域によって異なり、「平均寿命」や「平均身長」などに大きく関わってきます。
ですから、きちんと1日3食を摂り、なるべく野菜類を多く、そして毛髪の材料となる「たんぱく質」の多い、魚・豆類などをふんだんに摂取できるようなメニューを心がける事が、AGAを予防し、毛髪を成長させる為には必要です。
最近は特に多いようですが、1日2食という朝食を抜いた食生活は、身体に最も悪く、もちろん毛髪にも悪影響を及ぼすので注意が必要です。
また、油を使った「揚げモノ」や油分の多い「肉類」、「甘いモノ」など、脂肪分や糖分を多く含んだ食物は、頭皮に過剰な皮脂分を与える原因となってしまい、AGAの症状を促してしまうので、摂り過ぎは禁物です。
普段の食事から、各種ビタミンやミネラル、たんぱく質を意識して摂り入れ、お菓子やジュースなどを摂り過ぎなければ、基本的には大丈夫ですが、どうしても食生活が不規則になったり、乱れたりする場合は、手軽に口にすることができるサプリメント(健康食品)を上手に活用して、ビタミンやミネラルを補ったり、「きな粉」や「豆乳」を活用して、良質なたんぱく質を摂取すると良いでしょう。
大切なのは、あまり神経質に食事管理を行うと、かえってストレスの原因となり、AGA予防の食生活のはずが、AGAを促進させてしまう結果になってしまうので、ある程度努力は必要ですが、決して無理はしないようにしましょう。

AGA(男性型脱毛症)の発症には、「睡眠」や「食事」、「運動」、「ストレス」、「飲酒」、「喫煙」などの生活習慣が、深く関わっています。
日常生活で、これらの生活習慣が不規則な状態が続くと、身体に大変な悪影響を与え、「生活習慣病」と呼ばれる、不健康病の代名詞とも言える病気を発症することになります。
生活習慣の乱れで発症する「生活習慣病」は、人間の身体の一部である毛髪も重大な悪影響を及ぼし、AGAの症状を大きく促進させる原因となるのです。
ですから、AGAを抑制・予防するには、まず最初に、普段の生活習慣の乱れを整える事から始める必要があり、「発毛剤・育毛剤」を使用したり、「発毛サロン」に通ったりは、それからなのです。
どれほど優れた発毛剤・育毛剤やシャンプーを使用しても、生活習慣の乱れを整えない限り、脱毛症は治すことができないと、AGAの専門家達は語っています。
つまり、毛髪に対して悪い要因を取り除いていく、いわゆる「マイナスの発毛法」の方が、毛髪をケアしていく「プラスの発毛法」より、AGAを抑制・予防する効果が大きい、というわけです。
生活習慣を整える具体的な方法としては、暴飲暴食をせず、毎日の食事による栄養バランスを整える、充分に睡眠を確保する、無理のない適度な運動を行う、適量の飲酒と禁煙、そして何よりも、上手にストレスを発散し、溜め込まない生活を送るように、心掛けることでしょう。

AGA(男性型脱毛症)に悩む人にとって、植毛を専門に取扱うクリニック(医院)は、AGA(男性型脱毛症)の治療・改善における選択肢の一つでしょう。
以下に、幾つか「植毛クリニック」のご紹介をします。
①「アイランドタワークリニック」は、「自毛植毛の専門クリニック」として、札幌、新宿、名古屋、大阪、福岡の全国5箇所に展開しています。
公式サイト上に、植毛費用などの概要が記載されていますが、無料診察を受診後に、個人個人の細かい詳細について決めるようになっています。
②「ニドークリニックグループ」は、全国でもかなり広範囲において医療展開していますので、一度くらいは名前を聞いた事がある方も多いと思います。
現在では全国9箇所、札幌、仙台、高崎、八重洲、渋谷、新宿、名古屋、大阪、福岡にて医療展開しており、「自毛植毛」と「人工植毛」の2つの方法が、AGAに悩む人達に用意されています。
公式サイト上には、AGAに悩む人に役立つ植毛情報や価格の概要などの説明があるので、一度確認してみると良いでしょう。
③「ウェルネス・クリニックグループ」は、「自毛植毛」や「プロペシア」などのAGA対策における処方が受けられるクリニックで、新宿、八重洲、梅田、博多の4箇所に医療展開しています。
こちらも公式サイト上から、簡単に詳しい情報などが確認できます。
AGAに悩んでいるけど金銭的に問題がある人たちの為に、この「ウェルネス・クリニックグループ」では、「医療ローン」という、最長60回まで分割払いできるシステムを取扱っており、また、各種クレジットカードも利用する事ができます。

AGA(男性型脱毛症)改善に効果的と言われる毛髪クリニックリーブ21(略称:リーブ21)は、「発毛専門」の毛髪業者で、和田アキ子さんや島田紳助さんのテレビCMでもお馴染みです。
リーブ21では、根本的にAGA(男性型脱毛症)や、その他の脱毛を解決する事を目的としており、自分の毛髪を復活させる「発毛」、とことん拘っており、カツラはもちろんのこと、自毛や人工毛を頭皮に植えつける「植毛」や、自毛に人工毛を結び付ける「増毛」などは、一切行なっていません。
ただ、1つ大きな問題点としては、リーブ21では、非常に費用が高い事が挙げられます。
料金概要がリーブ21の公式サイト上にも記載されていない事から想像すると、AGAケアを本格的に行なおうとすると、おそらく数百万円単位の出費が必要になると思われます。
「全額保証コース」など、中にはAGA改善を考える人にとっては嬉しいコースも用意されてはいますが、文字情報しか公式サイト上にも存在しないので、「発毛」はこれ以上、「全額返還」はこれ以下、という線引きが全く分かりません。
当然の如く、「全額保証」となれば業者の背負うリスクも大きくなるので、自宅ケアに費やす時間も、かなり取られる事を覚悟しなければなりません。
つまり、「まとまった資金と時間、それに伴う覚悟と賭け」が、実際にAGA改善をリーブ21で目指すとなると必要となるのです。
これらの条件を全て満たしているのなら、是非チャレンジしてみて下さい。

AGA(男性型脱毛症)対策として、「育毛サービス」や「増毛サービス」を行なっている「アデランス」は、主にカツラを事業内容とすて、全47都道府県、約220店舗にて事業を行なっています。
「育毛」と「増毛」の違いは、毛髪を育てる事を「育毛」、人工毛を装着する事を「増毛」として、特に、「育毛サービス」に関しては、「ホームコース」という、AGA対策をサロンに通わずに自宅にて行える、というものも用意されています。
アデランス公式サイト上に、これら各種サービスに関する料金が記載されているので、利用を考えている人にとって、安心できる要素となっています。
しかし、決してこれらの料金は安くはありません。
例えば、「ヘアアクト」という、AGA対策を目的とした育毛プランを申し込む場合、1ヶ月あたり2回:全24回の1年コースで、453600円(税込)が必要で、1ヶ月あたり37800円(税込)掛かります。
また、サロンだけのケアでは全てを補えないほど、AGA症状の強い人の場合は、自宅でも自主的なAGAケアが必要となるので、各種「自宅ケア商品」も購入しなければならない場合もあります。
「サロンでのケア」と「自宅ケア」を行った上、更に「カツラ」の装着を勧めてくる店舗もあるようなので、相手に流されないように、しっかりとした自分の考えと意思表示を持って、料金やコースなどの選択や交渉をしていくようにしましょう。